自分でできるストレートネックの治し方とは?

「ストレートネックをなんとかしたい!」

「治し方はどんなのがあるの?」

「ストレートネックは治るの??」

あなたはこのように思われたことはありませんか?

今回はストレートネックで悩みの方に向けて書いています。

ストレートネックの治し方についてご紹介していきますが、ストレートネックとは何なのか?についても知っておきましょう。

ストレートネックとは?

人間の頭の重さは約5㎏といわれているので、その頭が前に倒れると首から肩、背中の筋肉が頭の重さによって引き伸ばされます。

ストレートネックになると、首の弯曲がなくなるため18~27kgの負担が首や肩にかかります。

デスクワークの仕事や家事・育児などで前傾姿勢や猫背の状態の時間が長くなると、頭が前に倒れるため、首の骨がゆるやかなS字を無くして真っすぐな状態になりやすくなり、この状態になることを「ストレートネック」といいます。

ストレートネックの治療法をご紹介するまえにストレートネックについて知っておきましょう。

正常な頸椎首の骨)はゆるやかなS字に曲がっていることで頭の重みを分散させて、体への負担を少なくすることができています。

デスクワークや携帯の画面を見ていると、頭が前かがみになって頭が前に傾いていきます。

この状態が長い時間続くと頭の重みからくる負担が分散されにくくなり、肩こりの原因になり、頭の位置が悪くなる事で緊張型頭痛を引き起こす原因となります。

ストレートネックのチェック

あなたがストレートネックなのかどうか知りたいときは、壁を使ってセルフチェックを行いましょう。

まずは、体全体の力を抜いて壁を背にして立ち、肩・お尻・かかとの3点を壁にくっつけるだけです。

壁につけたときに、後頭部が壁についていればストレートネックの心配はありませんが、頭と壁の間に指1本分以上の隙間ができる場合はストレートネックの可能性があります。

ストレートネックの治し方

ストレートネックの治し方もさまざまな方法があります。今回は3点お伝えしていくので是非参考にしてみてください。

姿勢

読書や携帯電話を使うときの姿勢には注意が必要です。うつむいている姿勢の状態は、頭を前に突き出してしまう姿勢になるので、ストレートネックを引き起こす要因となるのです。
読書や携帯電話を顔と同じくらいの高さに上げることで、うつむいた姿勢が軽減されストレートネックの予防にもなります。

理想的な姿勢はアゴを軽く引いた状態で顔が自然と正面を向くことです。頭のてっぺんを上から糸で吊っているような感覚を意識してみましょう。

  • 姿勢は手を後ろに組んでグーとそらせましょう。
  • 枕なしで仰向けに寝ると頚椎にかかる負担が軽減されるので、ストレートネックからくる肩こりを軽減できる。

あご押し

まず、頭と背なかを真っすぐにしましょう体の位置は固定したまま、頭をできるだけ前方向に出します。次に、あごに手を当てて、水平にスライドさせるように後ろへ押していきます
※このとき、押すときは、強めに押していきます。

上記の動きを繰り返し行うことで、固まっていた首の関節がゆるみ、動きがつきやすくなってきます。

きちんと、正しい動かし方ができていれば、首の骨は、本来の正しいカーブに戻っていきます。これらを習慣づければ、1カ月ほどでストレートネックが治っていきます。

あご押しの動作がうまくできないときは、背中を壁につけて行うとやりやすいです。

特に回数に制限はないため、1日に何回行っても大丈夫です。デスクワークなどでお仕事をされる方の場合は、30分に一度ぐらい行うのが理想的な間隔になります。

継続することが非常に重要なので、日常生活の合間で取り入れ、くり返し行うと効果的です。

高い枕で寝ることによって、首や肩周りの筋肉が緊張し、こりや張りを引き起こす要因になります。

高い枕を使っているという方は、高い枕を使用しないようにしましょう。枕を使用する場合は、寝返りが打ちやすい枕や低い枕を使用することをおすすめします。

また、枕なしで寝ると後頭部が安定しなくなります。そのため、頸椎に負担がかかる場合があるので、おすすめできません。

あなたに合った、枕を探してみましょう。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加