外反母趾の痛みを何とかしたい‼

「外反母趾の足の痛みを楽にしたい」

「痛みは改善するの?」

「足のどこに痛みがでてくるの?」

あなたはこれらのように不安に思ったり、感じたことはありませんか?

外反母趾で悩んでいる方や外反母趾にならないか不安になっている方はたくさんおられます。

今回は外反母趾の痛みと外反母趾の痛みの原因、外反母趾治療についてお伝えしていきますね。

外反母趾って何?

外反母趾とは、足の親指が小指側に15度以上曲がった状態のことをいいます。

足の母趾(足の親指)が小指側へ「くの字」に曲がってしまっている状態のことで、身体の中心から親指が外側の方に曲がっていることから外反母趾といわれています。

外反母趾は踵(かかと)から親指の付け根を定規であてた時の直線に対し親指が小指側に向いている角度を測ります。

正常であれば角度が5~8度です。15度を超えると外反母趾といわれ、20度までは軽症20度~40度までは中度 40度以上は重症の外反母趾となります。

外反母趾は親指の付け根の関節が突き出てしまうことで、その部分に炎症や痛みが起こってきます。

その主な要因が、足に合っていない靴だといわれています。

生活環境が変わり、靴を長い時間はくようになったことが、外反母趾の発症が増えている要因であると考えられています。

特に、ハイヒールによって外反母趾になる女性が急増しているといわれますが、子供や男性でも外反母趾になる人はいます。
外反母趾になると、身体のバランスが崩れるため、歩き方が不安定になりやすくなります

身体は、崩れないように別の部分でバランスをとろうとするため、頭痛や肩こり、腰痛と身体のいたるところに痛みやダルさを感じるようになりす。

外反母趾になることで、その痛みがこれから先も続くようになります。

外反母趾の痛む場所は?

外反母趾の主な痛みの場所は

親指の横

裏の付け根

土踏まず

親指と人差し指の間など

痛みの症状は個人差があります。外反母趾の方の多くは骨ではなく筋肉、腱、靭帯などの血行不良が影響しているケースが高いです。

また、外反母趾の変形していても痛みがないケースもあり、痛みを感じるときには、症状かなりひどくなっていることが多いです。

なので、外反母趾の痛みがない状態でも、足の親指が変形していると気づかれた場合は、早めに足の専門院へ行かれることをおすすめします。

靴を履くと、飛び出ている部分が靴に当たり痛み、赤く腫れるといった状態になります。

さらにひどくなると、親指が左2番目の指の下に入り込んだり、反対に指の上に乗ってしまったりするケースもあります。

外反母趾になると起こる症状

外反母趾になると、体のバランスが崩れるので、不調を引き起こしやすくなります。その外反母趾によって引き起こされる可能性のある症状をお伝えしていきますね。

  • 頭痛・偏頭痛
  • 更年期障害
  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 膝関節痛
  • 足底筋膜炎 など

外反母趾を改善することで、頭痛など原因不明の不調を改善するきっかけになるかもしれません。

 

外反母趾の要因

足底反射障害

現代と違い昔は手と同じ感覚で、足で自由に物をつかんだり、指を大きく広げることができました。現代は足裏を刺激するような不安定な道を歩かないので足裏への刺激が足りず、足裏の筋肉の発達不足になります。

そのため、指を大きく広げるための筋肉が低下していってしまい、足裏の横のアーチが崩れて足裏全体が横に広がることが多くなりました。足のアーチが崩れることで、足の親指の角度を保つ筋肉の力が弱くなり外反母趾を引き起こします。

その筋力の低下によって、足の指の力が低下し、足の指で踏ん張ることができなくなってしまいます。そうなると、歩いている時に足の親指は小指の方へ圧迫されて、親指が変形していくため、足裏の縦と横のアーチがなくなってしまい外反母趾が引き起こされるのです。

外反母趾は、女性の方だけでなく、小学生の子供や成人男性にも外反母趾になる方はいます。

間違った歩き方

外反母趾になる方の多くが間違った歩き方です。間違った歩き方とは、足の指で地面を踏ん張らずに、足の先が外向に流れてしまっている歩き方です。

歩く時は、かかとから着地するのではなく、つま先や足全体を地面につけるような歩き方をしていると、足の親指の付け根に負担がかかりやすくなります。

また内股になっている人も、歩いているときに親指の付け根に自然と負担がかかりやすくなります。負担がかかったを受けた親指は、徐々に変形して曲がっていき、外反母趾を引き起こします。

外反母趾になられた多くの方が「原因は合わない靴ですよね?」「ヒールのせいですよね」と言われます。

それが、本当に原因なのでしょうか?足に合わない靴、ヒールやパンプスなどは、外反母趾が悪化する要因にはなりますが、原因ではありません。

足指で踏ん張ることができないと、ペタペタとペンギンのような歩き方になり、足裏にある縦と横のアーチが崩れることで、足が横に広がっていきます。

この間違った歩き方を繰り返しおこなうことで、足の横幅がひろくなり、外反母趾の痛みが出てくるようになります。歩く動作は、正しく足を使う基本となります。

みなさんは日常の中で、何気なく歩いていますよね?

