野球している方限定!腱鞘炎にならないための予防策!

グラブ

最近野球の練習中に手に違和感を感じる。手にしっかり力が伝わらない気がする。ボールやバットを握る手がたまに痛いなど感じていないですか?その症状もしかすると腱鞘炎になりかけているかもしれません。

スポーツは一見華やかに見えますが、その裏側ではケガに故障など様々なスポーツ障害があります。今回はその中の一つ野球選手に起こる腱鞘炎について書いていきます。では、まず最初に腱鞘炎について知識を深めていきましょう。

腱鞘炎の症状

腱鞘炎は言葉の通り腱鞘が炎症を起こすため腱鞘炎と呼びます。手や指を多く使い、過度な酷使が主な原因のため、野球など手で道具を使う運動で起こりやすい傾向があります。

症状としては、手首や指の動きの制限であったり、手に起こる痛み、しびれなどがあげられます。

例えば、関節を動かすと痛みがでたり、触ると痛かったり、熱を感じジンジンしたりします。放っておくと痛みは徐々に進行し痛みが増していきます。最終的に物を持つ、握るなどの基本動作にも支障をきたし日常生活にも影響がでてきます。

では次に、どういったことが原因で腱鞘炎になるのか説明しますね。

腱鞘炎の原因

基本的には指や手、手首を使った動作を過度に行い、酷使すると腱鞘炎になると言われています。 手には腱と腱鞘と呼ばれるものがあり、腱はスジのようになっていて、手首などの曲げ伸ばしで筋肉が動くと一緒に引っ張られ腱も動きます。

腱鞘は、その腱が変な位置に行かない様に固定する役割があり、腱を包むようにトンネルのような形をしています。つまり、手首や指などを動かすことによって、腱は腱鞘の中を動き続けます。

しかし、たえず手や指を動かし続けると、腱と腱鞘に摩擦が生まれ、炎症を引き起こし、腱鞘炎になります。

「でも野球で、そんなに手を酷使するイメージがないから腱鞘炎と野球ってかけ離れている気がする」と思いがちなのですが、実は誰しも腱鞘炎になりうる要因があるのです。最近では、野球選手の中でも腱鞘炎になる方が多くいらっしゃいます。それはなぜか説明いたします。

野球による腱鞘炎

「野球で腱鞘炎・・・。しいて指を多く使うからピッチャー?」と思いきや、実はバッターの方が腱鞘炎になる方が多いのです。それはなぜかと言うと、バットを持つ時のグリップなんです。

ボールをバットに当てるインパクトの瞬間、実はかなりの衝撃が手に行き渡っているのです。野球をやっている方なら誰もが経験したことがあると思いますが、バットの根っこでボールをとらえた時の瞬間を思い出してみてください。

手が痺れるほどの衝撃がありますよね?それだけ身体を使ってスイングするので、手にかかる負担は大きいのです。

最近ではフォームが崩れるためやる方が少なくなりましたが、頑張ってマスコットバットで素振りとかやってましたよね?重りに遠心力も加わり、握力が無くなってくると手から抜けそうになりますよね?なおさら手にかかる負担は計り知れないです。

そういったバットを振る、ボールを打つという事で腱鞘炎になることをあまり知らない方が多く、なってから気づく方が多いので日頃から注意をしていくことが大事なのです。

では次にどうすれば腱鞘炎にならないように予防していけるのか説明しますね。

予防策

手を使い過ぎることで腱鞘炎になるため、手を酷使する練習を避けるしかないです。もし手に違和感や痛みを感じたらバッティング練習は避けたほうがいいです。腱鞘炎は積み重ねが溜まって痛むものなので、安易に考えて放っておくとバットが握れなくなるほど症状が重くなります。

フォーム固めやイメトレや守備練習などに練習をあてて、手を休めてあげることも大事なのです。あとは、練習前や練習後は、しっかりストレッチやケアをして自分の身体をいたわりましょう。

まとめ

意外と知られていない野球による腱鞘炎なのですが、実はいつ腱鞘炎になってもおかしくない予備軍の方は沢山いらっしゃいます。ご自身の身体をいたわりつつ練習に試合など、ベストなパフォーマンスが発揮できるように日頃から自分の身体と向き合っていきましょうね。

症状について詳しくはこちら

腱鞘炎

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加