首こりからくる頭痛の原因とは?

 

頭イタ

仕事が変わりデスクワークが多くなったからなのか、最近首こりを感じるように・・・。それに合わせて頭痛も頻繁にでてくるようになってきた。

仕事していても首こりや頭痛に悩まされ、集中力がかけて、また今日も残業かぁ~・・・。なんて、そんな首こりからくる頭痛にあなたは苦しまれてないでしょうか?

そんなあなたの為に今回首こりからくる頭痛を改善するための方法を書いていきますね。その前にまず自分の症状が一体どういったものなのかを理解することも大事なので首コリからくる頭痛について知識をつけていきましょう。

首こりからくる頭痛とは

まず頭痛と言ってもいくつか種類があります。片頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛これら3つが一般的に言われている頭痛です。

その中でも首こりからくる頭痛の多くが緊張型頭痛からくるケースが多いです。頭が締め付けられたような痛みで、ズキズキ疼いたり、ひどい場合めまいや倦怠感が起こったりします。

ではどういった原因のもとで首こりからくる緊張型頭痛になるのか次に3つ説明していきますね。

片頭痛

片頭痛と聞くと片側だけ頭痛が起こるイメージですが、実はまれに両方なる場合があります。痛みの特徴としては、ドクンドクンと脈打つような感じで、それに合わせるかのようにこめかみや目の周りにズキンズキンといった痛みが出てきます。

 

片頭痛の原因

頭の血管が拡張することで、周りの神経を刺激し片頭痛がでることが多いです。寝だめしようと急激に寝たり、逆に寝不足が続いたり、気がゆるまり、ストレスから開放された時血管が拡張し片頭痛がでることが多いです。

群発頭痛

頭痛としては耐え難い痛みです。目の奥が

緊張型頭痛の原因3つ

1.デスクワークによる頭痛

頭は以外にも重くボーリングの玉ほどの重さがあり、それを首は頑張って支えているわけですが、長時間のデスクワークなどの事務作業で視力が一時的に低下し、目がぼやけてきてついつい前首を伸ばすと首にかかる負担は相当なものになります。

そういった長時間首に筋緊張がうまれ血液の流れが悪くなり結果頭痛になる場合があります。

2.スマホ症候群による頭痛

首には適度な湾曲が必要でその湾曲があることで首にかかるストレスや衝撃を分散しています。

ですが近年スマホの普及により、下を向く姿勢を多くとるようになり、正常な首の湾曲が潰れてしまい、首にかかる負担が高まり血液の流れが悪くなり頭痛になる方も多いです。

またストレートネックの原因ともされています。

3.自律神経の乱れによる頭痛

まず自律神経って何かお話しすると、人間の身体は絶えず交感神経(興奮、緊張)と副交感神経(抑制、弛緩)の入れ替わりをしているのですが、ストレスなどによりこの入れ替わりが乱れ交感神経が優位に働くと、筋肉は緊張状態を引き起こし血液の流れが悪くなり頭痛なります。

3つの症状で一つ共通点があるのはお気づきでしょうか?そうです、血流の流れです。

ですので改善策としては血流の流れを良くすることと、症状を理解した上でそうならないように予防することで、首コリからくる頭痛の症状が改善していくのです。

では次に肩こりからくる頭痛に効果が期待できるオススメのケア方法をお伝えしていきます。

オススメのケア方法

先程上でも述べたように血液の流れが重要となるため、適度な運動による血行促進が一番オススメです。

ランニングやウォーキングなどをするとストレス発散にもなりますし、基礎代謝が上がり身体の熱を産生し血行が促進されます。

また日常生活において身体を冷やさないことも大事です。夏場でも冷房が強いと身体の冷えの原因にもなります。あとは、シャワーだけでなくゆっくり湯船に浸かり血行を促進させましょう。

次に首枕がオススメです。首枕?と思われたかもしれませんがいたって作り方は簡単です、バスタオルをロールケーキ上に巻き首の湾曲に対して添わしてやる、それだけです。

最初慣れるまでは気持ち悪くなったりする方もいます。ですので、まずは寝る前5分程やるようにし、徐々に慣れてきたら時間を伸ばしていき最終的に首枕で寝れるようにしていくと改善していきます。

まとめ

首こりによる頭痛について書いてきましたが、普段の日常生活によって引き起こされるケースが多くあります。まずは自分の身体と向き合うことも大切です。

また、首こりからくる頭痛でケアをやってみても効果が感じられない場合は、もしかすると別の所からの原因の可能性があるため、その時はお気軽にご連絡ください。全力でサポートいたします。

\この記事は私が書きました/

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加