あなたの胸郭出口症候群は何が原因なの??

 

 

【手首・肘】手首が痛み押さえる女性

 

 このようなお悩みはありませんか?

  • 肩の痛み、腕や手にシビれがある
  • 電車の吊り革を持っていると腕がシビレる
  • 握力が弱くなったり手指の動きが悪くなった
  • 自転車に乗っているときに手がシビれる
  • 腕が重たくてダルい

もし、あなたが1つでもあてはまるのであれば

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)の可能性があります。

この記事では、胸郭出口症候群とは一体何なのか・その原因・種類と症状について詳しく説明します。

よく肩がこる人、背中や腕がダルくなるなどの症状がある場合、「胸郭出口症候群」かもしれません。近年、胸郭出口症候群の方が増えています。

治療法を見つける前に、なぜ胸郭出口症候群の症状があるのか原因を知ることが大切になります。

まず、胸郭出口症候群とは一体何なのかを紹介していきますね。

 

 

 

胸郭出口症候群って何?

心臓から続く血管が、胸郭を出た所で神経とともに圧迫されるので、この名称があります。

鎖骨(さこつ)の奥少し上の、第1肋骨(肋骨の一番上)と鎖骨と斜角筋(しゃかくきん)のすき間の部分が胸郭出口です。

その胸郭出口の狭い部分で神経や血管が圧迫されて起こる一連の症候群を胸郭出口症候群といいます。首・鎖骨・肩の周辺には神経と血管が圧迫されやすいところがあります。

よくみられるのは、鎖骨周辺にある腕神経叢(わんしんけいそう)などの末しょう神経の束が、血管と同時に圧迫されることです。圧迫されたところは、いつもと同じようなの動作ができなくなり、全身にだるさを感じることがあります。

 

手の指先に向かう神経や血管が、首や鎖骨周辺で圧迫や引き伸ばされることによって起こる痛みやしびれの事です。

その圧迫や引き伸ばされるポイントは次のつの場所になります。

 

  • 頸肋症候群  「1番上の肋骨の上に本来無いはずの肋骨がある場合」そこで圧迫される
  • 斜角筋症候群 「首を支える筋肉」の間で 神経が圧迫される
  • 肋鎖症候群  「1番上の肋骨と鎖骨の間」で神経が圧迫される
  • 小胸筋症候群 「胸と肩の間の筋肉」を通る時に神経が圧迫される

 

上記つの総称として「胸郭出口症候群」と呼ばれています。

腕を上にあげる動きを行ったときに、手や腕などがシビれたり、背中の肩甲骨周辺が痛むといった症状が出ます。主に、なで肩の女性や、首が太くて筋肉質の男性などに多くみられます。

主な症状はシビれや痛みなどで、片側だけでなく両側に出るのも特徴になります。

 

 

胸郭出口症候群の原因は??

胸郭出口症候群の原因は「神経の圧迫」と言われています。

しかし、大事なのは「神経が圧迫」される状況を作り出している原因は何なのか。

その胸郭出口症候群の原因を、ご紹介していきますね。

胸郭出口症候群の一般的によくある原因をみていきましょう。

 

姿勢が悪く、長時間の事務作業をする人

胸郭出口症候群による症状は、悪い姿勢を長い時間続けると、悪化していきます。

長時間デスクワークをした後に、肩こりがひどくなることはありませんか??

首から肩にかけての筋肉の緊張が長く続くのは危険です。
とくに、パソコン作業、携帯電話やスマートフォンの画面を見ている時に頭が肩よりも前に突き出した姿勢になることが多いです。普段何気なくとっている姿勢ですが、この姿勢を横から見てみると、とても姿勢が悪いことに気づきます。頭の重さは約5㎏といわれています。その頭が肩よりも前にいくと首や肩、背中の筋肉は頭が前に倒れないように引っ張って支えてくれています。

その姿勢が長い時間続くと筋肉が硬くなります。

長時間の事務作業を続ける方には、座る姿勢が重要になります。

ポイントとしては、あごだけが前に突き出て体の重心が前に倒れないように、イスに座るときには、猫背にならないように、あごを引いた姿勢を意識しましょう。パソコンのキーボードは体から遠すぎず、パソコンの画面は近すぎないように書類を置く位置も気をつけましょう。パソコン作業中は腕が下がった状態なので、20分に1回は、肩甲骨を動かすように腕を頭の上に上げたり、首をゆっくり動かす運動をするようにしましょう。

 

 

なで肩の人

なで肩は、肋骨と鎖骨の間が狭くなりやすいため、胸郭出口症候群になりやすい体型になります。
なで肩に猫背などが加わることで、さらに発症率は上がります。

なで肩は首から肩にかけて付いている筋肉が少ないので、なで肩になりやすいと言われています。

首から肩にかけての筋肉が少ないということは腕を支えることができず、腕の重さに引っ張られるため、なで肩になりやすくなります。

この時に首から肩にかけての神経が引っ張られるので「シビれ」といった症状がおこります。

胸郭出口症候群の症状が悪化していくと握力の低下や手の麻痺といった症状に繋がってきます。

なで肩の人で、手に強いシビれがある場合は、一度、専門の医師に相談されることをおすすめします。

 

 

