肩こりと手のしびれで3年以上お悩みの方へ

FCFG100141621_TP_V

社員食堂で調理の仕事をしている。仕事はなかなかハードで、特にお昼時はかなり忙しい。肩こりや腕のだるさがあるものの、そんなことも忘れる位、バタバタしている。

あまり気にしていなかったが、だんだんと肩こりがひどくなってきている。最近は腕のしびれも出てきている。原因はやっぱり使い過ぎだと思っている。まだ我慢できる程度で、仕事にも支障は出ていないので今のうちに治しておきたいと思っている。

原因は使い過ぎだけではない

仕事でよく肩や腕を使っていて、肩こりや腕のしびれがあるとなってくると原因は「使いすぎ」と思ってしまいますよね。確かにそれは要因ではありますが、ずっと続いているということは他の原因も考えた方がいいですね。

筋肉だけの疲労であれば、本来なら2.3日で治まるはずですし、腕のしびれとなると神経の圧迫が考えるからです。

今回のブログでは腕のしびれの原因について紹介していきます。(過去のブログも参考にしてくださいね)

気持ちいいだけの施術ではなく、本気で肩こりを改善したいと思っている方へ

マッサージをしたら良くなる?

肩や腕がこってる時に揉んだり、マッサージをしてもらうと気持ちいいですよね。でもこれで肩こりが改善できたわけではないんですね。

確かに血流が良くなって、楽になるので「治ったかな?」と思ってしまうと思います。ただこれは一時的な効果です。脳から「快楽ホルモン」が出ているためなんですね。

実は筋肉は刺激を受けることで、筋肉は「攻撃を受けた」と思ってしまいますそして、次に刺激を受けた時に備えて、自らを硬くしてしまいます。

そうすることでマッサージを受けたところの血流が悪くなり、肩こりは更にひどくなってしまいます。そして、またマッサージにいく・・・を繰り返すことになってしまいます。

マッサージは受けすぎない方がいいですね。

腕の神経の仕組み

上の図を見て頂くと、頸椎(首の骨)から出ている沢山の神経が腕から手にかけて広がっているのが分かると思います。枝別れしながら、手まで伸びているのが「橈骨神経」「正中神経」と「尺骨神経」です。

手の動きと首の神経が繋がっている事で、互いの動きが影響することが分かると思います。ということは頸椎にに歪みや、ズレが出てしまうと腕に影響が出てくることも考えられますよね。

また、肩の周りにも神経が通っています。ここも圧迫を受けるとしびれや動かすたびに痛みが出てしまいます。

 

原因はなんだろう?

では、頸椎の歪みやズレが起こる原因はなんでしょうか?

  • スマホやパソコンの使い過ぎで首に負担がかかっている
  • 仕事で下を向いていることが多い
  • 首から下に歪みがあり、バランスを取ろうとしている
  • 内臓の疲労
  • 事故やけが

原因は1つだけではなく、2つ以上重なっていることもあります。

マッサージをしても、その時だけしか効果がない、肩の関節や筋肉を調整しても効果がなかった、という方は頸椎が原因かもしれません。

根本的に治されたいのであれば、身体全体を診てもらえる専門機関に行かれることをおススメします。

今すぐ何とかしたい!

痛みやしびれを少しでも、今すぐ何とかしたい!と思われている方には「温める」ことをおススメします。

痛みには冷やしたほうがいいと思われがちですが、効果があるのは打ち身、ねん挫など突発的に起こった痛みに対してです。ずっと続いている痛みであれば、温めて血流を良くするほうがいいいですね。

何となく軽く考えがちな「肩こり」ですが、原因によっては放っておくことが危険な場合もあります。長く続いてるなあと思う方は、専門機関に行かれることをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加