自律神経は なぜ乱れるの?

「自律神経の乱れとは?」

「自律神経って何なの⁉」

自律神経の乱れによって身体の不調を感じる方が多くなってきています。

あなたは、なかなか眠れず、身体が重だるい感じがしたり、疲れがとれていないように感じていませんか??

今回は、自律神経の乱れを引き起こす原因についてお話ししていきたいと思います。

自律神経とは?

人間の身体には自律神経という神経があり、交感神経(興奮、緊張状態)と副交感神経(抑制、リラックス状態)とが入れ替わりシーソーのようにバランスをとりあっています心理的にストレスがかかる状況になると身体にも力が入り緊張状態になります。

これは、自律神経が乱れ交感神経という緊張する神経が副交感神経に比べて優位になっていることになります。

自律神経は、血管をはじめ、ホルモンの調整、あらゆる内臓器官を自分の意思とは無関係に24時間調整してくれる神経です。呼吸器官や消化器官、体温調節機能といった、私たちの体の生命維持機能をコントロールする役割を担っています。

生活習慣の乱れやストレスや環境の変化などで自律神経が乱れてしまうと

  • 睡眠障害
  • 身体のだるさ
  • 不安感やイライラ
  • 痛み シビレ
  • 寒気や動悸 など

上記のように様々な症状を引き起こしてきます。きちんと自律神経が整っていれば交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズにいきますが、自律神経が乱れてしまうと切り替えがうまくいかなくなり、心身にさまざまな不調を引き起こします。

自律神経が乱れる原因とは?

自律神経が乱れる原因をお伝えしていきます。

  • 身体的ストレス

身体的ストレスの例では長時間同じ姿勢でデスクワークや車の運転をされている方に多くみられます。

特にパソコン、スマートフォンなどの画面を見る状態が続いたり、モニター画面から発せられる強い光を長い時間見続けることで眼精疲労になり、ストレスを感じ血液の流れが悪くなり自律神経も乱れやすくなります。

身体的ストレスがたまった状態でストレスの発散ができずにいると、自律神経に異常がおこり、自律神経のバランスが乱れます。すると血行が不良となり全身のダルさなど様々な症状を引き起こします。

  • 精神的ストレス

精神的ストレスが自律神経を乱す原因になります。精神的ストレスには、人間関係、仕事や学校の悩みなど、さまざまな原因があります。

ストレスによる不安や恐怖は自律神経を乱して、身体に不調が出やすくなります

自律神経とは、人間の身体は絶えず交感神経(主に集中している状態)と副交感神経(主にリラックス状態)の入れ替わりをしているのですが、ストレスなどによりこの入れ替わりが乱れ交感神経が優位に働くと、筋肉は緊張状態を引き起こし血液の流れが悪くなり頭痛といった症状も引き起こしやすくなります。

  • 不規則な生活

人間の体は生体リズムに従って働いています。不規則な生活などを続けていると、生体リズムが崩れてしまい自律神経のバランスを乱す原因になります。

体にとって生活リズムが非常に重要になるため睡眠不足などによってこの自律神経が乱れてしまい、身体の回復力が低下し不調を感じやすくなります。

反対に、寝過ぎた場合も自律神経のバランスが崩れるため注意しましょう。

また、偏った食生活が続くと、血液がドロドロになってしまいます。栄養や酸素を届けるにはサラサラしていることが理想になるため、こまめに水分補給をしましょう。

  • 疾患が原因になる場合

自律神経失調症や更年期障害は自律神経の乱れを引き起こす疾患になります。

自律神経失調症は、過剰な精神的・身体的ストレスによって自律神経が乱れることで発症します。更年期障害は、女性ホルモンの分泌が急激に減ることで自律神経が乱れ、頭痛、めまいなどさまざまな不調を引き起こします。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加