右側の肩こりでお悩みではありませんか?

肩こり

最近肩こりに悩まされています。しかも右側だけいつも肩が凝るんです。右側ばかり使っているから?やっぱり右利きだからでしょうか?とか思ったことないでしょうか?

仕事や私生活などで過度に右側に負担がかかり、蓄積され、肩こりになるケースは確かにあります。ですがその症状、もしかすると内臓から来ている可能性があるかも知れません。

「えっ?内臓?」と思われるかもしれないですが、実は右側の肩こりと内臓はとても関連性があり、とくに内臓の1つ肝臓の機能が落ちると右側の肩こりにつながる恐れがあるのです。

今回は、内臓の1つ肝臓と右側にでる肩こりの関連性について書いていきます。まずは、肝臓についてどんな働きをしているのか簡単に4つに分けてお話ししていきますね。

 

肝臓の働き

1. エネルギーの代謝と貯蔵。

人の身体は、食べたものを分解し栄養を吸収します。肝臓の場合、糖分や脂肪分をエネルギーに変え貯蔵する作用があったり、グリコーゲンやタンパク質、脂肪などを分解したりします。

そして身体が必要だと感じたらエネルギーのもととし供給するように出来ているのです。

2. 解毒作用

アルコールに薬などの物質をいったん肝臓に入れ、分解し、有害な毒物を無毒化し身体に影響がでないようにしています。

ですので、大量にお酒など飲んで二日酔いになる時は、分解しきれず残ってしまっている状態なので、肝臓を休ませてあげましょう。

3. 胆汁の分泌と生成

脂肪の消化吸収を助ける消化液の役割である胆汁を作っているのも肝臓です。胆汁とは膵液などの消化酵素を活発にし脂肪やタンパク質を分解し腸の吸収を助ける役割があります。

4. 血液の量の調整

肝臓は身体の中を流れる血液の量や濃度を調整しバランスをとっています。肝臓はあらゆる臓器と連結していて血液や栄養分を溜めたり、必要な臓器に必要な分だけ送り出したりと運搬作業も行っています。

この4つが主な肝臓の働きになります。次に肝臓と右肩のこりとの関係性を説明いたします。

右肩のこりと肝臓の関係性

上の4つの役割だけでも、肝臓の凄さはなんとなく分かってもらえたと思いますが、肝臓は他にも600以上もの機能を持ち、全ての内臓の機能を元気にしている源なのです。

ですが、働き者ゆえに機能低下してしまうと、その分あらゆる症状を引き起こしてしまいます。その一つが右肩にでる肩こりなのです。

右肩のこりは、「しんどい~、気付いてくれ~」と肝臓からの助けを求めるサインなんです。そのサインを出しているのにも関わらず放っておくともう大変です。

身体がそのサインを嫌がり、姿勢を悪くさせ、肩こりだけでなく、骨格まで歪ましてしまうのです。

ですので、右肩がこってマッサージで「右肩こってますね」って揉んだところで良くならない方は肝臓から来ている可能性を疑ってみてください。

じゃあ、どうすれば肝臓を機能低下させずUPさせれるのか、次に説明していきますね。

肝臓を機能低下させずにUPさせる方法

まず大事になるのが睡眠です。しっかり睡眠をとることにより肝臓の血液の量が増えます。血液の量が増えると肝機能が上昇していき肝臓が元気になります。

次に食事です。甘いものや炭水化物を減らし脂分や塩分、添加物などを減らしましょう。なるべくお酒もひかえ、日頃からお水を飲む様にしましょう。

あとは肝臓を休める為に寝る2時間前までには食事を終わらせましょう。そうすることにより肝臓が寝ている間に回復し元気になります。

まとめ

やはり昔から言われていますが、規則正しい生活とバランスのとれた食事が大事になります。なかなか難しい方は少しでも早く寝るように心がけ、お水を飲む様にしてみてください。

そして肝臓に休肝日をもうけてあげましょう。そうすることにより肝臓が元気になり右肩の肩こりも楽になってきますので、みなさん日頃から意識してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加