後鼻漏による咳はどうすればいいの?

  • 咳が続いて眠れない…
  • 咳がつらくて仕事に集中できない。

あなたはこのようなことで悩まれていませんか?

今回は、後鼻漏についてをお伝えし、なぜ、咳が出るのか?どう対処すれば良いのか?についてご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

副鼻腔とは

後鼻漏になる原因は、副鼻腔と関係しています。副鼻腔についてご紹介していきます。

副鼻腔は、鼻中隔の左右に4つずつの空洞を言います。

前頭洞(ぜんとうどう)

前頭骨の内部にあり、鼻の上方、おでこの下部の空洞。

上顎洞(じょうがくどう)

副鼻腔で一番大きいのが上顎洞で、頬の骨裏にある空洞。

篩骨洞(しこつどう)

両目の間の裏にある空洞。

蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)

鼻の奥の一番深いところにある空洞です。

 

全ての空洞は鼻腔に通じており、副鼻腔の中は空気で満たされている状態になります。

副鼻腔炎の主な症状には、鼻閉、鼻汁、後鼻漏、顔面痛や頭痛、嗅覚低下の5つがあります。

その中の後鼻漏について説明していきますね。

後鼻漏とは?

後鼻漏とは、鼻水が喉の奥に流れていく状態をいいます

後鼻漏は寝ている時も起こってきます。仰向けで寝ることによって、喉に鼻水が流れたり、呼吸をしにくい場合もあります。

後鼻漏は、副鼻腔に溜まった膿が混ざっており、膿とは細菌の感染やウイルスによって、体がそれらと戦った白血球や細菌などの死骸になります。

鼻水が口から痰として出る場合もありますが、喉にへばりついた感じになっているため、口から出そうと思っても出せない場合が多いです。

この膿は臭いがきついため、嫌な臭いを自分で感じたり、口臭がきつくなったりする原因にもなります。

後鼻漏の主な症状は?

後鼻漏は日常生活に支障をきたす場合があります。後鼻漏の主な症状は下記になります。

  • 呼吸がつらい
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 口臭

これらが後鼻漏の主な症状です。

鼻の裏のから口の中に鼻水が流れこんでしまうので、寝ている時にも鼻水が流れ込み、むせて咳き込んでしまう時があります。

今回は咳について説明していきますね。

後鼻漏で咳が止まらない?

咳の症状の全て後鼻漏によって引き起こされることはありませんが、後鼻漏が原因で咳が出ることはあります。

鼻水が流れてくることで喉の粘膜が刺激されたり、気管に入って炎症が起きることで咳が引き起こされます後鼻漏が長く続き改善しないと咳が何ヶ月も続く場合もあります。

咳が出るようになると、夜寝れなかったり、仕事に集中できなくなったりと日常生活でツラく感じていきます。

咳のときは何をすればいいの?

後鼻漏によって咳が止まらない場合は何をすれば良いのでしょうか?

そもそも後鼻漏になる原因は副鼻腔炎、蓄膿症です。

これらを改善することが後鼻漏による咳の症状を改善させることにつながってきます。

一時的な対処法としてご紹介していきます。①鼻をかむ②お白湯を飲む③水を飲む

まずはしっかりと鼻をかむことです。鼻水が流れてきた時だけではなく、鼻をしっかりかむ習慣をつけていきましょう。

水分もこまめに摂取しましょう。お白湯は、喉にへばりついた鼻水を温めて流すということに効果があるので是非参考にしてみてください。

これらは、一時的な対処法として行うと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

後鼻漏による咳は日常生活でつらく、支障をきたす場合もあります。もし、症状がひどくなってきた場合は速やかに病院へいかれることをおすすめします。

普段の体調管理も非常に大事になってくるので十分気を付けてお過ごしくださいね。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加