微熱は過敏性腸症候群の症状なの!?

過敏性腸症候群によって腹痛が起こり下痢や便秘の症状で悩まれている方は非常に多いです。

今回は過敏性腸症候群の症状で微熱との関係性についてご紹介していきます。過敏性腸症候群の症状は一般的に腹痛や下痢などの症状を引き起こすことが多いですが、微熱の症状が出る場合があります。

微熱と聞くと「風邪」をイメージされる方が多いですが、過敏性腸症候群の症状かもしれません。

是非読んでみてくださいね。

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群とは、腸のぜん動運動の異常により腹痛が引き起こされ、下痢や便秘などの症状をいいます。

血液検査や内視鏡、腸の検査をしても異常がなく、症状が慢性的もしくは再発的に持続する状態があります。

過敏性腸症候群の主な症状は下痢や便秘といった症状がみられます。そのほかに微熱症状を引き起こす場合もあります。

この過敏性腸症候群は、20~40歳代に多い病気ですが、最近では小学生や中学生にも増えています。このように比較的若い年齢層に多いのが特徴です。

過敏性腸症候群の症状が進行すると下痢が気になってしまい、トイレの心配して、交通機関に乗れないといった支障が出てきます。

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群の症状は下痢型、便秘型、交替型、ガス型の4に分類されています。

それぞれの症状についてみてきましょう。

ふとした時に腹痛や下痢の症状が起こる。
下痢型の場合、すぐにトイレに行けない状況などに症状が起こりやすく、比較的男性に多いのが特徴です。

  • 便

腸の動きが悪くなり、腸の運動が正しく行われないことで便が出にくくなる状態を便秘型といい、比較的女性に多いのが特徴です。

便秘と下痢の症状が交互に繰り返される症状を交替型といいます。

  • ガス型

ガスが腸内に溜まりやすく、おならが頻繁に出るのが特徴です。

内臓と脳の関係性

内臓と脳には関係性があり、内臓の働きは自律神経によって支配されています。

自律神経は脳から出される命令によって働いています。ストレスとなる情報が外から脳に入っていきます。脳からのストレスの情報が内臓に伝えられて、内臓から脳へ情報が伝わります。

内臓が過敏に反応することで、脳はそれをストレスだと感じます。ストレスによって適切な指令を送ることができなくなり、内臓の働きに乱れが生じてしまいます。

ストレスによって引き起こされる症状は、胃や腸などの場所に現れます。

内臓と脳は密接な関係がありますが、これは自律神経の情報伝達が行われていますそのため、自律神経の乱れは胃や腸に大きな影響を与えることで、過敏性腸症候群を引き起こしていることになります。

自律神経とは

自律神経2つに分けられます。

  • 交感神経興奮、緊張状態
  • 副交感神経(抑制、リラックス状態)

この上記の2つの神経が入れ替わりシーソーのようにバランスをとりあっています。

自律神経は、自分の意思とは無関係に呼吸器官や消化器官、体温調節機能といった、私たちの体の生命維持機能を24時間コントロールして調整してくれる神経です

身体が緊張している時やストレスを感じている時は、交感神経の働きが大きくなります。交感神経が優位になることで吐き気の症状引き起こします。

交感神経が優位になる原因は下記のようなことが考えられます。

  • 人間関係のストレス
  • 責任・プレッシャー
  • 家の問題
  • 乱れた生活習慣

自律神経が乱れることで、腸が正常に機能しなくなり過敏性腸症候群になってしまうのです。

なぜ微熱が出るの?

過敏性腸症候群によって、微熱の症状が出る原因として、先程の自律神経が関係しているといわれています。

自律神経が乱れることで、自律神経失調症になる方も多く、症状で微熱が出るケースがあります。そのため、自律神経の乱れによって微熱が引き起こされる場合があります。

自律神経は自分の意思とは無関係に24時間調整してくれ、コントロールしてくれる神経です。

過敏性腸症候群は自律神経の乱れが関係していると言われるので、微熱の症状が出ても不思議ではありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は過敏性腸症候群の症状で微熱についてが説明しました。自律神経の乱れによってたくさんの症状を引き起こして、そのなかに微熱の症状とも関係があります。

一体、自分の微熱の症状は過敏性腸症候群が原因でなっているのか?それとも風邪による症状なのか?きちんと診断を受ける場合は一度医療機関を受診して検査をしてみて下さいね。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加