腱鞘炎にならないための予防

手首や手首を動かすと「イタッ!」

自分でも知らない間に指や手首に負担がかかり、腱鞘炎になることがあります。
腱鞘炎の痛みによって悩まれている方が近年多くなってきています。

そんな方の為に腱鞘炎にならないための予防法についてと、腱鞘炎とは一体何か知っていただくことも大事なので説明していきますね。

 

腱鞘炎とは一体何?

手や指などの腱と腱鞘に起きる炎症のことです。腱と言うのは、腕の筋肉から伸びてきているすじのことで、腱鞘はそのすじを包んでいます。

腱鞘はトンネルのような形になっていてその中に腱が通っていて、手や指を動かすことにより、滑車のように動きます。

指や手を多く使い、腱と腱鞘を酷使すると腱鞘が炎症を起こし腫れたり、痛みにつながり、腱鞘炎になります。
近年ではスマホの普及で手や指を多く使うようになり、腱鞘炎になる方が増えてきています。それでは次に腱鞘炎になる要因についてご説明いたしますね。

腱鞘炎の要因

一般的には手を多く使う方が腱鞘炎になるケースが多いです。

作家や漫画家などペンを持つ仕事の方や、ピアノやパソコンなど指を多く使う方や、日常生活で家事や育児などに追われる主婦などは常に手や指を酷使しているため、腱鞘炎になる確率が高いです。

では、なぜ同じ動作、同じ量の仕事をしているのにも関わらず腱鞘炎になる人とならない人がいるのか、説明いたしますね。

腱鞘炎になる人、ならない人

それは手の動かし方や使い方に大きな差があるからです。

例えば、同じ様に作業をしているように見えて手に力が入りやすい人、手に力が入っていない人、これだけでも、手に掛かる負担が変わり腱鞘炎になりやすくなったりします。

何をやるにも一生懸命に頑張りすぎたりする人や不器用な方や、緊張しやすい人、ストレスなどで筋肉が緊張しやすい人は要注意です。

また、年齢や性別なども関係していて、腱や筋肉も年齢とともに衰えるため、腱鞘炎になりやすかったり、ホルモンバランスの崩れなどにもよっても腱鞘炎を引き起こす場合があります。

このように腱鞘炎になりやすい原因は人によって全く違い、なおかつ様々な原因が複雑にからんで起こり腱鞘炎になるのです。そういった方のために腱鞘炎の予防法をお教えいたしますね。

腱鞘炎の予防法

まずは、痛みが出ている部分を安静にしてやる事が大事です。手を多く使う場合は1時間に1回手や指のストレッチを取り入れると腱鞘炎の予防になりますよ。

また、少し熱めのお湯と冷水を交互に30秒ずつ5セットほどやるだけで血液などの循環が上がり、腱鞘が硬くなるのを防ぐことができ腱鞘炎の予防になります。

ひとたび腱鞘炎になると治療の期間はかなり長いものになります。だからこそ未然に腱鞘炎にならないために今の内に予防線を張っておきましょう。

腱鞘炎にならないために

まずできることは、指や手首などの関節に痛みを感じたら、すぐ作業をやめる。もし我慢しながらも動かし続けると腱鞘炎になる可能性が大きくなります。

次に、もし仮に腱鞘炎になってしまったら、絶対安静が基本的な治療になります。手や指を安静にすればするほど、痛い部分は落ち着いてきます。

あとはストレスを溜めない!ストレスが溜まると自律神経が乱れ、ホルモンのバランスが崩れてしまい本来排泄されるはずの老廃物が出されずに腱や筋肉に溜まり血行不良になるためです。

まとめ

腱鞘炎はとても厄介なものです。上で述べたように、未然に腱鞘炎にならないように日頃からケアをし予防していきましょう。

症状について詳しくはこちら

腱鞘炎

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加