胸郭出口症候群とストレスの関係性

「胸郭出口症候群がストレスと関係があるの?」

「胸郭出口症候群の診断を受けて不安になっている」

「こらから先ひどくなるのか心配…」

あなたはこのように思っていませんか?

胸郭出口症候群の症状を楽にしたいと思っていても、どうすれば良くなるのかわからない事がありますよね。

今回は胸郭出口症候群とストレスの関係性についてご紹介していきます。

胸郭出口症候群とは?

第1肋骨と鎖骨と斜角筋のすき間の部分が胸郭出口です

この胸郭出口の狭い部分で神経や血管が圧迫されて起こる一連の症候群を胸郭出口症候群といいます。首・鎖骨・肩の周辺には神経と血管が圧迫されやすいところがあります。

よくみられる大きなケースは、鎖骨周辺にある腕神経叢(わんしんけいそう)などの末しょう神経の束が、血管と同時に圧迫されることです。

圧迫されたところは、いつもと同じようなの動作ができなくなり、全身にだるさを感じることがあります。手の指先に向かう神経や血管が、首や鎖骨周辺で圧迫や引き伸ばされることによって起こる痛みやしびれの事です。

その圧迫や引き伸ばされるポイントは次の4つの場所になります。

  • 頸肋症候群  「1番上の肋骨の上に本来無いはずの肋骨がある場合」そこで圧迫される
  • 斜角筋症候群 「首を支える筋肉の間」で神経が圧迫される
  • 肋鎖症候群  「1番上の肋骨と鎖骨の間」で神経が圧迫される
  • 小胸筋症候群 「胸と肩の間の筋肉」を通る時に神経が圧迫される

上記つの総称として「胸郭出口症候群」と呼ばれています。

腕を上にあげる動きを行ったときに、手や腕などがシビれたり、背中の肩甲骨周辺が痛むといった症状が出ます。主に、なで肩の女性や、首が太くて筋肉質の男性などに多くみられます。

主な症状はシビれや痛みなどで、片側だけでなく両側に出るのも特徴になります。

胸郭出口症候群の原因は??

胸郭出口症候群の原因は「神経の圧迫」と言われています。

しかし、大事なのは「神経が圧迫」される状況を作り出している原因は何なのか。

その胸郭出口症候群の原因を、ご紹介していきますね。

胸郭出口症候群の一般的によくある原因をみていきましょう。

ストレスが関係している?

ストレスとは一体何なのか?

ストレスとは物体の外側から刺激を受けた圧力によって生じる状態のことです。外部からのストレスには、さまざまな要因があります。

  • 環境的要因(暑さや寒さ、騒音など)
  • 身体的要因(病気や睡眠不足など)
  • 心理・社会的要因(人間関係・仕事上の問題・家庭の問題など)

日常の中で起こるさまざまな変化刺激ストレスの原因になってきます。

そして、普段「ストレス」と言っている多くは、「心理・社会的要因」のことを指しています。

上記の要因によって引き起こされるストレス反応は3つあり心理面身体面行動面に分かれてきます。

  • 心理面

心理面でのストレス反応には、イライラや不安、抑うつなどがあります

イライラや不安などにより「疲れ」が生じてくるといわれています。

「疲れ」からくる胸郭出口症候群までの流れは、次のようになります。

疲れ ➡ 内臓の疲れ ➡ 姿勢の歪み ➡ 循環不良 ➡ 症状(胸郭出口症候群)

このように、胸郭出口症候群はあくまでも結果なのです。

本来ならば、夜寝て朝起きた時には体の疲れが回復していることが普通です。

しかし、起きた時に疲れがとれていない場合、疲れが積み木のように増えていくと胸郭出口症候群だけでなく、様々な症状に繋がっていってしまいます。

  • 身体面

身体面でのストレス反応には頭痛、目の疲れ、肩こり、腰痛、胃痛、便秘や下痢、不眠などさまざまな症状があります。

長時間の事務作業をする人で、悪い姿勢を長い時間続けると、胸郭出口症候群の症状が悪化していきます。

長時間のデスクワークや運転によって、首から肩にかけての筋肉の緊張が長く続くのは危険です。

とくに、パソコン作業、携帯電話やスマートフォンの画面を見ている時に頭が肩よりも前に突き出した姿勢になることが多いです。普段何気なくとっている姿勢ですが、この姿勢を横から見てみると、とても姿勢が悪いことに気づきます。頭の重さは約5㎏といわれています。

その頭が肩よりも前にいくと首や肩、背中の筋肉は頭が前に倒れないように引っ張って支えてくれています。

その姿勢が長い時間続くと筋肉が硬くなります。長時間の事務作業を続ける方には、座る姿勢が重要になります。

姿勢ポイントとしては、あごだけが前に突き出て体の重心が前に倒れないようにイスに座るときには、猫背にならないように、あごを引いた姿勢を意識しましょう。

また、なで肩の人は肋骨と鎖骨の間が狭くなりやすいため、胸郭出口症候群になりやすいといわれています。
なで肩に猫背などが加わることで、さらに発症率は上がります。

首から肩にかけての筋肉が少ないということは腕を支えることができず、腕の重さに引っ張られるため、なで肩になりやすくなります。

この時に首から肩にかけての神経が引っ張られるので「シビれ」といった症状がおこります。

胸郭出口症候群の症状が悪化していくと握力の低下や手の麻痺といった症状に繋がってきます。

なで肩の人で、手に強いシビれがある場合は、一度、専門の医師に相談されることをおすすめします。

  • 行動面

行動面でのストレス反応には、仕事でのミスや事故などがあります。

事故などで、胸郭出口症候群になる原因は、肩や首などに大きな力を受けた場合、骨が変形することがあります。その骨が変形することによって、胸郭出口を通る神経や血管を圧迫してしまうため胸郭出口症候群になります。

