肩こりは女性に多いって本当ですか?

肩こり

仕事に家事に育児、最近すごく肩が凝るようになった。また髪を縛ると肩が余計に凝る感じがします。

実は男性に比べ女性の方が肩こりになりやすいって知ってましたか?近年、女性専用の仕事も増えてきて、それにともない肩こりで悩まれている女性の方も増えてきています。ですので今回は、女性の肩こりについて書いていきますね。

でも実際肩こりってなんで起きるのでしょう?ほとんどの方が知らないと思いますので、どうして肩がこるのか、まずはそこから紐解いていきましょう。

どうして肩が凝るのか

一般的に長時間同じ姿勢を続けたりすることにより、筋肉が常に緊張状態になり肩こりになるケースが多いです。

筋肉の緊張状態が続くと血液の流れが悪くなり酸素や栄養分が身体の末端まで届かず、疲労物質がたまり肩が凝ってしまうのです。

また、女性は男性に比べ筋肉量も少なく、いざ自分の身体を支えるとなると、何倍もの負荷が肩にかかります。

他には、女性の場合ホルモンバランスの崩れもあり、男性に比べ肩こりになる確率が高いのです。

では次にホルモンバランスが直接肩こりにどう結びついているのか説明していきますね。

ホルモンバランスと肩こり

女性は生理前や月経などの関係で、ホルモンが乱れることが多いです。生理前は女性ホルモンの一つ黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されることにより肩こりにつながります。

プロゲステロンとは妊娠をしても良いように栄養分や水分を身体の中に蓄える働きがあるのですが、その反面イライラしたり、むくんだりし、自律神経と言う循環機能や消化機能、呼吸などを調整する機能が乱れ、結果、血液の流れを悪くさせてしまい肩こりにつながります。

しかし赤ちゃんをお腹の中で育てるうえでかかせないホルモンなので、どうしても男性よりも女性の方が肩こりになる率が高くなります。実質調査だと男性の1.5倍肩こりがあると言うデーターがあるほどです。

 

あとは更年期時の女性ホルモンの一つ卵胞ホルモン(エストロゲン)の減少により肩こりになることもあります。

エストロゲンが減ると血液の流れが悪くなり、筋肉が酸素不足や栄養不足になり硬くなります。そして加齢にともなう筋力低下もあり肩こりが起こりやすくなります。

ではいったいどうすれば肩こりが改善されるのでしょうか?次に肩こりの改善方法を説明していきますね。

肩こり改善方法

大事なのは、身体を冷やさないことと姿勢です。

まず冷えることにより血管が収縮し流れが悪くなるので、温かくすることや、身体を動かすなどし筋肉量を増やし基礎代謝を高めてあげましょう。日頃エスカレーターを使う方は階段を使うなど工夫してみることから初めてみるといいかもしれません。

あとはホットタオルなどもオススメです。濡れタオルを準備し、電子レンジで1分ほど温めてやり、肩回りを温めてやると血行が良くなり肩こりの予防になります。

 

次に姿勢です。長時間同じ姿勢で保つことにより筋肉の緊張が生まれ血流の流れが悪くなり肩こりに繋がるため、デスクワークなどされている方は1時間に1回は10分ほど休憩をし、ストレッチをしたり、遠くの景色を見て目を休めてあげましょう。

まとめ

肩こりに冷えは禁物です。ひどくなると慢性化してしまうこともありますので日頃からケアしていきましょう。あとは、急に筋トレってなると抵抗がある方も多いと思うので、まずは、歩くなどから初めてみるのはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加