顎関節症による夜のマウスピースについて

67fb4d05cca26b5b314c266954458cb7_l顎が痛くて話しづらい時がある、口が開けにくく食事しにくい、歯の食いしばりがあるためマウスピースをしているが気持ちが悪い、不快な音がする、などあなたはこんな悩みをもってはないでしょうか?もしかするとその症状、顎関節症になってしまっているかもしれません。最近顎の痛みや、動かしづらさ、食いしばりで当院に来院される方が増えてきています。

今回は顎関節症による夜のマウスピースについてお伝えしていきますね。

まず最初にそもそも顎関節症とはどういった症状なのか知らない方もいらっしゃると思うので説明していきますね。

 

 

顎関節症とは

まず顎の構造はとても入り組んだ状態で複雑に動いています。この顎の関節に対して何らかの原因が起こり痛みや動きが悪くなることを顎関節症と言います。

一言に顎関節症といえども様々あり、食べ物を食べる際の咀嚼筋の痛みによる咀嚼筋障害であったり、直接顎の関節部の障害が起こる関節円盤障害や、外傷などのよって変形してしまう変形性関節症なども顎関節症と言います。

次に顎関節症になるとどういった症状が出てくるのかお伝えしていきますね。

 

顎関節症による症状

症状としては例えば食事の時に食べ物を噛むことで顎に痛みが出たり、口の開閉時に痛みがでたり、喋っていると段々顎にダルさがでてきたり、口をあくびなどして大きく開けるたびにガクッと引っかかりがあったり外れそうになったり、寝ている間に食いしばっていたり、寝起きに食いしばっていた感じが残っていたり、耳近くでゴリゴリと異音がしたりします。

では実際なぜこのような顎関節症になってしまうのか原因について説明しますね。

 

 

 

 

顎関節症の原因

原因は様々ですが噛み合わせの異常や過度なストレスによって筋緊張が長く続いていたり、歯ぎしり、顎に外傷的な負荷がかかってしまった、また片噛みによってズレが生まれてしまったりなんかが一般的に言われています。

では一般的に顎関節症になるとどういった治療を行うのかお伝えしていきますね。

 

顎関節症の治療

ほとんどの場合マウスピースによる治療を行います。これをスプリント療法と言い、効果としては夜の睡眠中の食いしばりや歯ぎしり、顎の関節への負担を減らすようにしたり、噛み合わせ異常による口腔環境へのストレスを減らす役割があります。

マウスピースで症状が落ち着いてきたら咬み合せを検査し、それに合うように噛み合わせを調節していきます。例えばかぶせ物やブリッジ、義歯などで噛み合わせを改善し、顎にかかる負担を減らします。

まとめ

顎関節症による夜のマウスピースについて書きましたが、顎関節症はストレスなどによっても引き起こされやすいです。

日常からストレスをためないようにすることや、ストレスが溜まっても好きな趣味など自分の時間をたまには作って発散するようにしてくださいね。

\この記事は私が書きました/

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加