慢性的なパソコン腱鞘炎でお悩みの家族や友人がいる方へ

もしかして腱鞘炎?
仕事でパソコンの入力が多くて、手首や指に負担がかかっている事はよく分かっている。
痛いのは手首だけで、指に痛みは出てない。、今の所、仕事に支障は出ていないけど将来的に不安がある。
今、困っているのは仕事中に重いファイルを運ぶ時。痛みが出るので、最近ではファイルを頭にのせて持ち運んでいる。

手を動かす度に痛みが出る腱鞘炎、出来ればなりたくないですよね。
手をよく使われる方は、「この状態が続いたら、いずれ腱鞘炎になってしまう・・・」と不安を抱えている方も多いと思います。
既に腱鞘炎になってしまった方も、不安のある方も、自分で改善出来る方法を紹介しますので是非、参考にしてくださいね。

「パソコン腱鞘炎」になってしまう方が増えています!

お仕事上、パソコンを使われる方が多くなっています。長時間のキーボード操作で手首や指を痛めてしまい、腱鞘炎になってしまう方も増えてきています。「パソコン腱鞘炎」なんて言葉も聞いたことがあると思います。
腱鞘炎の原因は手の使い過ぎと分かっていても、「仕事なら仕方ない」となりがちですよね。
ネットで調べて、「これがいいらしい」という方法を試されている方、「しばらくは様子をみてみよう」という方も、実は症状が既に進行している可能性があります。

腱鞘炎の詳しい症状は過去のブログをご覧下さいね。

腱鞘炎で指に痛みが・・・。

手を動かすと親指に激痛が・・・!それってもしかして腱鞘炎かも?

 

 

原因は手の使い過ぎ...だけではなかった

手の使い過ぎが原因、とは誰もが思われますが、もう少し掘り下げていくと「手の血液循環がスムーズに流れていないことが原因」になります。
血液循環が悪いと筋肉内に老廃物が溜まりやすくなります。結果、筋肉自体が弱くなります。その状態で手を使い過ぎているのは、かなり負担がかかっている状態といえます。腱鞘炎を発症しやすい環境になってしまっていますね。

パソコン作業をしている方の姿勢を振り返ってみましょう。
まず、座るということで循環が悪くなりますこれを何時間も続ける事で確実に血液循環する機能が下がってしまいます。

座っていなくても、同じ姿勢をつづけることは原因の一つになります。
デスクワークをしている女性が冷えを訴える事がありますが、これも循環の悪さが原因です。

まずは温めることが大事です。

血液の循環を良くする為に、まずは身体を温めることが重要です。
そのために
部屋の温度を下げ過ぎない
・「首」「手首」「足首」を冷やさない
・冷たいものを飲み過ぎない
など、始められるところからやっていきましょう。
座りっぱなしの状態から脱出することも大切です。

まとめ

身体の循環を良くすることは腱鞘炎の解消だけでなく、身体全体の健康に繋がります。
回復する力が上がったり、免疫力が付いたりします。
循環が上がる事で身体の老廃物をしっかり出せますので、美容の面でも期待出来ますよ。

腱鞘炎にかかってしまう前の予防策として、また進行を遅くする対策としても是非、取り入れてみて下さいね。

症状について詳しくはこちら

腱鞘炎

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加