外反母趾になる本当の原因は何なの??

「病院から外反母趾と言われたけど、何をすればいいの?」
「足の親指の付け根が赤く腫れて、痛みがでてきた」
「親指の付け根が靴に当たったり、親指と人差し指が重なって痛い」

このようなお悩みはありませんか?

 

その症状が外反母趾だとすると、ほっておくと悪化していきます。

この記事では外反母趾になる原因をご紹介していきます。
外反母趾の本当の原因を知り、良い対処法を見つけるきっかけになれば幸いです。

外反母趾とは?

 

足の母趾(足の親指)が小指側へ「くの字に曲がってしまっている状態のことで、身体の中心から親指が外側の方に曲がっていることから外反母趾いわれています。

外反母趾は踵(かかと)から親指の付け根を定規であてた時の直線に対し親指が小指側に向いている角度を測ります。

正常であれば角度が5~8度です。

15度を超えると外反母趾といわれ、20度までは軽症、20度~40度までは中度、 40度以上は重症の外反母趾となります。

 

外反母趾は親指の付け根の関節が突き出てしまうことで、その部分に炎症や痛みが起こってきます。

その主な要因が、足に合っていない靴だといわれています。

生活環境が変わり、靴を長い時間はくようになったことが、外反母趾の発症が増えている要因であると考えられています。

 

特に、ハイヒールによって外反母趾になる女性が急増しているといわれますが、子供や男性でも外反母趾になる人はいます。
外反母趾になると、身体のバランスが崩れるため、歩き方が不安定になりやすくなります。

身体は、崩れないように別の部分でバランスをとろうとするため、頭痛や肩こり、腰痛と身体のいたるところに痛みやダルさを感じるようになりす。

外反母趾になることで、その痛みがこれから先も続くようになります。

 

治療も大事ですが原因をわかっていなければ、外反母趾を繰り返すことにもつながってきます。

その、外反母趾になる原因をご紹介していきますね。

 

①足の甲がガチガチに硬い

外反母趾で足裏に異常があると、親指の踏ん張る力がなく指を反らして歩くため、甲の一部分に体重が集中し、その負担が繰り返され炎症や変形が起こるのです。

負担になっていると、足の甲がガチガチに硬くなっていきます。

足の甲の部分が硬いと、歩行時に足首の動きがスムーズに曲がらなくなります。

 

よく耳にする浮指や扁平足も足の甲に負担がかかって硬くなります。これが日々のスポーツや日常生活の中で繰り返されることで、足の甲に負担がかかった状態が続き、足の指が曲がって外反母趾になってしまいます。

 

浮き指

今の現代人は裸足で道や土の上を歩くことがなく、どこへ出かけるのにも靴を履いて生活する習慣となりました。

大きめの靴やサンダルを履くことによって、靴が脱げないように足指を上にあげて靴を引っかけて無意識に歩くように癖ついています。

その状態では体の後ろの方に重心がのってきます。指で地面を蹴る筋肉や指を握る筋肉がおとろえてくるため、足指が浮いて外反浮き指になってしまいます。

 

歩行時に指を使わない

先程の、浮き指の項目にもあったように、外反母趾になる原因とは指を使わない歩き方のことです。

歩いている動きの中で正しく指が使われていない状態になります。

足の指は手の指と比べて日常生活で握る動作が少ないので、握る筋肉は地面に着いて体重を支える時に働きをします。

ですから、浮き指のように指を浮かして足の指を使えていないと足裏だけで体重を支える生活になるため、握る筋肉は退化していきます。

外反母趾は、指が体重を正しく支えていないことで指の筋力が低下した結果です。

普通の靴下を履くより、より歩行時の指の動きを感じる5本指の靴下をオススメします。

 

