外反母趾の治療は何があるの?

「外反母趾と診断されたけど、どんな治療法があるの?」

「家族で外反母趾になっているけれど何をすればいいの?」

「治療は手術しか方法はないの?」

このようなお悩みはありませんか?

外反母趾とは一体何なのか??外反母趾になる人とならない人の違いは何なのか??

足の痛み症状が外反母趾によって出ているもので、そのままほっておくと更に悪化していきます。

この記事では、なぜ外反母趾になるのか?その原因と外反母趾の治療方法について紹介していきますね。

これから外反母趾を治療をしていこうと考えられているのであれば、あなたのお役に立てると思います。

外反母趾とは一体何?

足の親指が小指側へくの字のように曲がってしまっている状態のことを外反母趾といいます。

外反母趾は足のかかとから親指の付け根を定規であてた時の直線に対し親指が小指側に向いている角度を測ります。

正常な角度が5~8度

15度を超えると外反母趾といわれています。

20度までは軽症

20度~40度までは中度

40度以上は重症

の3つにわけられます。

外反母趾は親指の付け根の関節が突き出すことで、治療しないとその部分に炎症や痛みが引き起こされてきます。そのほとんどの要因が、自分の足に合っていない靴だといわれています。生活環境が変わり、長い時間 靴をはくようになったことが、外反母趾の発症が増えている要因であると考えられています。

外反母趾は女性になりやすく急増しているといわれますが、子供や男性でも外反母趾になる人はいます。外反母趾になると、身体のバランスが崩れるため、歩き方が不安定になることが多いです。

歩き方が不安定になることで身体は、崩れないように別の部分でバランスをとろうとするため、頭痛や肩こり、腰痛と身体のいたるところに痛みやダルさを感じるようになり、外反母趾によって様々な痛みがこれから先も続くようになります。

 治療も大事ですが外反母趾になる原因をわかっていなければ、外反母趾を繰り返すことにもつながってきます。

その、外反母趾になる原因をご紹介していきます。

 

足の甲(こう)が硬い

外反母趾で足裏に異常がある多くの方は親指の踏ん張る力がなく足の指を上にそらして歩くため、足の甲の部分に体重が集中してきます。その負担が積み重なることにより炎症や変形を引き起こします。

負担が積み重なると、足の甲が硬くなっていきます。

足の甲の部分が硬くなってることで、歩いている時に足首の動きがスムーズに曲がらなくなります。外反母趾だけでなく、浮指や扁平足も足の甲に負担がかかり硬くなります。これが日常生活やスポーツの中で繰り返されることで、足の甲に負担がかかった状態が続き、足の指が曲がって外反母趾になってしまいます。

 

浮き指

浮指は足指が浮き上がり地面にしっかりと接地しない、もしくは接地できない状態をいいます。

スリッパ・サンダルを履くことによって、靴が脱げないように足指を上にあげて靴を引っかけて無意識に歩くように癖ついています。その状態では体の後ろの方に重心がのってきます。指で地面を蹴る筋肉や指を握る筋肉が弱くなってくるため、足指が浮いて外反浮き指になってしまいます。

 

扁平足

扁平足とは、足の筋肉を使っていないと足裏のアーチが低下していってしまい、足指で踏ん張ることができない状態です。

縦のアーチがない足は扁平足といいますが、足のクッション機能がなくなり足に余分な負担がかかり、疲労感があるのも特徴です。その不安定な状態を体全身の筋肉で支えようとします。

 

歩く時に指を使っていない

外反母趾になる原因の一つは足の指を使わない歩き方のことです。歩いている動きの中で正しく指が使われていないことが多いです。足の指は手の指と比べて日常生活で握る動作が少ないので、握る筋肉は地面に着いて体重を支える時に働きをします。

外反母趾は、指が体重を正しく支えていないことで指の筋力が低下した結果です

 

ヒール・パンプス

外反母趾になる原因となるのが環境要因です。その主な要因が、自分の足に合っていない靴だといわれています。

特に、ヒール・パンプスは高さがあるほど足の指に重心がかかってきます。安定感が悪いため体重を前にかけてしまいます。ヒール・パンプスの足先が細くなっているので、あの足先のように足が矯正されてしまいます
外反母趾になると、身体のバランスが崩れるため、歩き方がさらに不安定になりやすくなります。

 

足の筋力低下

足指の筋力低下が外反母趾の痛みにつながる原因です。
足指の筋力が低下するのは、足裏への刺激が不足することで、足の筋肉を使う習慣がなくなってきたからです。

現代は、素足で歩くことも少なくなり、靴や靴下で守られているので、足裏への刺激が不足し、足裏の感覚が弱ってきているのです。

 

正しくない歩き方

外反母趾になる方の多くが、正しくない歩き方です。

間違った歩き方とは、足の指で地面を踏ん張らずに、足の先が外向に流れてしまっている歩き方です。

足指で踏ん張ることができないと、ペタペタとペンギンのような歩き方になり、足裏にある縦と横のアーチが崩れることで、足が横に広がっていきます。

この間違った歩き方を繰り返しおこなうことで、足の横幅がひろくなり、外反母趾の痛みが出てくるようになります。

歩く動作は、正しく足を使う基本となります。

KOTO整体院では外反母趾の対応と正しい歩き方の方法もお伝えしています。


外反母趾の症状

外反母趾の特徴的な症状は足の親指の先が人差し指のほうに「くの字」に曲がり、つけ根の関節の内側の突き出したところが痛みます。主な痛みの場所は、親指の横・裏の付け根、土踏まず、親指と人差し指の間など痛みの症状は個人差があります。

