肩こり頭痛の解消法とは?

「ツラい頭痛をなんとかしたい...」

「頭が痛くて仕事に集中できない」

「頭痛で眠れない…」

あなたはこのように感じたことはありませんか?

現代、日本人の4人に1人にあたる約3000万人の方が頭痛もちといわれています。

その頭痛に対して何をすれば解消できるのか、その解消法をいくつかお伝えする前に、なぜ肩こりから頭痛になるのかを知っておくことが大事になります。

 

それを、知っているかどうかで今後の予防にも繋がってきます。

あなたの頭痛の原因と解消法を知り、頭がスッキリする状態にしていきましょう。

 

肩こりからくる頭痛の原因

頭の位置

デスクワークや携帯の画面を見ていると、頭の位置前方へと移動していることが多いです。頭が前方へいくことによって後ろの首から肩、背中の筋肉が引き伸ばされる事で頭痛になりやすくなります。

その頭痛に対しての解消法をご紹介する前に肩こりになりやすい原因を説明しています。

なぜなら人間の頭の重さは約5㎏あるといわれています。

デスクワーク等で頭の位置が体の中心軸から前に傾いた状態で一日中この姿勢が続いてしまうので肩こりになるのが普通です。

この筋肉の緊張と血管の狭窄によって血流が悪くなり、老廃物がたまりやすくなることで肩こり頭痛を引き起こします

しっかり自分自身の状態を知って解消していきましょう。

姿勢の歪み

肩こりで頭痛もちの方の多くが姿勢の歪みが原因です。

歪みの中で、最も多いのが「猫背」の姿勢です。

今、パソコンやスマートフォンの画面を見ている姿勢は背中が丸まり、左右に体が傾いてしまった状態だとおもいます。

一度、背筋を伸ばして良い姿勢をとってみてください。その良い状態をキープできますか?しんどくないですか?

姿勢を正そう!と思って無理をしないようにしてください。

なぜなら、今のあなたにとって良い姿勢は猫背のようにお腹に力が抜けている姿勢だからです。

良い姿勢は自分で意識して良くしようとするのではなく、無意識に正しい姿勢がつくれる体がベストにります。

「日常生活の中で、無意識で正しい姿勢がとれて、肩に負担の無い状態」が、重要となってきます。

 

うつ伏せの状態で本を読んでませんか?

ごろ寝で肘をついていませんか?

同じ側の肩ばかりに荷物をかけていませんか?

 

あなたはどうでしたか?これらは無意識の時になっていることが非常に多いです。

肩こり頭痛にならないためには予防が大事になってきます。これらを日常生活で意識できてくると体への負担が減ってきます。一つずつ改善していきましょうね。

 

眼の疲れ

長時間スマホ、パソコンの画面を見ると目の疲れを引き起こす大きな原因となります。

モニター画面に集中してしまうとまばたきの回数が少なくなるため、非常に目が疲れます。また、モニター画面から発せられる強い光を長い時間見続けることで「眼精疲労」になってしまいます。

この状態が続いてしまうと、肩こりを引き起こす筋肉にも負担がかかるので肩こりになりやすくなります。

 

精神的緊張・ストレス

日常のストレスがたまった状態で発散できずにいると、自律神経に異常がおこり、自律神経のバランスが乱れ血行不良を起こると肩こりを引き起こします

デスクワークなどで同じ姿勢が長時間続くことや、睡眠不足運動不足目の疲れによる身体的ストレス、また、不安なこと悩みごとなどによる精神的ストレスなどが原因と言われることが多いです。

そのストレス状態が続いてしまうと、筋肉に老廃物が溜まることで肩こりが慢性化することがあります。

 

 

不規則な生活

体にとって生活リズムが非常に重要になります。

不規則な生活が続き、生活のリズムが狂ってしまい、睡眠時間が少なくなると筋肉の回復と緊張の緩和が妨げられるので肩こり頭痛の原因となります。

偏った食生活が続くと、血液がドロドロになってしまいます。栄養や酸素を届けるにはサラサラしていることが理想になります。

体重20㎏にお水1ℓを摂ることで効果を上げてくれます。

お食事からも水分は摂れるので、水を1.5~2ℓ位補給するのがおすすめです。

不規則な食生活などが続くと、筋肉内に老廃物が溜まりやすくなり肩こりになりやすいです。

 

肩こり頭痛のメカニズム

肩こりから頭痛になるほとんどのケースが先ほど肩こりの主な原因から引き起こされます。

肩がこることによって、血行不良になり血管内の酸素が不足の状態になります。

そこに疲労物質や老廃物が発生することで筋肉周辺にある神経を刺激します。その刺激が脳に伝わり痛みとして頭痛が引き起こされます。

 

 

肩の血行不良は脳にも影響し、脳血管の血流も悪くなり緊張型頭痛が引き起こされます

もし、その状態が続き、さらに血流が悪くなると血流障害になります。

血流障害は血管の壁が硬く、血管が細くなり詰まることで血液の流れが悪くなります。 血液の流れが悪くなれば、血液が必要なところに酸素や栄養が行きにくくなるため様々な症状につながってきます。

 

頭痛の種類は?