その普段の歩き方が間違っていると足への負担が大きくなり外反母趾の症状を悪化させている事が多いです。

ですから、根本的な歩き方に対して処置する必要があります。

KOTO整体院では外反母趾の対応と正しい歩き方の方法もお伝えしています。

このように足裏の筋力が低下した状態で、歩くと足先が外方向に流れるわるい歩き方になります。

このわるい歩き方を繰り返すと、中足骨という足の骨が歪みと捻れを起こし、外反母趾が進行してしまうのです。

扁平足

扁平足は、正しい歩き方が出来なくなり、足の筋肉を使っていないと足裏の縦のアーチが低下していってしまい外反母趾の原因になり、足指で踏ん張ることができない状態です。

縦のアーチがない足は扁平足といいますが、足のクッション機能がなくなり足に余分な負担がかかり、疲労感があるのも特徴です。その不安定な状態を体全身の筋肉で支えようとします。

全身の筋肉に負担がかかり、横のアーチがない足は開帳足(かいちょうそく)といい、横幅の広い足になってしまいます。
足の横幅が広くなるため、靴を履いた時に親指の部分が圧迫されやすく、外反母趾の原因にもなります。

ヒールやパンプス・自分の足に合っていない靴

靴のサイズの小さい靴や先が細い靴は、足を圧迫するので親指が変形する原因となります。ヒールが高い靴も足が前に滑りやすくなるため、つま先に負担がかかり外反母趾を引き起こしやすくなります。

合わない靴やヒールの高い靴は足を圧迫するだけでなく、歩くときに膝が曲がったり、歩く姿勢が悪くなったりすることで関節に負担をかけるため外反母趾の原因の一つと考えられています。

さらに、このような足の指が弱った状態でヒールやパンプスなどの先の細い靴をはくとその形に合わされるように親指が曲がってくるのです。

決して、先の細い靴を履くからといって、外反母趾になるとは限らないということを知っておいてください。

外反母趾の痛みを治療するには?

外反母趾の治療方法についてお伝えします。

自分の足に合った靴

靴を選ぶのには

  • サイズ
  • かかとのフィット感
  • 横幅
  • つま先が1cm~1.5cmの余裕

という4つのポイントをクリアにしていくと足に負担がかかりません。

外反母趾で「靴を履いてると足が痛くなる」という方は多いのではないでしょうか?

KOTO整体院に来られる患者さんのお話をお聞きしても、合わない靴を履くと痛いという方がとても多いです。

自分の足に合った靴を履くことは大切です。整形外科や自分に合った靴と併用して、歪み捻れを改善していくためには、整体という方法があります。

竹踏み

竹踏みをすることによって、硬くなっていた足裏の筋肉がほぐれて軟らかくなります。
筋肉が軟らかくなることで血流やリンパの流れが良くなるので、足の疲れも取ることができ、冷え・むくみなどの方にも効果があるとされています。

習慣づけて足裏を刺激すると、上手く使われずに弱っていた足指の筋肉がよみがえり、足裏のアーチが作られていきます。

ホ―マン体操

幅の広いゴムバンドを使用します。

①  足を伸ばした状態で座り、両足の親指にゴムバンドを引っ掛けて行います。

②  両足の踵(かかと)をくっつけた状態で、両足を外側に開いていきます。

③  その開いた状態10秒キープをした後に両足をもとの位置に戻します。

1セット30回を目安として行います。朝昼晩の1日3セットくらい行うと良いです。

行うときの注意点は親指に力を入れないのがポイントです。

薬物療法

外反母趾の原因となる立ち方・歩き方は薬で治す事はできません。
しかし、痛みや炎症でどうしようもないという方は病院へ行って薬を処方してもらった方がいいでしょう。
一ヶ所の痛みがある外反母趾の薬物療法は湿布剤や軟膏の薬を使用します。

手術療法

外反母趾の症状が軽症の方は、手術をしなくても痛みを和らげることができます。しかし、変形してしまった骨を治すことはできません。日常生活で痛みが強く我慢できない場合には、手術が必要になることもあります。
外反母趾の手術方法は、外反母趾の症状に合わせた手術方法で行っていきます。

足の専門院へ行く

外反母趾の痛みに対しては、施術をすると痛みが減ってきます。
そのためには、外反母趾の知識がある院へ行くことがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

あなたもしくは、ご家族で外反母趾の方はおられますか?

外反母趾の痛みは、きちんと治療を行えば、痛みは必ず良くなっていきます。
外反母趾は必ずしも、ハイヒールなどを履くことでなるのではなく、歩き方に要因があります。男女問わず外反母趾になる可能性はあるので注意しましょう。

外反母趾の方は、一日でも早期に対処していきましょう。

あなたもしくは、ご家族の方で外反母趾の症状でお困りなら、いつでもご相談下さいね。

少しでもお役に立てれば幸いです。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加