「頚椎症」による腕の痛みと親指の痺れが改善しました。

アンケート用紙

整形外科で頚椎症と診断されました。症状は親指のしびれ、腕のだるさと痛み、肩甲骨まわりの腫れ。痛み止めを処方してもらい保存療法で治すとのことでした。薬を飲んでも痛みは治まらず、痛みで熟睡できない日が続きました。ネットで病気のこと、治療法などを調べていると、こちらにたどり着きました。問診から骨の構造、体の現状を話して頂きました。施術はソフトで時短。痛みが引くまで詰めて通いました。その甲斐あって、今は痛みもなく休止していた筋トレも再開。今後も定期的にメンテナンスしてもらう予定です。痛みを我慢して辛い思いをしているなら早く診てもらうことをお勧めします。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加