産後の腱鞘炎とは?

産後3カ月になるが、最近左右の手首が痛い。だんだんと抱っこが辛くなってきた。
初めての育児で抱っこに慣れていないせいかと思っていたが、そこまで酷使しているとも思えない。今は実家にいるので、何とかなっているが長引くと困る。家族や友達から、産後って腱鞘炎になりやすいと聞いた。なりやすい理由が知りたい。

産後の女性は赤ちゃんのお世話や体の変化の影響で様々なトラブルが起こりやすい状態になっています。
特に多いのが、「手首の痛み」です。手首が痛い日常動作や育児にも支障が出てしまい、本当に困りますよね。産後育児に奮闘するママのために、腱鞘炎の原因をお伝えします。

腱鞘炎とはどんな状態なのか、簡単に説明しますね。
腕の筋肉が縮んだり伸びたりすることで、私たちは指を曲げたり伸ばしたりすることができます。その腕の筋肉の伸び縮みを指に伝えているのが、「腱(けん)」という太いロープのようなパーツです。
そしてこの腱は、指を動かす際に変な位置にズレないよう、「腱鞘(けんしょう)」という名のトンネルの中に入っていて、固定されています。なので、腱が動く際は、その腱鞘という名のトンネルの中を動くことになります。
腱が腱鞘とこすれ続け、腱鞘が炎症を起こして腫れている状態が腱鞘炎です。

産後の女性が腱鞘炎になりやすい理由は、女性ホルモンの影響です。
女性ホルモンには2つのホルモンがあり、エストロゲンとプロゲステロンの2種。 どちらのホルモンも女性の生殖活動に深く関り、女性の身体には無くてはならないものです。 女性ホルモンと腱鞘炎と関係ですが、1つ目はプロゲステロンが腱鞘炎の要因となっているケース。 このプロゲステロンには産後、出産のためにゆるんだ子宮や骨盤を元に戻す効果があります。 プロゲステロンは骨盤や骨を元の位置に戻すために、腱鞘を収縮させますが、ホルモンは全身に影響するものです。
この働きの関係で出産と関係が薄い部分でも腱鞘が狭くなり、腱と摩擦を起こし腱鞘炎を起こしやすくなります。

もう一つはエストロゲンの減少です。 このエストロゲンには腱や腱鞘をやわらかくし、弾力を保つ働きがあります。妊娠中に分泌されるエストロゲンは、子宮を大きくする役割があります。また、母乳を運ぶための乳管を発達させます。
出産まで増加し続けますが、産後は分泌量が急激に低下します。 腱や腱鞘の柔軟性がなくなる事で摩擦が起こりやすくなります。

このホルモンバランスの乱れは、産後数カ月続くこともあります。
ホルモンバランスが不安定な時期と子育てや家事が忙しくなる時期と重なっていることも原因の一つですね。

出来る限り早期に治療を開始することで、腱鞘炎は改善することが出来ます。

良質な睡眠、バランスのとれた食事などを心がけ、ストレスをためないことも改善につながります。
産後の体をしっかり休めてあげましょうね。

 

 

症状について詳しくはこちら

腱鞘炎

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加