自律神経の乱れが顎関節症に??

  • あくびしたり、ご飯を食べるときに顎が痛くて困る
  • マウスピースをしても改善しない
  • 顎が気になって身体が疲れる

あなたはこのように感じてはいませんか?

実は、あなたの顎関節症が自律神経の乱れによって引き起こされているかもしれません。

今回は顎の症状と自律神経の関係性についてお話していきます。

顎関節とは?

あごの関節は人体のなかで、1番よく使われている関節です。
人ぼあごは1日に2000回以上、開けたり閉めたり繰り返し動かしているといわれています。
食事を行うとき、会話をしているとき、あくび、いびきなど様々な動きのときに動いています。

あごの食いしばる力は、体重50kgの人なら、約50kgの力で噛むのが最大といわれています。そのため日常生活で一番強い力がかかっているのも顎関節になります。

あごは非常に繊細の部分になり、歪みやすい構造をしているので、何らかの障害もなく、一生を過ごせることがあれば、奇跡に近いようなものです。

顎関節症とは

顎関節症は、顎関節やあごを動かしているときの痛み、顎関節に音がする、口を開けたり閉じたりの運動に異常のある障害をまとめた病名になります。

生きている間に、2人に1人は顎関節症に経験すると言われているほど多くの方がなるといわれています。顎関節症の症状が音だけである場合、肩や首を回して、動かしたりすることで音が出ているのと同じ状況をいいます。普段そのような音が鳴った場合、音を気にして病院へ受診する人は少ないと思います。

しかし、顎関節の場合は耳のすぐ隣にあるので「音が気になる」という人がたくさんおられます。顎関節症の症状が出ていたとしても、あごの痛みや口の開けにくさが一時的な場合や音が鳴るだけで他の症状がないのであれば治療の必要はないかもしれません。

顎関節症で医療機関に来院される患者さんでは男性よりも女性の方が多く、年齢は10歳代後半から増加しますが、20~30歳代で多くなり、年齢が増えるとともに来院する患者さんの数は減少します。軽症なら自然に治ることもありますが、放置しておくと症状が重くなり、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、口が開けられずに食事が摂れなくなったりすることがあるので注意が必要です。

顎関節症の症状と原因

顎関節症の主な症状である、あごが痛む、口が開かない、あごを動かすとカクカク音がするといった症状はありませんか?病院で診断を受けて病気がない場合は、顎関節症になります。

顎関節症の症状は主にこちらになります。

  • あごの痛み

口を大きく開けたり閉めたりするとき、食べ物を噛むときにあごに痛みが出ます。特に口を開けたり閉めたりしない状態の時には痛みが出ない事が多いです。

痛みがあるのは顎関節、こめかみ周辺が多いですが、場合によっては頬(ほほ)のあたりまで痛みを感じる場合もあります。

  • 口を大きく開けられない

この場合、顎関節部に痛みがあって動きを抑えている状態や、顎関節部の異常のせいで関節が動かなくなっている状態などがあります。どちらも顎関節症になりますね。

  • 顎関節の異常音

顎関節症の場合は口を動かしたとき、耳の前方部分に「ポキポキ」「カクカク」「ジャリジャリ」といった骨がこすれているような音が鳴るのが特徴になります。

あごに音が鳴るだけでも顎関節症に分類されます。小さな症状を感じられる場合はすみやかに医療機関へ行かれることをおすすめします。

自律神経の乱れ・首の歪みが顎関節症の原因となっていると言われています。

自律神経の乱れ

日常生活を送っていると、仕事でのストレス社会と言う言葉もあるほど、私たちの身体には身体的、精神的ストレスが溜まっています。

そのストレスも自律神経との関係が深くあります。

人間の身体には自律神経という神経があり、交感神経(興奮、緊張状態)と副交感神経(抑制、リラックス状態)とが入れ替わりシーソーのようにバランスをとりあっています心理的にストレスがかかる状況になると身体にも力が入り緊張状態になります。

これは、自律神経が乱れ交感神経という緊張する神経が副交感神経に比べて優位になっていることになります。

交感神経が優位になると身体に力が入り歯を食いしばってしまうので、顎の関節に非常に大きな力が継続して加わってしまいます。

首の歪みからくるもの

首が前に歪んで顔が突き出したようになっている方は、顎が力学的に開けにくくなってしまいます。

そのような状態で食事をしていると、いつの間にか顎の関節がボロボロになってしまい痛みや音がなるような状態を引き起こしやすくなります。

顎関節は、側頭骨(そくとうこつ)と下顎骨(かがくこつ)という骨で関節を作っています。

背骨や骨盤が歪むように、顎の関節も歪んでしまいます。イメージしやすいのが、顎に肘をつくような姿勢をすることによって歪むのは何となく想像ができるでしょうか?

