あなたの吐き気の症状は過敏性腸症候群かも!?

「下痢症状の他に吐き気も感じる…」

「吐き気の症状が長く続いている。」

あなたはこのように思われたことはありませんか?

もしかすると、それは過敏性腸症候群かもしれません。

過敏性腸症候群の主な症状は下痢や便秘といった症状がみられますが、吐き気症状を訴える方もいます。

今回は吐き気の症状で悩まれている過敏性腸症候群の方に向けて書いています。

過敏性腸症候群とはどんな病気なのか?なぜ吐き気の症状が出るのか!?について説明していきます。

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群とは、血液検査や内視鏡、腸の検査をしても異常がないのに、下痢や便秘、便通異常が慢性的もしくは再発的に持続する状態を言います。

過敏性腸症候群の主な症状は下痢や便秘といった症状がみられますが、吐き気症状を感じる方もいます。

この過敏性腸症候群は、思春期から40代に多い病気ですが、最近では小学生や中学生にも増えています。このように比較的若い年齢層に多いのが特徴です。

過敏性腸症候群の症状が進行すると下痢が気になってしまい、トイレの心配して、交通機関に乗れないといった支障が出てきます。

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群の症状は

  • 下痢型
  • 便秘型
  • 交替型
  • ガス型

上記の4つに分類されています。

それぞれの分類の症状についてみてきましょう。

ふとした時に腹痛や下痢の症状が起こる。
下痢型の場合、すぐにトイレに行けない状況などに症状が起こりやすく、比較的男性に多いのが特徴です。

便

腸の動きが悪くなり、腸の運動が正しく行われないことで便が出にくくなる状態を便秘型といい、比較的女性に多いのが特徴です。

便秘と下痢の症状が交互に繰り返される症状を交替型といいます。

ガス型

ガスが腸内に溜まりやすく、おならが頻繁に出るのが特徴です。

過敏性腸症候群の原因とは

過敏性腸症候群の原因はストレス、不規則な生活、精神的な緊張や不安などがありますが、大きな原因となっているのが、姿勢とリンパの流れにあります。

姿勢が悪くなることで、リンパの流れも悪くなり腸で滞った状態が続いてしまうと、慢性的な炎症が引き起こされてきます。

慢性的な炎症状態が続き、ストレスがきっかけとなって過敏性腸症候群を引き起こします。

吐き気の原因は一体何なの?

過敏性腸症候群の吐き気の原因は一体何なのでしょうか?

人間の身体は口から肛門までトンネルのように一本に繋がっています。

肥満体型の方だけでなく、猫背の姿勢の場合、お腹に圧が加わって内臓を圧迫します

腸の中で便やガスが滞ってしまうと、胃を下から圧迫してしまい吐き気を引き起こしてしまいます

このように、腸に便やガスが溜まってしまうのには自律神経の働きが関係しています。

人間の身体には自律神経という神経があり、交感神経(興奮、緊張状態)と副交感神経(抑制、リラックス状態)とが入れ替わりシーソーのようにバランスをとりあっています。心理的にストレスがかかる状況になると身体にも力が入り緊張状態になります。

自律神経は、自分の意思とは無関係に24時間調整してくれる神経です呼吸器官や消化器官、体温調節機能といった、私たちの体の生命維持機能をコントロールする役割を担っています。

交感神経の主な働きは集中力を高める呼吸が早く・浅くなる心臓をドキドキさせるといった働きがあります。

身体が緊張している時やストレスを感じている時は、交感神経の働きが大きくなります。交感神経が優位になることで吐き気の症状引き起こします。

交感神経が優位になる原因は下記のようなことが考えられます。

  • 人間関係のストレス
  • 責任・プレッシャー
  • 家の問題
  • 仕事のストレス
  • 乱れた生活習慣
  • 寝不足

このような様々なストレスが、吐き気を引き起こす原因として考えられています。

まとめ

いかがでしょうか?

今回は過敏性腸症候群の症状である吐き気にについて説明しました。

過敏性腸症候群の原因は姿勢とリンパの流れにあります。

その他にはストレスとも関係があり、吐き気の症状とストレスは直接的な原因ではありませんが、ストレスが誘因となって吐き気を引き起こすことがあります。

普段の日常生活のなかにきっとストレスがあると思います。小さなストレスが積もっていくと、やがて大きなストレスになる場合があります。

日常生活を見直して小さなストレスから発散していきましょう。

\この記事は私が書きました/

上嶋 健五(うえじま けんご)

上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加