過敏性腸症候群はストレスが関係している!?

「ストレスとの関係性はあるの?」

「過敏性腸症候群はストレスなの?」

あなたはこのように思われたことはありませんか?

今回は、過敏性腸症候群について書いています。

過敏性腸症候群とストレスの関係性についてご紹介していきます。

過敏性腸症候群はどんなストレスにストレスと関連しているのか詳しくかいています。

是非、参考にしてください。

過敏性腸症候群とはどんな病気?

過敏性腸症候群とは、腸の運動の異常により腹痛、下痢や便秘などの症状を引き起こします。

過敏性腸症候群は血液検査や、腸の検査をしても異常がないケースが多く、症状が慢性的に持続する状態が続きます。

主な症状は下痢や便秘といった症状がみら、微熱の症状を引き起こす場合もあります。

よく、ストレスが原因になっているといわれていますがその原因もさまざまです。

この過敏性腸症候群は、20~40歳代に多い病気ですが、最近では小学生や中学生にも増えています。このように比較的若い年齢層に多いのが特徴です。

過敏性腸症候群の症状が進行すると下痢が気になってしまい、トイレの心配して、交通機関に乗れないといった支障が出てきます。

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群の症状はひとつだけでなく、いろんな症状があるので知っておきましょう。

  • 腹痛
  • 腹部膨満感
  • 突然の下痢
  • 便秘
  • おならがよく出る

試験中や会議中など、トイレに行けない状況が不安になります。また、何度もトイレに駆け込むこともあります。

ストレスとは?

職場や学校での人間関係、仕事のストレスが原因で過敏性腸症候群を引き起こすことがあります。

また身体的・精神的ストレスによって疲労がたまっていると、過敏性腸症候群を起こしやすい傾向がみられます。

ストレスが自律神経を乱す原因になります。精神的ストレスには、人間関係、仕事や学校の悩みなど、さまざまな原因があります。

トイレに行きたくてもいけないのがストレスになることが多いです。

すぐにトイレに行けない状況で、腹痛や漏れそうな経験をすると、トラウマになってしまい、「また、お腹が痛くなったらどうしよう」という不安がストレスになります。

日常でのストレスをため込まないことが大事なので、ストレスをうまく発散できるとストレスから引き起こされる過敏性腸症候群の症状は解消できる可能性が高くなります。
人それぞれのストレスに対するとらえ方が異なってきます。そのため、ストレスの判定はメンタルヘルス専門家などの方と話し合って決める必要があります。

過敏性腸症候群とストレスとの関係

内臓と脳には関係性があり、内臓の働きは自律神経によって支配されています。

自律神経は脳から出される命令によって働いています。ストレスとなる情報が外から脳に入っていき、脳からのストレスの情報が内臓に伝えられて、内臓から脳へ情報が伝わります。

内臓が過敏に反応することで、脳はそれをストレスだと感じます。ストレスによって適切な指令を送ることができなくなり、内臓の働きに乱れが生じてしまいます。

ストレスによって引き起こされる症状は、胃や腸などの場所に現れます。

内臓と脳は密接な関係がありますが、これは自律神経の情報伝達が行われていますそのため、自律神経の乱れは胃や腸に大きな影響を与えることで、過敏性腸症候群を引き起こしていることになります。

過敏性腸症候群では、腸が正常に機能しなくなってしまいます。

腸が機能しなくなると、腸での運動が過剰になったり、知覚過敏になったり、腸での消化や吸収、水分の吸収調節機能が正常に機能せず、腹痛や下痢・便秘、ガスが溜まって腹部の膨満感などの症状が出てくるのです。

自律神経とは

自律神経2つに分けられます。交感神経(興奮、緊張状態)副交感神経(抑制、リラックス状態)

この2つの神経が入れ替わりシーソーのようにバランスをとりあっています。

自律神経は、自分の意思とは無関係に呼吸器官や消化器官、体温調節機能といった、私たちの体の生命維持機能を24時間コントロールして調整してくれる神経です

身体が緊張している時やストレスを感じている時は、交感神経の働きが大きくなります。交感神経が優位になることで吐き気の症状引き起こします。

交感神経が優位になる原因は下記のようなことが考えられます。

  • 人間関係のストレス
  • 責任・プレッシャー
  • 家庭問題
  • 生活習慣の乱れ

自律神経が乱れることで、腸が正常に機能しなくなり過敏性腸症候群になってしまうのです。

あなたのストレスの原因、自律神経が乱れる原因を知り、予防や対策につなげていくと過敏性腸症候群の症状も軽減していきます。

自分自身で考えたり、我慢せず周りの方に勇気をもって相談することも解消への一歩となります。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加