胸郭出口症候群の症状と改善方法‼

「もう何年も手のシビれが治らない…」

「痛みで寝ることができない」

「胸郭出口症候群と診断されたけど何をしたらいいの?」

 

このように胸郭出口症候群の対処法にお悩みではないでしょうか?

この記事では胸郭出口症候群の症状と改善についてご紹介していきますので参考にしてみてください。

 

胸郭出口症候群とは一体?

まずは胸郭出口症候群とは一体どんな症状があるのでしょうか。

胸郭出口症候群の種類について説明しますね。

頚肋症候群、斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群・過外転症候群の4種類どれかの状態になっている事を総称します。

鎖骨(さこつ)の奥少し上の、第1肋骨(肋骨の一番上)と鎖骨と斜角筋(しゃかくきん)のすき間の部分が胸郭出口といい、心臓から続く血管が、胸郭を出た所で神経とともに圧迫されるので、この名称があります。

そして、首・鎖骨・肩の周辺には神経と血管が圧迫されやすいところがあります。

よくみられるのは、鎖骨周辺にある腕神経叢(わんしんけいそう)などの末しょう神経の束が、血管と同時に圧迫されることです。圧迫されたところは、いつもと同じようなの動作ができなくなり、全身にだるさを感じることがあります。

手の指先に向かう神経や血管が、首や鎖骨周辺で圧迫や引き伸ばされることによって起こる痛みやしびれの事です。

 

 

胸郭出口症候群の種類と症状

胸郭出口症候群は2つに分かれます。

  • 神経と血管が圧迫されて起こる圧迫型
  • 神経と血管が引っ張られて起こる牽引型

の2つです。

 

圧迫型の特徴

  • トレーニングをしている筋肉質の男性に多い。
  • 肩から手指のむくみを感じる。
  • 肌の色が青ざめる。
  • 圧迫型は症状により手術を行うことがある。
牽引型の特徴
  • 首が長く、なで肩で猫背の若い女性に多い。
  • 神経が引っ張られることによって症状を起こす。
  • 牽引型の場合、手術は基本的に必要ない。
  • 姿勢改善、運動等によって改善されるケースが多い。

 

 

胸郭出口症候群は圧迫や引き伸ばされる場所によって4つに分類されます。

その4つが下記になります。

 

  • 頸肋症候群  「1番上の肋骨の上に本来無いはずの肋骨がある場合」そこで圧迫される
  • 斜角筋症候群 「首を支える筋肉」の間で 神経が圧迫される
  • 肋鎖症候群  「1番上の肋骨と鎖骨の間」で神経が圧迫される
  • 小胸筋症候群・過外転症候群 「胸と肩の間の筋肉」を通る時に神経が圧迫される

 

上記つの総称として「胸郭出口症候群」と呼ばれています。

腕を上にあげる動きを行ったときに、手や腕などがシビれたり、背中の肩甲骨周辺が痛むといった症状が出ます。主に、なで肩の女性や、首が太くて筋肉質の男性などに多くみられます。

主な症状はシビれや痛みなどで、片側だけでなく両側に出るのも特徴になります。

頚肋症候群

 

頚肋骨とは、1番上の肋骨の上に本来無いはずの肋骨があることをいいます。

頚肋骨で神経や血管が頚肋骨によって圧迫され、起ってくる症状頚肋症候群といいます。

頚肋症候群は、第7頸椎と呼ばれる骨の奇形を生まれた時から持っている方に起こりやすい症状になります。
頚肋症候群は極めて稀なケースになりますが、この胸郭出口症候群の中に含まれています。

 

頚肋が存在するとその部分の神経や血管が頚肋がない人と比べて、圧迫されやすくなりますが、頚肋が存在しても中には自覚症状がでない人もおられます。

頚肋検査は、レントゲン撮影をすることで確認できます。頭を後ろに倒し、首を回すと症状は更に悪くなります。

頚肋が存在していても、手術をする必要はありません。

 

