介護職の方限定!肩こりにならないための方法

90ae6c682cd3ca8536c5900f699ecd05_s

介護職に就いてから肩こりに悩まされています。自分よりも大きい方をベットに運んだり、ベットから車椅子に運んだりと、とにかく腕や肩に負担がかかり肩がガチガチです。

近年、高齢化社会に伴い介護の求人も増えてきています。ですがその分、介護をして肩こりになり、悩まされている方が増えてきています。

ですので今回は、そんな肩こりで悩みながら介護されている方のためや、今後介護を仕事としてされる方のために書いていきます。少しでも参考にしてみてください。

まず最初になぜ肩こりは起こるのか知らない方も多いと思いますので説明いたしますね。

なぜ肩こりは起こるのか?

肩から首周り、上背部にかけ筋肉が常に緊張した状態になり、肩こりになることがあります。

筋肉にはポンプする作用があり、そのポンプ作用で血液が流れているため、筋肉が緊張するとポンプし辛し辛くなり、血行不良になります。

血行不良になると、血管が細くなり、老廃物が溜まりやすくなるため、結果肩こりになるのです。

たとえると、デスクワークなど長時間座る仕事をされている方や、長時間立ち仕事をされる方や、身体に力が入りやすい方は、筋肉が緊張しやすいため、肩こりになる方が多いです。

では実際にデスクワークでもなく、長時間立ち仕事でもない介護職の方がなぜ肩こりになるのか次に説明いたします。

なぜ介護職の方が肩こりになるのか

身体の使い方が苦手な方や、力任せの介護をする方に多いです。ベテランの介護職の方で、肩こり知らずの方は身体の使い方がとても上手です。

テコを利用したり、身体全体を使い負担を分散することに長けています。

また無理な体勢もとらず、介護者の方でも足腰に力が入る場合、全部身体を預けてもらうのではなく、その力をうまくつかいながら、自分にかかる負担を減らし介護されています。

これらは、ボディメカニクスと言い、介護されている方は恐らく最初に学ぶ基本的なことだとは思いますが、そもそも知らなかったり、できていなかったり、意識せずについつい力任せになったりし、肩や腕に負担がかかり、それが蓄積され肩こりになる方が多いです。

まずは初心に帰り基本の見直しをしてみましょう。では次にオススメのケア方法をお教えしますね。

オススメのケア方法

その日の疲労はその日の内にです。疲労を次の日に残さないようにしましょう。仕事のあとは、身体は硬く筋肉も凝り固まっているので、シャワーだけでなく、ゆっくり湯船に浸かり血行を促進させましょう。

そして上がったらストレッチをし今日縮んだ分の筋肉を元の長さに戻してあげましょう。

次に身体を冷やさないことも大事です。冷えると血管が収縮し流れが悪くなるので、温かくすることや、適度に身体を動かしたり、トレーニングすることにより、筋肉量を増え、基礎代謝が上がり、血行も促進され、肩こりの改善になります。

やはり歳と共に筋肉は衰えていくので運動は必須と言えるでしょう。

まとめ

今回は、介護職の方向けの肩こりについて書いてきましたが、どんな仕事も基礎が大事です。

もう一度初心に帰り見直したり、患者さんだけでなく、自分自身の身体もいたわってあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加