腱鞘炎による手首の痛み

FCFG100105129_TP_V

 

洗濯をしていると急に手首に痛みが走ったり、料理をするにも包丁を持つ手が痛かったり、赤ちゃんを抱っこする時にも手首が痛くなり育児に家事など日々の生活のさまざまな場面で、最近手首が痛いと思うことが多くなってきたと感じていませんか?

もしかしたらそれは身体からのサインかも知れません。ネットなどで調べてみると腱鞘炎と出てくるし、腱鞘炎ってそもそも何?腱鞘炎を改善するにはどこに行けばいいの?と悩まれてませんか?

そういった症状でお困りの方、どこに行けばいいのかと悩まれてる方が当院には良く来られます。

腱鞘炎とはいったいなんなのか?

手首や足首を動かした時に浮き上がってくる腱があります、その浮き上がりを抑えるために腱鞘というトンネル状の組織があります。

その腱鞘によって浮き上がりを抑え、また滑車の様な役割をし力の伝達の方向や腱の動きを維持しています。

しかし、それが手を酷使したりした時に疲労が溜まり本来滑らかに動くはずの腱と腱鞘がこすれあい、摩擦が起こり、炎症してしまうことを、腱鞘炎と一般的に呼ばれています。

それでは、なぜ腱鞘炎になると手首が痛くなってしまうのでしょうか?

 

どうして腱鞘炎で手首が痛くなるのか?

一般的には手の使い過ぎと言われています。腱鞘炎は長時間手を使ったり、パソコンを長時間使う人に多く見られる症状です。

腱鞘炎の痛みは普段何気ない動作で手や手首に強い痛みが走り、何か触れるだけでも激痛が走る場合もあります。

なるべく手を酷使しないようにするのが良いのですが、中々そういう訳にも行かず我慢される方がほとんどです。さらにもう片方の手でカバーしようと試みますが、その手まで腱鞘炎で痛くなってしまうと、日常の生活まで困難になります。

困難な生活をしないためにも自分がどんな症状なのか理解しておくことも必要です。次にどんな腱鞘炎があるのか代表的な症状4種類ご説明いたしますので、自分にあてはまらないかチェックしてみてください。

代表的な腱鞘炎4種類

1. 化膿性腱鞘炎 

ケガなどにより傷口から細菌が入り、腱鞘内に痛みが走る場合があります。主なケースで言うと、指などに発症することが多く、指が腫れたり関節が曲がることもあります。

もし指にケガなどして関節などに痛みや違和感などを感じたり肘にまで違和感を感じるようであったら早めに医師に相談した方がよいでしょう。

2 .アキレス腱鞘炎

腱鞘炎と聞くと指や手首にしかならないイメージがありますが、実はアキレス腱でも腱鞘炎は起こります。

アキレス腱は体重を支えたり、歩いたり、走ったり人間の身体には欠かせない腱なので頑丈に作られています。スポーツ選手など身体を酷使される方に多くみられます。

3. バネ指 

女性に多い症状です。産後ホルモンバランスが崩れるためとも言われています。指の曲げ伸ばしで、指がバネの様になってスムーズに伸びなくなります。

ひどくなってくると固まったような状態になり指が曲がったままになります。

4. ドケルバン病  

狭窄性腱鞘炎と言い、一般的に多くみられる症状です。スマホなどの普及により親指を多く使い過ぎたり、手を多く使う仕事の方に多いです。

親指の付け根に炎症が起こり、動かしたり手首を曲げ伸ばししたりした際に親指の付け根や手首の親指側にズキッとした痛みが走ったりします。

このまま放っておくとどうなるのか?

腱鞘炎を放っておくと動かすたびに腱鞘と腱が摩擦ですれ腫れるようになります。腫れることで太くなり、腱の引っかかりが増してきてスムーズに動かなくなっていき最終的動かさなくても痛みを感じるようになっていきます。

そうなってくると、最悪手術になることもあります。腱鞘炎の手術は大変難しくリスクもともないます。

腱鞘炎の手術のリスク

人間の手は、複雑に出来ていて神経なども張り巡っているため、針の穴を通すような手術になります。たとえば大事な神経にキズがいったり、しびれが起こったり、うまく腕に力が入らなくなったりするケースもあり、後遺症が残る場合もあります。

まとめ

腱鞘炎は誰しもなる可能性があり、身近な物になってきました。スマホの普及で近年腱鞘炎になる方が増えたり現代病になりつつあります。

放っておくと悪化の一歩をたどり最悪の場合は手術が必要になります。日常生活に影響をあたえ不便な状態になる前に早期発見が大事です。

いつか治るだろうと過信せず、悪化する前に是非専門医に見てもらいましょう。

症状について詳しくはこちら

腱鞘炎

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加