頚肋症候群症状は、肘の下から手にかけての痛みや、小指側にシビれを感じるのも特徴です。
腕の皮膚が白っぽく色が変わったり、青ざめた様になることがある。

腕に力が入らないなどといったことも。
また、神経症状が悪くなっていくと…

眼瞼下垂(上まぶたが垂れ下がった状態)

縮瞳(瞳孔がちぢむこと)

眼球陥没(眼球の入っているくぼみの内側にいくこと)

などになる可能性もあります。

 

斜角筋症候群

斜角筋症候群は、前斜角筋・中斜角筋・第一肋骨(肋骨の一番上)で構成される三角形の隙間を斜角筋隙(しゃかくきんげき)と呼びます。

この斜角筋隙で腕神経叢という神経や鎖骨下動脈という血管が圧迫や引っ張られてしまう状態のことをいいます。

 

よく、肩こりと関係があるの?と聞かれますが、関係あります

斜角筋症候群は、斜角筋という首から鎖骨にかけてついている筋肉がこって硬くなると起ってきます。

 

斜角筋症候群の症状

手の薬指や小指にシビれや痛みがおき、握力も弱くなります。

特に、腕を上げようとするときに、シビれや痛みを起こしやすいです。

手の指や腕に熱感(熱い感じ)や冷感(冷たい感じ)がある

なで肩の女性に多く見られますが、男性でも同様に起こる場合があります。

デスクワークや長時間のスマートフォンなど、同じ姿勢が続いて首がコりやすい人に多いです。

 

肋鎖症候群

 

肋鎖症候群とは、鎖骨と第一肋骨(一番上の肋骨)との間で、神経や血管が圧迫されているもので、胸郭出口症候群のなかで最も多いとされています。
この肋鎖症候群は、鎖骨と第一肋骨の狭い隙間を通る血管、神経が何らかの要因で圧迫されて起こる症状です。

胸郭出口症候群の中で、肋鎖症候群は予後が良好な症状です。

 

肋鎖症候群症状は物理的に鎖骨と肋骨の間で神経や血管が圧迫されることによって、肩、腕、手、指や背面の痛みやシビれなどの症状が表れます。

肋鎖症候群の場合は比較的後天的な原因(生まれてきてからの原因)の影響が強いと言えます。

老化や姿勢が悪いために起こる骨の変位や、ラグビーや柔道の怪我などで鎖骨や肋骨を骨折した後の変形などが原因で肋鎖症候群になります。

女性に多いとされますが、筋肉の習慣性の首から腕にかけての過労からくる血行不良や代謝異常などになってしまいます。

また、血行不良によって血流が不足すると筋肉の各部位に痛み物質が発生するので、肩こりの症状になることもあります。

 

 

小胸筋症候群・過外転症候群

 

この小胸筋症候群・過外転症候群は、肩の外転をしたときに圧迫・牽引されて起こる症状です。

肩の外転という動作は、腕を横に伸ばした状態で、そのまま上に持ち上げる動作のことです。

この外転という動作の時に、小胸筋という胸の筋肉が神経や血管を圧迫してしまって起こる症状です。

小胸筋症候群は、胸郭出口症候群の一種で、別名 過外転症候群と呼ばれ、小胸筋が硬くなり過ぎると、その下を通る神経や血管が圧迫されて症状が起こります。
血管が圧迫されている状態であれば、レントゲンで血液造影検査(血管の状態や血液の流れを調べるための検査)すると
わかります。

 

斜角筋症候群の症状は、肩こりくらいから感じることが多く、少しずつ指先や手のシビれ、ダルさ、冷えが出てきたりします。
さらに症状が悪化すると、指先や手の感覚がおかしくなり、握力が弱くなったり、ペットボトルのキャップが開けられないといった症状も出てきます。
とくに手を挙げる動作で電車やバス等で吊革につかまるときや、洗濯物を干す動作をすると悪化し、お風呂などで温めてあげると少し楽になります。

胸郭出口症候群の主な症状と予防法!