外反母趾の方の多くは骨ではなく筋肉、腱、靭帯などの血行不良が影響しているケースが高いです。

また、外反母趾の変形していても痛みがないケースもあり、痛みを感じるときには、症状かなりひどくなっていることが多いです。

なので、外反母趾の痛みがない状態でも、足の親指が変形していると気づかれた場合は、早めに外反母趾の専門院へ治療に行かれることをおすすめします。

靴を履くと、飛び出ている部分が靴に当たり痛み、赤く腫れるといった状態になります。

外反母趾は治療しないと足の症状だけでなく、外反母趾の症状に伴って頭痛、肩こり、腰痛などの症状にもつながってきます。

 

外反母趾の痛みを治療するには?

正しい歩き方

人間は2足歩行をしています。日常生活の中で一体どのような歩き方をしているのかどうかで外反母趾になりやすい人となりにくい人に分かれてきます。そして、現在の歩き方を確認し治療することが大事になってきます。

普段の歩き方と正しい歩き方を比べて、正しい歩き方の少しずつ近づけていく事が大切になります。

外反母趾の手術や外反母趾が病院へいって治療し治ったとしても、歩き方が変わっていなければ、外反母趾が再発することがあります。

歩き方の治療ポイントは、踵から地面にしっかり着地し足裏の内側に重心を載せるように前方に体重移動し指を意識しながら地面を蹴るという感じです。

 

竹踏み

治療として竹踏みはお勧めです。竹踏みをすることによって、硬くなっていた足裏の筋肉がほぐれて軟らかくなります。
筋肉が軟らかくなることで血流やリンパの流れが良くなるので、足の疲れも取ることができ、冷え・むくみなどの方治療効果があるとされています。

習慣づけて足裏を刺激し治療すると、上手く使われずに弱っていた足指の筋肉がよみがえり、足裏のアーチが作られていきます。

 

ホ―マン体操

幅の広いゴムバンドを使用した治療です。

①  足を伸ばした状態で座り、両足の親指にゴムバンドを引っ掛けて行います。

②  両足の踵(かかと)をくっつけた状態で、両足を外側に開いていきます。

③  その開いた状態10秒キープをした後に両足をもとの位置に戻します。

1セット30回を目安として治療します。朝昼晩の1日3セットくらい行うと治療効果として良いです。

行うときの注意点は親指に力を入れないのが治療ポイントです。

 

足指の体操

足の指でグーとパーを交互に作る体操が治療効果があります。この体操をすることで親指を支えている筋肉をきたえることができます。外反母趾の軽度~中度であれば外反母趾の進行を止める治療効果を期待できます。グーの時は全ての指を曲げて、パーの時は全ての指を開きましょう。このとき親指が開いていることが治療ポイントです。

 

ストレッチとマッサージ

足の親指を時計回りと反対回りにぐるぐる回すことによって血液の流れも良くなる治療です。毎日続けると筋肉が柔らかくなり改善していきます。

特に、治療ポイントとして足のすねの部分を痛気持ちいくらいの強さで押すことによって足の親指を内側に引っ張る筋肉を緩めることができます。その筋肉が緩んでくると歩くときの痛みが軽減してきます。

 

靴選び

治療として靴はどういったものを選んでいますか??おしゃれを優先していませんか?
外の道はコンクリートでできています。地面がかたいので歩いている時は足に大きな負担がかかってきます。足は4地面と接する部分なので、靴選びは治療ポイントなります。
足先が細くなくて、かかとが高くない靴が理想です。足の指が靴の中で動くように、つま先は1センチほど余裕があるのを治療としておすすめします。
足に合ってない靴は、治療の効果を下げ外反母趾の原因となるので足に合った靴を履きましょう。

薬物療法

外反母趾の原因となる立ち方・歩き方は薬で治療する事はできません。
しかし、痛みや炎症でどうしようもないという方は病院へ行って薬を処方してもらった方がいいでしょう。
一ヶ所の痛みがある外反母趾の薬物療法は治療として湿布剤や軟膏の薬を使用します。

手術療法

外反母趾の症状が軽症の方は、手術をしなくても痛みを和らげることができます。しかし、治療として変形してしまった骨を治すことはできません。日常生活で痛みが強く我慢できない場合には、手術が必要になることもあります。
外反母趾の手術方法は、外反母趾の症状に合わせた手術方法で行っていきます。

外反母趾の専門院へ行く

外反母趾の痛みに対しては、施術をし治療すると痛みが軽減してきます。
そのためには、外反母趾の知識がある専門院へ治療に行くことをおすすめします。

 

 まとめ

いかがでしたか?

外反母趾の痛みは、治療を行えば、痛みは軽減してきます。

外反母趾は治療せず、ほおっておくとさらに進行してきます。今は痛みを感じていなくても日に日に負担がかかり大きな症状としてでてきます。
また、外反母趾は男女問わず外反母趾になります。

あなたもしくは、外反母趾の症状でお困りなら、いつでも治療のご相談下さいね。

少しでもお役に立てれば幸いです。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加