過敏性腸症候群の食事でチーズは良いの?悪いの?

「過敏性腸症候群にチーズは食べても良いの?」

「食べてはいけないチーズは??」

過敏性腸症候群でお悩みの方でこのように思われる方はおられます。

チーズが好みの方は多いのではないでしょうか?

今回は過敏性腸症候群の方の食事でチーズを食べても良いのか?悪いのか?についてご紹介しています。

是非読んで参考にしてみてください。

過敏性腸症候群とは?

今回は、過敏性腸症候群の食事でチーズは大丈夫なのか?についてご紹介していきます。その前に過敏性腸症候群についてみていきましょう。

過敏性腸症候群は、Irritable Bowel Syndromeの頭文字をとってIBSと言います。

過敏性腸症候群とは、腸のぜん動運動の異常により腹痛が引き起こされ、下痢や便秘などの症状をいいます。

血液検査や内視鏡、腸の検査をしても異常がなく、症状が慢性的もしくは再発的に持続する状態があります。

過敏性腸症候群の主な症状は下痢や便秘といった症状がみられます。そのほかに微熱の症状を引き起こす場合もあります。

この過敏性腸症候群は、20~40歳代に多い病気ですが、最近では小学生や中学生にも増えています。このように比較的若い年齢層に多いのが特徴です。

過敏性腸症候群の症状が進行すると下痢が気になってしまい、トイレの心配して、交通機関に乗れないといった支障が出てきます。

過敏性腸症候群の症状は、下痢型便秘型交代型、ガス型の4つに分類されます。

急に、腹痛や下痢の症状が起こってくる。

下痢型の場合、すぐにトイレに行けない状況などに症状が起こりやすく、比較的男性に多いのが特徴です。

  • 便

腸の動きが悪くなり、腸の運動が正しく行われないことで便が出にくくなる状態を便秘型といい、比較的女性に多いのが特徴です。

便秘と下痢の症状が交互に繰り返される症状を交替型といいます。

  • ガス型

ガスが腸内に溜まりやすく、おならが頻繁に出るのが特徴です。

フォドマップとは?

フォドマップFODMAP

Fermentable :発酵性の

Oligosaccharides :オリゴ糖

Disaccharides :二糖類

Monosaccharides :単糖類

And Polyols :ポリオール

の略語です。

フォドマップは小腸で消化や吸収がされにくいとされ、大腸の働きを活発にしてくれるという良い点があります。

しかし、それにより、腸にガスが発生しやすくなったり、水分吸収の機能が低下することで、過敏性腸症候群の方にとっては、腹痛・下痢・便秘などを引き起こす原因になるといわれています。

フォドマップは腸が敏感で異常なときに不快な症状を発症すると言われている。

FODMAPDである二糖類のなかにはチーズが含まれています。

Disaccharides : 二糖類

  • チーズ
  • ヨーグルト
  • 牛乳 など

上記のようにチーズには発酵性の二糖類が含まれているものがあります。

チーズは良いの?悪いの?

チーズは乳製品なので腸に良いイメージがあります。チーズは過敏性腸症候群の方が食事で摂っても良いのか?悪いのか?をお伝えしていきます。

チーズはチーズでもフォドマップ(FODMAP)に含まれないチーズの種類があります。

高フォドマップに含まれるチーズの種類と低フォドマップのチーズ一部をご紹介していきます。

高フォドマップのチーズ

  • ホエイチーズ
  • ブルーチーズ
  • プロセスチーズ
  • クリームチーズ
  • カッテージチーズ など

低フォドマップのチーズ

  • バターチーズ
  • チェダーチーズ
  • カマンベールチーズ
  • モッツァレアチーズ
  • ゴルゴンゾーラチーズ
  • パルメザンチーズ など

上記などの種類のがあります。

過敏性腸症候群の方が食事される場合は低フォドマップのチーズを摂るようにしてくださいね。

まとめ

いかがでしょうか?

今回は過敏性腸症候群の方の食事でチーズを食べても良いのか?悪いのか?について書きました。

チーズの種類はたくさんあり、チーズを摂る時は低フォドマップのチーズを選んでくださいね。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加