筋力トレーニングをしている人

格闘技や筋力トレーニング、その他のスポーツなどで、肩や首に負担がかかりすぎると、胸郭出口症候群を発症する可能性があります。

プロレスなど見ていると、首が太くていかり肩になっている人が多いですよね。
それは、首を支えている筋肉の斜角筋や小胸筋が鍛えられている状態になっているからです。

トレーニングにより筋肉が発達した結果、筋肉が大きくなってくるのでその隙間を通過している神経や血管が圧迫されて胸郭出口症候群になることがあります。

また、トレーニングをした後に、ストレッチをしなかったり、必要最低限の休みが取れていないときに、胸郭出口症候群になることが多いです。

ギターやバイオリンなど演奏する人は、同じ体勢で長い時間すると練習疲れなどで発症することもあります。

交通事故などケガをした人

交通事故などで、胸郭出口症候群になる原因は、肩や首などに大きな力を受けた場合、骨が変形することがあります。

その骨が変形することによって、胸郭出口を通る神経や血管を圧迫してしまうため胸郭出口症候群になります。

 

逆流性食道炎の人

 

逆流性食道炎とは胃液が食道、口腔まで逆流することによって炎症を起こしてしまう病気です。この逆流性食道炎が刺激となり、斜角筋が緊張することにより胸郭出口症候群を起こす場合があります。
主に胸焼けが何度も起こったらこの発症が疑われ、喉頭部に炎症を起こす場合もあります。

さらに食後に特に肩が凝るという感じがしたら逆流性食道炎の発症が強く疑われます。

 

胸式呼吸の人

普段の生活の中で呼吸が浅い人や、お腹を呼吸と同時に膨らましたり凹ましたりする腹式呼吸ではなく、呼吸する時に上下に肩が動くような胸で呼吸してしまう胸式呼吸の人は、胸郭出口あたりに力が加わりやすいので、その疲労によって胸郭出口症候群になる場合が多いです。


胸郭出口付近にある首の筋肉である、斜角筋や小胸筋は、肺を動かすときに使う筋肉になります。
そのため、胸ばかりで呼吸をしていると、斜角筋や小胸筋が使われ続けて負担がかかり胸郭出口症候群になります。

ストレス、緊張、ショックが原因

ストレス、緊張、ショックなどが続くと、胸郭出口症候群の原因にもなる斜角筋が緊張しやすく収縮による負担がかかってきます。
その負担が長く続くほど、胸郭出口症候群を発症しやすくなります。

 

 

疲労が原因

 

症状が起こるほとんどの原因は疲れからくるといわれています。

 「疲れ」からくる症状までの流れは、次のようになります。

 

疲れ ➡ 内臓の疲れ ➡ 姿勢の歪み ➡ 循環不良 ➡ 症状

 

このように、症状はあくまでも結果なのです。 

 本来ならば、夜寝て朝起きた時には体の疲れが回復していることが普通です。

 

 しかし、起きた時に疲れがとれていない場合、疲れが積み木のように増えていくと様々な症状に繋がっていってしまいます。

 

胸郭出口症候群の種類

頚肋症候群

頚肋骨とは1番上の肋骨の上に本来無いはずの肋骨があることをいいます。

そこで圧迫される頚肋骨が存在することによって、起ってくる症状をひとくくりにしたのを頚肋症候群といいます。

頚肋症候群は、頸椎と呼ばれる骨の奇形を生まれた時から持っている方に起こりやすい症状になります。
頚肋症候群は極めて稀なケースになりますが、この胸郭出口症候群の中に含まれています。

 

斜角筋症候群

斜角筋症候群は、前斜角筋・中斜角筋・第一肋骨(肋骨の一番上)で構成される三角形の隙間を斜角筋隙と呼びます。

この斜角筋隙で神経や血管が圧迫されてしまう状態のことをいいます。

 

肋鎖症候群

肋鎖症候群とは、鎖骨と第一肋骨(一番上の肋骨)との間で、神経や血管が圧迫されているもので、胸郭出口症候群のなかで最も多いとされています
この肋鎖症候群は、鎖骨と第一肋骨の狭い隙間を通る血管、神経が何らかの要因で圧迫されて起こる症状です。

 

 

 

原因として考えられる理由は、重い荷物を背負っていること多い、仕事で重いものを担いでいることが多い、鎖骨や第一肋骨の変位・鎖骨や肋骨を骨折した後の、位置異常や変位などになります。

小胸筋症候群・過外転症候群

 

この小胸筋症候群過外転症候群は、肩の外転をしたときに圧迫・牽引されて起こる症状です。

肩の外転という動作は、腕を横に伸ばした状態で、そのまま上に持ち上げる動作のことです。

この外転という動作の時に、小胸筋という胸の筋肉が神経や血管を圧迫してしまって起こる症状です。

胸郭出口症候群の症状

  • 肩の痛み、腕や手にシビれがある
  • 電車の吊り革を持っていると腕がシビレる
  • 握力が弱くなったり手指の動きが悪くなった
  • 手の指先がシビれる
  • 腕が重たくてダルい
  • 手先が冷える
  • 肩コリがずっととれない
  • 腕に痛みを感じ動かしにくい

 

このような胸郭出口症候群の症状を感じていないですか?

胸郭出口症候群に苦しむ方の多くがこのような症状に苦しんでいます。

「私は大丈夫」と思っている人ほど、今後注意が必要です。

 

 

まとめ

 

あなたはどうでしたか?

胸郭出口症候群は神経や血管の圧迫によって指先や腕にシビれが起きて、思うように動かせなくなる状態のことです。

規則正しい生活習慣や運動・定期的にストレッチをして、少しずつ症状を改善していきましょう。

まずはあなた自身の体を知る事が大切になってきます。

当院でも胸郭出口症候群の症状に対応しておりますので、不安な方や気になる方は一度お気軽にご相談下さい。

少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

\この記事は私が書きました/

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加