赤ちゃんや子供でも腱鞘炎になるって本当ですか?

赤ちゃんの手②

8カ月の赤ちゃんがいる。初めての子育てはすごく大変で、毎日バタバタしてるけど子供の成長が何よりも嬉しい。
最近、気になるのが右の親指。いつも曲がっていて、自分で伸ばせないみたい。明らかに左手と動きが違う。私が引っ張ると動くし、痛がってる様子もない。病気?ケガ?原因はなんだろう?

赤ちゃんに何かあったら、本当に心配ですよね。知らない間にどんどん症状が進んでいたら・・・と不安になられると思います。
あまり知られていませんが、小さなお子様でも腱鞘炎になることがあります。大人のものとは違い痛みはほとんど無く、成長と共に回復する例がほとんどです。
とはいえ、何がどうなっているのか理解しておくことも大切なのでこのブログを参考にして下さいね。

ばね指の原因は?

「赤ちゃんが腱鞘炎」と聞くと、違和感がありますよね?小さなお子様に出やすいのは、腱鞘炎の中でも「ばね指」といわれる親指の付け根に症状が出るものです。
大人の場合:指を良く使う職業やスポーツをする人に多く見られ、またリウマチや糖尿病などの疾患にも発生します。
親指を曲げるのに使われる腱は、腱鞘というトンネルのようなものを通っています。その関係はベルト(腱)とベルト通し(腱鞘)のようなものです。使い過ぎにより、腱と腱鞘が摩擦を起こし炎症が出てしまっています。
詳しくは過去のブログをご覧くださいね。

腱鞘炎で指に痛みが・・・。

どんな症状が出るの?

子供の場合

・親指の第一関節が曲がったまま伸びない
・伸ばしてあげると関節が鳴り、離すとばねのように元に戻る
・親指の付け根にしこりがあるがほぼ痛みはない
(痛みがある場合もある)
ほとんど親指のみに起こり、片手だけの場合と両方に起こる場合がある

子供のばね指は痛みを感じない

小さなお子様のばね指は、ほとんど痛みがないとされています。大人と違い、炎症を起こさない為です。
また、赤ちゃんは指を丸めていたり曲げていることが多いため、すぐには気が付かず1歳くらいで親御さんが発見されます。
稀に痛みの出る場合があります。手を触ると、嫌がったり泣き出したりする場合は可能性が高いので、一度確認してみてくださいね。

治療はしたほうがいい?

「こんな小さな手に治療?」と驚かれる方もいらっしゃると思います。ほとんどは自然に治るため、急に手術はせずに、定期的に経過を見ます。個人差はありますが、1~2年位で改善します。改善しない場合でも、6歳くらいまで経過をみて判断しましょう。

治療する場合は?

治療法は「装具療法」「手術」があります。
・装具は伸びない親指の関節に沿って、関節を伸ばした状態で固定します。 日中は、お子様は嫌がって装具を装着してくれない場合がほとんどです。そういう場合には夜寝ているときだけ、装着してもらいます。( 装具固定は夜寝ているときだけで十分です。)日中は、お子様と手遊びのような感覚で、 指の曲げ伸ばしをするのも効果があります。
固定しないと治らないのではないかと、神経質になる必要はありません。

・手術の場合は子どもが小さく動いてしまうことがあるため、全身麻酔で行うことが多くなっています。

気にし過ぎないことが大切です。

お子様のばね指は、指の曲げ伸ばしができないということで、 親御さんが非常に心配にされます。
大切なのは、神経質にならずに経過を1~2年ぐらい見てあげて、気長に治療してあげる事です。8割以上の割合で治る、というデータもあります。
不安のある場合には、まず専門機関で検査をしてもらいましょう。

症状について詳しくはこちら

腱鞘炎

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加