頭痛の種類には「一次性頭痛」「二次性頭痛」の2種類があります。

それぞれの特徴に注目してみていきましょう。

 

一次性頭痛

 

緊張型頭痛

  • 頭の周りを何かで締め付けられるような痛みが続く。
  • 肩こりと関連のある頭痛のほとんどが「緊張型頭痛」になる。
  • 頭の位置が前かがみになる姿勢の多いデスクワークの方に多い
  • 症状がきつくなると、めまい吐き気などを感じる。
  • 頭痛は30分から日間持続する。
  • 肩こり、首こりを普段から感じているケースに起こりやすい。

 

片頭痛

  • こめかみから目のあたりにかけての周りに痛みがある。
  • 脈をうつようなズキンズキンとした痛み
  • 頭の片側のみに発作的に発生する。
  • 普段は気にならないような臭いに敏感になり不快と感じる
  • 吐き気の症状も伴う。

 

群発頭痛

  • 目の奥がきりで突き刺すような痛みがある。
  • 20~40歳代の男性に多くみられる
  • 発作自体は2~3時間と短時間。
  • 目の充血、涙を流す、鼻水、鼻づまりなどの症状を伴う。
  • 眼の後ろの血管が拡張し炎症する事で強い痛みを生じる。

 

後頭神経痛

  • 後頭部からうなじにかけての痛み。
  • 電気が走るようなピリピリ、チクチクするような痛み。
  • 髪の生え際などを押さえるとそこから縦に痛みが走る。
  • 目の周辺にも痛みがあらわれる事がある。
  • 痛みの持続時間は数秒間で、痛みが長時間続くことはない。

 

 

二次性頭痛

 

くも膜下出血

  • 頭痛の発症は「突然」起こる。
  • ハンマーで後頭部を殴られたような激しい痛み。
  • くも膜下出血は40歳代から50歳代の男性に多い。
  • 嘔吐を伴うことがある。
  • 頭痛は数時間で消失することはなく、数日間持続する。

 

脳出血

  • 前兆が無く突然発症する。
  • 麻痺やしびれなどの神経症状を伴う。
  • 手を動かしたり、歩くのが困難になる。
  • めまい、頭痛、嘔吐などの初期症状がある。
  • 真冬の時期に多い。
  • 朝7時夕5時頃に多い。

 

脳腫瘍

  • 朝方に症状が強く出る。
  • 早朝に強い頭痛がよく起こる。
  • 早朝に嘔吐をよくする。
  • 頭の全体もしくは頭の一部に圧迫感がある。
  • じわじわと症状が強くなることが特徴。

 

肩こり頭痛の解消法

セルフマッサージ

 

ヘッドマッサージ①

 

①こめかみの部分を手のひらの母指球にあてます。

②手をあてたまま円を描くように前に5回まわします。

③次は後ろへ5回まわします。

 

※回す時は大きくするのがポイントです。

 

ヘッドマッサージ②

頭のてっぺんに両手を当てます。

②両手で頭の皮膚を上に向かって引っ張ります。

③その状態で10秒キープします。

 

ヘッドマッサージ③

 

①頭の後ろで後頭部をはさむように両手で手を組みます。

②手のひらで後頭部の皮膚を後ろに引っ張るように10秒間ゆっくりと力を加えます。

※②のときはゆっくりとした呼吸をします。

③手のひらはそのままで皮膚を前に向かって10秒間ゆっくりと力を加えます。

 

体を温める

普段から疲れがたまりやすい場合は、仕事が終わってから家でゆっくりされている時に、39°~40°のぬるま湯で10分程度入浴するのがおすすめです。

お風呂以外にもホットパックなどを使って血行を改善すると疲れている筋肉の緊張を和らげます。

水分は血行促進に重要です。お風呂に入る前はコップ1杯の水分をとりましょう。お風呂に浸かると身体の水分は汗などで多く外に出ていってしまいます。

お風呂に入っている時は気付かないのですが、実は身体の水分がたくさん失われています。水分が失われると筋肉が硬くなりやすいので入浴後の1杯も非常に重要になります。

肩こり頭痛の人は、血行不良等が起こりますので肩まできちんと入浴しましょう。お風呂に浸かることで気分も落ち着き、免疫機能を高めます。

また、お湯の中で首・肩周辺の筋肉をゆっくりさすることで血行促進につながります。

 

睡眠

睡眠は筋肉や神経の回復に1番効果的といわれていますが、ただただ寝れば良いことではありません。

健康に最適な睡眠時間は7時間だといわれています。睡眠時間にも個人差はありますが、短くても、長くてもいけません。

寝ている時も仰向けで寝ると体の負担が少なくなるのでオススメします。

横向きで寝てしまうと、寝た時に下になっている肩が内巻になってしまうので、休めてあげなければならないはずが、体には負担がかかってしまいます。

また、睡眠の質を高めるためにも、寝る前にアルコールやカフェインの摂取、食事やタバコなどは注意しましょう

 

適度な運動

頭痛になる元々の原因、肩こりを解消することが大事になってきます。

たとえば、少し息が上がるランニングやトレーニング運動などがオススメです。

身体を動かすことはストレスの発散にも繋がり血行も促進され代謝も上がるため肩こりに効果的です。

もちろん、こまめに水分補給は行ってくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

いくつか解消法はお伝えしましたが効果の個人差はあるかとおもいます。

もう一度、生活習慣を見直してみると肩こりになる要因は出てくるとおもいます。

肩こりがきちんと解消されると肩こりからくる頭痛の症状とはおさらばできるので、日頃の生活習慣を見直しと解消法も是非試してみて下さい。

 

肩こりからくる頭痛でお悩みの方はお気軽に当院までご相談くださいね。

あなたのお役に立てると幸いです。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加