噛む力は体重50kgある方であれば最大約50kgの力があるので、あごが歪んでしまうと関節がぶつかるので、軟骨が磨り減ることによって炎症を引き起こします。

そのような状態が続くと、噛み癖が変な状態になり歯並びも悪くなってしまいます。

歯科では、歯並びの矯正をしてくれますが、顎関節に対してはマウスピースを作ることだけであごに関しての施術はしてくれません。

なので、歯科では顎関節を改善することが出来ないのです。

顎関節症と自律神経の関係

常に気が張っている人や神経質な人、不安状態にある人などは身体が緊張していて、力が入りやすくなっているため、筋肉が緊張しやすくなります。緊張が続くことで身体が疲労し筋肉痛になったり、筋肉の緊張が顎の関節へと負担が大きくかかってしまいます。

また、精神的緊張が歯を食いしばるなどの歯の接触する時間を長くしてしまい、顎関節症を引き起こす要因になります。

人間の身体には自律神経という神経があり、交感神経(興奮、緊張状態)と副交感神経(抑制、リラックス状態)とが入れ替わりシーソーのようにバランスをとりあっています。心理的にストレスがかかる状況になると身体にも力が入り緊張状態になります。

これは、自律神経が乱れ交感神経という緊張する神経が副交感神経に比べて優位になっていることになります。

交感神経が優位になると身体に力が入り歯を食いしばってしまうので、顎の関節に非常に大きな力が継続して加わってしまいます。

 

 自律神経の乱れを予防・改善方法

私たちの体には「体内時計と呼ばれる生体リズムがあり」食事や睡眠など、1日の行動パターンに合わせて神経や内臓が動くように調節されています。自律神経を整えるためのポイントをお伝えしていきます。

生活サイクルを整える

睡眠は筋肉や神経の回復に1番効果的といわれていますが、ただただ寝れば良いことではありません。

健康に最適な睡眠時間は7時間だといわれています。睡眠時間にも個人差はありますが、短くても、長くてもいけません。

顎関節症でお悩みのある多くの方が、質の良い睡眠がとれていません。

夜ふかしをしたり、毎朝の朝食を抜いたりすると回復力が低下します。また体内のリズムが狂い、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

きちんと睡眠がとれていないと体の緊張や疲れが取れにくいため顎関節症だけでなく肩こり、頭痛やめまいがひどくなるという悪循環にもなります。

食生活では、栄養素をバランスよく摂取するようにしましょう。暴飲暴食には注意しましょう。

胃腸が弱くなると、その周辺の筋肉も弱くなり、それが原因で筋肉も硬くなるため、血流の悪化に身体の疲労が引き起こされるといわれています。

 

ストレスをため込まない

身体的・精神的ストレスによって自律神経のバランスが崩れると、顎関節症の要因になります。

好きなスポーツや映画鑑賞、読書などでストレス発散させることも大切です。

ストレスは必ず感じるものです。ストレスとうまくつきあっていけることは大きな進歩となります。考えや物事を否定的にとらえやすい方は、前向きになるように考えれてくるとストレスの大きさが小さくなります。

リフレッシュタイムをつくる

好きな音楽を聴くことも良いことです。ぬるめのお湯につかると全身の疲れもとれやすいのでおすすめです。ストレッチやお風呂に浸かることで気分も落ち着き、免疫機能を高めます。

また、39°前後の湯で10分の入浴がオススメです適度に汗もかくのでお風呂に入る前と後でコップ一杯の水を飲むようにしましょう

お湯に浸かることで血行促進につながりますよ。

ワーキングライフを見直す

仕事で働き過ぎている場合は残業をなくすように仕事の進行計画を見直したり、可能であれば夜勤と日勤の変更をしてもらうようにすると身体の負担が大幅に軽減してきます。

働くことは大事ですが、あなたの健康があっての身体になります。もう一度ワーキングライフを見直して健康維持につとめていきましょう。

適度な運動・ストレッチ

ランニングやウォーキングなどをするとストレス発散にもなり自律神経も整いやすくなります

適度な運動で筋力をつけることで筋肉疲労が解消し、血行がよくなります。

さらには基礎代謝が上がることによって、身体の熱を産生し血行が促進されます。血行が促進されると身体に溜まった老廃物も排出しやすくなります。

また、スポーツによって、足首を痛めたり炎症を起こしている場合は、痛めた部分は温めるよりも冷やすことで痛みを取りましょう。

アイシングは、湿布を使わず、氷水で15分間冷やすことが効果的です。

まとめ

あなたはいかがですか?

顎関節症は生活習慣や運動、ストレッチを毎日コツコツ重ねていくと自律神経の乱れや身体への負担は減ってきます。

しかし、改善しなければ変わるどころか、症状は悪化していきます。

なので少しずつで構わないので予防・改善方法を試してくださいね。

あなたがもし、お体での悩みご相談あればお気軽にお問い合わせくださいね。

 

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加