マウスピースで顎関節症が悪化するって本当!?

 

  • ご飯を食べるときに顎が痛くなる…
  • マウスピースをしてもなかなか改善しない

あなたはこのように感じてはいませんか?

もしかすると、あなたは顎関節症なのかもしれません。

顎関節症の方でマウスピースをしている人で、なかなか改善されていない方も中におられます。マウスピースをして顎関節症が悪化するケースもあります。

今回は顎関節症とマウスピースの関係について書いていきます。是非参考にしてみてくださいね。

顎関節症とは

顎関節症は、あごを動かしているときの痛み、顎関節に異常な音がする、口を開けたり閉じたりの運動に異常のある障害をまとめた病名になります。

顎関節症で医療機関に来院される患者さんでは男性よりも女性の方が多いのが特徴です。

顎関節症の方がマウスピースを使用されて悪化してしまったケースもあります。マウスピースはすべての顎関節症の方に効果を出すことは難しいです。

顎関節症を引き起こしやすい年齢は10歳代後半、20~30歳代で多くなり、年齢が増えるとともに来院する患者さんの数は減少します。

軽症なら自然に治ることもありますが、放置しておくと症状が重くなり、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、口が開けられずに食事が摂れなくなったりすることがあるので注意が必要です。

生きている間に、2人に1人は顎関節症を経験すると言われているほど多くの方がなるといわれています。顎関節症の症状が音だけである場合、肩や首を回して、動かしたりすることで音が出ているのと同じ状況をいいます。普段そのような音が鳴った場合、音を気にして病院へ受診する人は少ないといわれています。

顎関節症の症状

顎関節症の症状は主にこちらになります。

  • あごの痛み

口を大きく開けたり閉めたりするとき、食べ物を噛むときにあごに痛みが出ます。特に口を開けたり閉めたりしない状態の時には痛みが出ない事が多いです。

  • 口を大きく開けられない

この場合、顎関節部に痛みがあって動きを抑えている状態や、顎関節部の異常のせいで関節が動かなくなっている状態などがあります。どちらも顎関節症になりますね。

  • 顎関節の異常音

顎関節症の場合は口を動かしたとき、耳の前方部分に「ポキポキ」「カクカク」「ジャリジャリ」といった骨がこすれているような音が鳴るのが特徴になります。

あごに音が鳴るだけでも顎関節症に分類されます。小さな症状を感じられる場合はすみやかに医療機関へ行かれることをおすすめします。

次にマウスピースをすると顎関節症が悪化するのか?についてかいていきます。

マウスピースが悪化を招くの?

顎関節症の方がマウスピースを使用されて悪化してしまったケースもあります。マウスピースはすべての顎関節症の方に効果を出すことは難しいです。

なぜなら、顎関節症はすべての人が同じ状態ではないからです。生活を送っているひとすべての人が同じ顎の動き、使い方ではないのです。

あなたがもし、マウスピースを付けていて何も効果がない場合は、マウスピースをつけなくてもいいかもしれません。

マウスピースで顎関節症の治療をする点で注意していただきたいのが、長期間マウスピースを使用しても、なかなか効果がない場合です。長期間にわたってマウスピースを使用することで、かえって顎のズレをひきおこす引き起こすケースがあります。

マウスピースは、噛み合わせると顎の位置を良い方に誘導するものになります。しかし、マウスピースによって悪い方に誘導された場合はどうなるでしょうか?

マウスピースを作られる場合は知識と技術のある歯科医師をみつけましょう。

「家に近いところでいいや」と思われる方もいますが、これから先の顎の状態をよくしたい!と強く思う方はいくつかの歯科医師をみてくださいね。

もちろん歯科医師を否定している訳ではありません。当院に来られる方の一つの悩みだからです。

マウスピースを3ヶ月程度 装着しても顎関節症がなかなか改善のない場合は悪化させるケースがあるので、マウスピースによる治療を一旦止めて歯科医師に相談することをおすすめします。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加