 

胸郭出口症候群の主な症状は下記になります。

  • 肩の痛み、腕や手にシビれがある
  • 電車の吊り革を持っていると腕がシビレる
  • 握力が弱くなったり手指の動きが悪くなった
  • 手の指先がシビれる
  • 腕が重たくてダルい
  • 手先が冷える
  • 肩コリがずっととれない
  • 腕に痛みを感じ動かしにくい

 

このような胸郭出口症候群の症状を感じていないですか?

胸郭出口症候群に苦しむ方の多くがこのような症状に苦しんでいます。

 

胸郭出口症候群にならないためには?

正しい姿勢で過ごしましょう

 

悪い姿勢を長い時間続けると、胸郭出口症候群になりやすいです。

 

 

猫背の姿勢は胸郭出口を狭くしてしまいます。胸郭出口を狭くしないためには正しい姿勢が重要になります。

パソコンに向かう姿勢や携帯電話、スマートフォンを見る時

画面をじっと見るため、顔が前に倒れて、アゴが前に突き出している状態になります。

その姿勢が猫背の姿勢をつくりあげています。

 

お風呂に毎日浸かる

 

肩がコリやすい人は、血行不良等が起こりますので毎日の入浴がオススメです。お風呂に浸かることで気分も落ち着き、免疫機能を高めます。40°の湯で10分の入浴が良いでしょう。適度に汗もかくのでお風呂に入る前と後でコップ一杯の水を飲むようにしましょう。お湯の中で首・肩周辺の筋肉をゆっくりさすることで血行促進につながります。

睡眠をしっかりとりましょう

筋肉や神経の回復には睡眠が1番効果的とされています。寝ている時も仰向けで寝た方が体の負担が少なくなります。横向きで寝てしまうと、寝た時に下になっている肩が内巻になってしまうので、休めてあげなければならない体に負担が大きくなります。

荷物を肩にかけるとき

荷物を肩にかける時、いつも同じ肩ばかりではありませんか?

どうしても慣れている安定しやすい側にかけたいとおもいます。

しかし、いつも同じ側に荷物をかけ続けていると負担が偏り、胸郭出口症候群になりやすくなります。

交互の肩にかけるようにしていきましょう。

改善するためには?

運動・ストレッチ

運動・ストレッチは筋肉をやわらかくする効果があります。

特に、ラジオ体操や開脚などを筋肉がやわらかくなったお風呂上りにすると良いでしょう。

☆ 運動・ストレッチを行うにあたっての注意点

しっかりと体が温まった状態ではじめましょう。

体が冷えた状態では筋肉が硬く、温まった状態のほうが筋肉は柔らかいです。そのため入浴後などに行うと良いです。

 

無理に筋肉をのばそうとすると体を痛めることがあります。
無理をせず、1つの動作は30秒程度を続けて行いましょう。

また、呼吸は止めず、自然な呼吸をして、気持ちはリラックスすることを心がけましょう。

 

 

正しい姿勢で!

椅子に座ってお仕事をされているときのポイント☆

あごだけが前に突き出て体の重心が前に倒れないように、イスに座るときには、猫背にならないように、あごを引いた姿勢を意識しましょう。パソコンのキーボードは体から遠すぎず、パソコンの画面は近すぎないように書類を置く位置も気をつけましょう。パソコン作業中は腕が下がった状態なので、20分に1回は、肩甲骨を動かすように腕を頭の上に上げたり、首をゆっくり動かす運動をするようにしましょう。

温める

温める目的は、胸郭出口症候群を根本的に治すことではないですが、血行促進により凝り固まった筋肉をほぐすということで免疫機能を高めます。

 

まとめ

あなたはいかがですか?

 

胸郭出口症候群は生活習慣や運動、ストレッチを毎日コツコツ重ねていくと身体への負担は減ってきます。

しかし、改善しなければ変わるどころか、症状は悪化していきます。

なので少しずつで構わないので改善方法を試してくださいね。

 

あなたがもし、お体での悩みご相談あればお気軽にお問い合わせくださいね。

\この記事は私が書きました/

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加