スポーツによる手首の痛み

先日ゴルフの練習中に手首が痛くなりネットで調べると腱鞘炎と出てきました。趣味や仕事の付き合いなど様々な場面で指先や手首などに疲労をためていませんか?

今回はスポーツによる手首の痛みについて説明いたしますね。

手首が痛くなりやすいスポーツ

ボーリングやゴルフやテニスなど道具を使ったり、手首に負担がかかりやすいスポーツで腱鞘炎になる方が多いです。

反復練習をすることで、過度に手首に大きな負荷がかかります。そうした積み重ねが手首に蓄積され、結果として腱鞘炎を発症することになります。

ではどのようにスポーツによる腱鞘炎が発症するのか説明いたします。

スポーツによる腱鞘炎

スポーツなどではラケットやクラブなどを握り球を打ち返したりと、腕や肘だけでなく手首に負担が過度にかかり手首が痛くなります。

最初手首に痛みがでると、「ひねったかな?」とか「捻挫かな?」と思う方がほとんどです、けれども腱鞘炎の怖さは自覚症状がでにくく、痛みがない状態があるため非常に怖いのです。

そして気が付かない内に日を増すごとに痛みのサイクルが短くなり、気づいた頃には慢性化してしまってることもあります。

スポーツによる腱鞘炎の主な障害としては手首周りに起こる痛みが多いです、慢性化すると手首を動かす度に痛みが走るようになります。

では次に手首が痛いまま続けるとどうなるのか説明いたします。

手首が痛いまま続けると

手が炎症したり、いままで正常に動いていた関節が動かし辛くなっていき、次第に固定されたように動かしたくても動かせないような状態になっていきます。

ここまで症状が進行すると手術をしても元の状態に戻すのは難しくなってしまいます。腱鞘炎は早期発見がカギになるので、早めに対策を取ることをお勧めします。

腱鞘炎に悩まされてあえなく引退されたスポーツ選手も数多くいます。選手生命にも関わる怖い腱鞘炎、日々患部をいたわりケアすることも忘れないようにしましょう。

どのように進行していくのか?

腱鞘炎初期の症状

まず手首が動かしづらくなったり、手首がだるくて重く感じるようになります。痛みはこの時ないので気のせいかな?と思うのですが、なんか自分の身体なのに使いづらい感覚におちいります。

進行してしまわない様にこの時点で手首を使い過ぎないなどのケアをすることをお勧めします。

腱鞘炎中期の症状

手首を動かすと痛い、手首を触ると痛いというように痛みに変わってきます。何もしなければ痛みはないのだけれど、ある一定の動作をすると痛むようになります。

この時点で腱鞘炎だと気づく方が多いです。

腱鞘炎末期の症状

腫れて熱をもったり、手首を使わなくても常に痛い状態までに進行してしまいます。こうなってくると様々な動作で妨げられるので生活すらしづらくなってきます。

まとめ

腱鞘炎を予防するには手首を使い過ぎないように注意することが大事です。休憩を定期的にするなど、使い過ぎたなと感じたらしっかりストレッチし筋肉が硬くなるのを防ぐのも腱鞘炎の予防になります。

症状について詳しくはこちら

腱鞘炎

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加