ヒール・パンプス

外反母趾になる原因となる環境要因があります。

その主な要因が、自分の足に合っていない靴だといわれています。

生活環境が変わり、靴を長い時間はくようになったことが、外反母趾の発症が増えている要因であると考えられています。

特に、ヒール・パンプスは高さがあるほど足の指に重心がかかってきます。安定感が悪いため体重を前にかけてしまいます。

ヒール・パンプスの足先が細くなっているので、あの足先のように足が矯正されてしまいます。

また、窮屈すぎるのも、ブカブカの靴も良くありません。


外反母趾になると、身体のバランスが崩れるため、歩き方がさらに不安定になりやすくなります。

身体は、崩れないように別の部分でバランスをとろうとするため、頭痛や肩こり、腰痛と身体のいたるところに痛みやダルさを感じるようになりす。

扁平足

扁平足は、正しい歩き方が出来なくなり、足の筋肉を使っていないと足裏の縦のアーチが低下していってしまい外反母趾の原因になり、足指で踏ん張ることができない状態です。

縦のアーチがない足は扁平足といいますが、足のクッション機能がなくなり足に余分な負担がかかり、疲労感があるのも特徴です。その不安定な状態を体全身の筋肉で支えようとします。

全身の筋肉に負担がかかり、横のアーチがない足は開帳足(かいちょうそく)といい、横幅の広い足になってしまいます。
足の横幅が広くなるため、靴を履いた時に親指の部分が圧迫されやすく、外反母趾の原因にもなります。

 

 

②間違った歩き方

外反母趾になられた多くの方が「原因は合わない靴ですよね?」「ヒールのせいですよね」と言われます。

それが、本当に原因なのでしょうか?

足に合わない靴、ヒールやパンプスなどは、外反母趾が悪化する要因にはなりますが、原因ではありません。

外反母趾になる方の多くが、「間違った歩き方」です。

間違った歩き方とは、足の指で地面を踏ん張らずに、足の先が外向に流れてしまっている歩き方です。

足指で踏ん張ることができないと、ペタペタとペンギンのような歩き方になり、足裏にある縦と横のアーチが崩れることで、足が横に広がっていきます。

この間違った歩き方を繰り返しおこなうことで、足の横幅がひろくなり、外反母趾の痛みが出てくるようになります。

歩く動作は、正しく足を使う基本となります。

 

みなさんは日常の中で、何気なく歩いていますよね?

その普段の歩き方が間違っていると足への負担が大きくなり外反母趾の症状を悪化させている事が多いです。

 

ですから、根本的な歩き方に対して処置する必要があります。

KOTO整体院では外反母趾の対応と正しい歩き方の方法もお伝えしています。


 

関節の歪みと捻れ

外反母趾の方の関節には歪みと捻れがあります。縦や横の変形以外に、捻れが起こることで、指と指が重なったり、巻爪にもなります。

また、親指の内側に負担がかかる状態になることによって、仮骨や変形がひどくなります。

 

足の筋力低下

足指の筋力低下が外反母趾の痛みにつながる原因です。
足指の筋力があえば、地面をしっかり踏ん張ることができるので、外反母趾にはなりません。

しかし、足指の筋力が低下してくると、足指で地面をしっかりと踏ん張ることができなくなり、親指が使えなくなります

 

足指の筋力が低下するのは、足裏への刺激が不足することで、足の筋肉を使う習慣がなくなってきたからです。

現代は、素足で歩くことも少なくなり、靴や靴下で守られているので、足裏への刺激が不足し、足裏の感覚が弱ってきているのです。

外反母趾も生活習慣病と言える症状だと思います。

 

外反母趾の症状は?