これらのストレス反応が続く場合には、大きなストレス状態になっているかもしれません。これらの症状に気づいたら、日常の生活を振り返り、あなたにあったストレス発散方法をみつけましょう。

また、これらの症状が長い期間続くような場合には、精神科、心療内科をおすすめします。

胸郭出口症候群の症状

【手首・肘】手首が痛み押さえる女性

  • 肩の痛み、腕や手にシビれがある
  • 電車の吊り革を持っていると腕がシビレる
  • 握力が弱くなったり手指の動きが悪くなった
  • 手の指先がシビれる
  • 腕が重たくてダルい
  • 手先が冷える
  • 肩コリがずっととれない
  • 腕に痛みを感じ動かしにくい

このような胸郭出口症候群の症状を感じていないですか?

胸郭出口症候群に苦しむ方の多くがこのような症状に苦しんでいます。

胸郭出口症候群の種類

頚肋症候群(けいろくしょうこうぐん)

頚肋骨とは1番上の肋骨の上に本来無いはずの肋骨があることをいいます。

そこで圧迫される頚肋骨が存在することによって、起ってくる症状をひとくくりにしたのを頚肋症候群といいます。頚肋症候群は、第7頸椎と呼ばれる骨の奇形を生まれた時から持っている方に起こりやすい症状になります。

斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん)

斜角筋症候群は、前斜角筋・中斜角筋・第一肋骨(肋骨の一番上)で構成される三角形の隙間を斜角筋隙と呼びます。この斜角筋隙で神経や血管が圧迫されてしまう状態のことをいいます。

肋鎖症候群(ろくさしょうこうぐん)

肋鎖症候群とは、鎖骨と第一肋骨(一番上の肋骨)との間で、神経や血管が圧迫されているもので、胸郭出口症候群のなかで最も多いとされています。
この肋鎖症候群は、鎖骨と第一肋骨の狭い隙間を通る血管、神経が何らかの要因で圧迫されて起こる症状です。

小胸筋症候群・過外転症候群(しょうきょうきん・かがいてん)

この小胸筋症候群・過外転症候群は、肩の外転をしたときに圧迫・牽引されて起こる症状です。肩の外転という動作は、腕を横に伸ばした状態で、そのまま上に持ち上げる動作のときに、小胸筋という胸の筋肉が神経や血管を圧迫してしまって起こる症状です。

自分でできるストレス対処法

ストレス対処法には、休める発散緩和3つがあります。

  • 休める

ストレスがたまらないように、心と身体が休まる状態をつくりましょう。

睡眠は筋肉や神経の回復に1番効果的といわれていますが、長時間寝れば良いことでもありません。健康に最適な睡眠時間は7時間だといわれています。睡眠時間にも個人差はありますが、短くても、長くてもいけません。

また、睡眠の質を高めるためにも、寝る前にアルコールやカフェインの摂取、食事やタバコなどは注意しましょう。

  • 発散(はっさん)する

ストレスは趣味などで解消して、ため込まないことが重要になります。

十分な睡眠をとることや好きな音楽や、趣味、美味しい食事をして五感を楽しむこと。日常で嫌なことはため込まず愚痴を吐きストレスを発散しましょう!

適度な運動やストレッチをすることで筋肉の疲れが解消し、血行がよくなります。

特に、ラジオ体操や開脚などを筋肉がやわらかくなったお風呂上りにすると良いでしょう。

  • 緩和(かんわ)

血行不良等の緩和のために、毎日の入浴がオススメになります。

お風呂に浸かることで気分も落ち着き、免疫機能を高めます。39℃前後で10分の入浴がおすすめです。

適度に汗もかくのでお風呂に入る前と後でコップ一杯の水を飲むようにしましょう。お風呂の中で筋肉をゆっくり伸ばしてあげることで血行促進につながり、ストレスを軽減する効果もあります。

まとめ

いかがでしょうか?

胸郭出口症候群とストレスの関係性についてなんとなく理解していただけたでしょうか?

ストレスは体にとって悪い影響になっていることをお伝えしました。

日常生活の中で、ストレスを引き起こしている要因は必ずあり、ストレスを感じない人はいません。みなさん何らかのストレスを抱えて日常生活をおくっていると思います。

もし、あなたがストレスを感じるような事があれば自分に合ったストレス対処法を見つけてみましょう。

日々の生活をより良いものにするためにもストレス対処法は大事になります。

あなたが胸郭出口症候群で悩んでいるのなら、お気軽にご相談ください。

あなたのお役に立てると幸いです。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加