ギターによる指に起こる腱鞘炎とは?

ギター

「イタッ!」最近趣味でギターを習い始めたんだけど、急に指に痛みが!仕事がらデスクワークもするし、このまま指が痛くなったら仕事もできなくなるから、趣味のギターをやめないといけないのかな・・・?

趣味と並行して指の痛みにより好きな事を我慢しているなんてことないですか?そんな方のために、自分の症状と上手に付き合っていく事や、少しの意識だけで未然に防げることもありますので、まずは自分の症状と向き合ってみましょう。

まず最初に、指の痛みにも腱鞘炎と間違えやすいさまざまな症状がありますので、間違いやすい症状を今から4つあげていきますね。

腱鞘炎と間違えやすい症状4つ

1.手根管症候群 

手には手根管という靭帯や骨に関係する骨があり、その中に指を動かす筋肉や神経が多数あります、指を多く使い過ぎたり、過度に負担がともなうと、その手根管の中にある神経が圧迫され、痛みなどがでてきます。この症状を手根管症候群と言います。

2.へバーデン結節

へバーデン結節は別名(変形性関節症)と呼び、関節に痛みや腫れなどが生じ、その症状が続いて関節が変形してしまう疾患です。原因不明とは言われてはいますが、高齢の方や関節を使い続けるような特定のスポーツ選手に多いと言われています。

3.関節リュウマチ

人間の身体には身を守るための免疫機能があるのですが、外敵から自分を守るはずの免疫機能が,なんらかの理由で自分の関節を攻撃してしまい、関節に痛みや腫れが起こります。特徴として朝起きた時に手や指に違和感や、こわばった状態になります。

4.腱鞘炎

一般的に手や指の使い過ぎにより痛みが走ることが多いです。ピアニストや漫画家、ギタリストなど手の指を多く使う方に多い症状です。最近ではスマホの普及で腱鞘炎になる方が多いです。

それでは次に、腱鞘炎とはどういったメカニズムで起こるか詳しく追及していきます。

腱鞘炎のメカニズム

腱鞘炎は腱と腱鞘に起こる炎症のことで、腱は腕の筋肉から伸びてきているすじのことで、腱鞘はそのすじを包んでいます。

腱鞘はトンネルのような形になっていてその中に腱が通り、手や指を動かすことにより、滑車のように動きます。

指や手を多く使い、腱と腱鞘を酷使すると腱鞘が炎症を起こし腫れたり、痛みにつながり、腱鞘炎になります。腱鞘炎の症状は様々で手首に出たり指にでたりと様々です。

それでは次に、ギタリストに多い指の腱鞘炎について説明いたしますね。

ギターによる指の腱鞘炎について

ギターリストに一番多いのは、ばね指です。ばね指の特徴は指を曲げたりする時にカクンと引っかりがあったり、実際にバネの様に指が「ビーンッ!」っとはじいたような状態になります。

ばね指は急になるわけではなく、ギターの練習のしすぎや、力の入れ過ぎによって腱鞘炎になり、さらに悪化し進行するとばね指になります。

腱と腱鞘部にコブのような物ができてしまいそれが指を動かした時に引っ掛かりカクンとなったり、はじくようになったり、最悪固まった状態になります。

では、次にどうすればそういった症状を防げるのか説明いたします。

症状を防ぐ

基本的には指を使い過ぎることにより腱鞘炎はおこりますが、大切なのはギターの位置とギターを持つ手首の角度です。

ストラップを長くしてギターを低い位置でひくと確かにカッコイイですが、その分手首を曲げて弦を押さえることになります。

ギターを高い位置でひくことにより手首が真っすぐになり負担が減り、また肘の角度も下がりピッキングの負担も減ってきます。あとは長時間の練習をさけて、時間を割り切り手をこまめに休める時間を作ってあげることも大事ですよ。

腱鞘炎は自覚症状が出にくいため、急に痛みをともなうことがあります。知らない間にあなたの手も腱鞘炎におかされているかもしれませんので、注意が必要です。

まとめ

指に起こる腱鞘炎も原因は様々ですが、自分の身体に向き合う時間をもうけると未然に防げたり気付くこともたくさんあります。

大事なのは身体からのサインを見逃さないようにすることですので、自分の身体と会話してみる時間をもうけてもいいかもしれませんね。

 

症状について詳しくはこちら

腱鞘炎

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加