外反母趾の主な痛みの場所は、親指の横・裏の付け根、土踏まず、親指と人差し指の間など痛みの症状は個人差があります。

外反母趾の方の多くは骨ではなく筋肉、腱、靭帯などの血行不良が影響しているケースが高いです。

また、外反母趾の変形していても痛みがないケースもあり、痛みを感じるときには、症状かなりひどくなっていることが多いです。

なので、外反母趾の痛みがない状態でも、足の親指が変形していると気づかれた場合は、早めに足の専門院へ行かれることをおすすめします。

 

靴を履くと、飛び出ている部分が靴に当たり痛み、赤く腫れるといった状態になります。

さらにひどくなると、親指が左2番目の指の下に入り込んだり、反対に指の上に乗ってしまったりするケースもあります。

外反母趾は足の症状だけでなく、外反母趾の症状に伴って頭痛、肩こり、腰痛などの症状にもつながってきます。

 

外反母趾の種類

外反母趾には下記ような種類があります。

靭帯性外反母趾(じんたいせいがいはんぼし)

足先の横幅(横アーチ)を支えている横中足靭帯という靭帯が緩んでしまうことで、親指が小指側に曲がっている外反母趾です。

足の痛みを感じなくても、靭帯性外反母趾になっている場合があります。

 

仮骨性外反母趾(かこつせいがいはんぼし)

親指そのものはあまり曲がらないです。親指の付け根の骨だけが異常に大きく発育して出っ張り、外見上は曲がった様に見えてしまいます。

混合性外反母趾

主に靭帯性外反母趾と仮骨性外反母趾が合併したもので、肩こりや首の痛み、頭痛、腰痛などの症状を伴う場合があり、中年以降の女性に多く見られます。 

ハンマートウ性外反母趾

生まれつき、指が長い人や縮こまっている人になりやすく、指がハンマーのように縮こまっていたり、足先が細いなど、生まれつき外反母趾になりやすい先天的な要素を持った人に起こります。

病変性外反母趾

病変性(リウマチ、へバーデン結節など)や事故や骨折などにより発生し、変形や脱臼を伴なったまま縮こまるので、形を治すには手術以外には困難になります。

基本的には手術での対応になりますが、その手術も容易ではないため、医師と十分相談の上、対処法を検討することになります。

この病変性外反母趾は最も改善が難しい外反母趾です。

 

対処方法

病変性外反母趾を除く対処法になります。

ホーマン体操

幅の広いゴムバンドを使用します。

足を伸ばした状態で座り、両足の親指にゴムバンドを引っ掛けて行います。

 

両足の踵(かかと)をくっつけた状態で、両足を外側に開いていきます。

その開いた状態で5~10秒キープをした後に両足をもとの位置に戻します。

それを1セット20~30回を目安として行います。朝昼晩の1日3セットくらい行うと良いです。

行うときの注意点は親指に力を入れないのがポイントです。

歩き方を正す

歩き方ですが、踵から地面にしっかり着地し足裏の内側に重心を載せるように前方に体重移動し指を意識しながら地面を蹴るという感じです。

 

足に合った靴を履く

好みの靴を選ぶのは良いことですが、足に合わない靴は外反母趾の要因になるので自分の足にフィットし、動きやすい靴を履くようにしましょう。

 

運動する

足の指の運動を行います。

 

・椅子に座り、足の下にタオルをおきます。そのタオルを指でつまみ、手前に引くようにします。

・指のグッパー運動を行います。

外反母趾の痛みを治療するには?

外反母趾の痛みを治療する方法、外反母趾を迷わずに早期に改善するための手順についてご紹介していきます。

病院で今の状態を検査する

病院では、外反母趾の手術を勧めるところもありますが、足を手術するのは、リスクが高いので最終手段と思ってください。手術を否定はしませんが、できるだけ他の方法で根本的に改善するようにしましょう。

足の専門院へ行く

外反母趾の痛みに対しては、施術をすると痛みが減ってきます。
そのためには、外反母趾の知識がある院へ行くことがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

あなたもしくは、ご家族で外反母趾の方はおられますか?

外反母趾の痛みは、きちんと治療を行えば、痛みは必ず良くなっていきます。
外反母趾の原因は、ハイヒールなどを履くことでなるのではなく、男女問わず外反母趾になります。

一日でも早期に対処していきましょう。

あなたもしくは、ご家族の方で外反母趾の症状でお困りなら、いつでもご相談下さいね。

少しでもお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加