パニック障害による電車による対処とは?

DI_IMG_5697_TP_V

電車で通勤していて突然胸が締め付けられたり、動悸を感じたり、息苦しくなったことはないですか?また、このまま死んでしまうのではないのかなどの恐怖感や不安感に襲われた経験はないでしょうか?

近年パニック障害によるパニック発作を起こし、悩まれている方が当院にも多く来院されています。またパニック障害という症状名もここ最近言われだしたので、そのことを知らずに一人で辛い症状に悩んでいる人がとても多いです。

また電車などの隔離された現場で発作が起こることも多い為、今回はパニック障害による電車による対処についてお伝えしていきますね。

まず最初にパニック障害とは何なのか知らない方も多いと思うので次に説明していきますね。

パニック障害とは?

パニック障害になると主にこういった症状が出ることがあります。2~3つ当てはまるとパニック障害の可能性があります。チェックしてみてください。

  • 死んでしまうのではないかという恐怖感に襲われる。
  • 脈が速く心臓がどきどきしてしまう。
  • 息が切れて息苦しく感じる。
  • 呼吸を吸っても吸えず窒息しそうな気がする。
  • 身体が震えて身震いが起こる。
  • 胸に痛みを感じ不快感がある。
  • 吐き気を催し、おなかに違和感がある。
  • 汗が異常に出てしまう。
  • めまいやふらつき、意識が持っていかれる気がする。
  • 身体が火照ったり逆に冷感を感じる
  • 身体がうずく感じがあり麻痺した感覚もある。
  • 現実逃避のように自分自身から離れる感覚がある。
  • 自分自身のコントロールができなくて怖い

あなたは、当てはまりましたでしょうか?パニック障害は精神疾患と判断されやすい為、パニック障害なのに間違った診断をされてしまうこともあります。自分自身の症状を知ることも大事だと思います。

では次にパニック障害の発作は通勤時などの電車での発生が多いです。では実際なぜ電車に乗るとパニック障害になりやすいのか次にお伝えします。

電車に乗るとなぜパニック障害による発作が出やすいのか?

電車でパニック発作が出やすい方の多くは狭く閉鎖された空間や密室状態が苦手な方が多いです。また電車に一旦乗ると途中で降りられないことに恐怖や不安をかかえ閉塞感を感じる方もいます。

また満員電車などになると息苦しく感じたり、思い込みで酸素が足りないのではなどの不安がよぎり、過呼吸などの症状が出る方もいます。

他には対人恐怖症のように他者が多くいると対人による緊急、不安がよぎり、ストレスを感じパニック発作が出る方もいます。

このように電車の中では様々な想像をかきたてることや、閉鎖感や閉塞感を感じやすい環境であるからして、パニック障害による発作が出る方が多いです。

ですが、このご時世パニック障害になってしまっても、なんとか仕事をするためにどうしても電車に乗るしかない方も多いと思います。それでも、会社に行くには電車しか方法がないと言う方の為に次にパニック障害による電車による対処についてお話ししていきますね。

パニック障害による電車による対処とは?

1.まずは満員電車は避けるようにしましょう。朝早めに起き早めの出勤を心がけるようにしていきましょう。

2.次に各駅停車などいつでも降りられる環境にしておくことも大事です。いつでも降りれると感じていたほうが発作が起こりにくくなります。

3.感覚が過敏な方はヘッドホンなどで好きな曲を聴いたりリラックスするような曲を聴いたり、視覚を散らす為本などに目を向けたり、電車の独特な匂いが苦手な方はマスクを着用するなどの工夫もオススメです。

4.呼吸を意識しましょう、これは発作が起こった場合でも同じです、しっかり深呼吸したら絶対治まってくると思ったり、第三者の目線のような感じで冷静に自分自身を見てあげゆっくり呼吸をしましょう。

5.最終的には電車に慣れることも大事で、成功体験の積み重ねをすることで不安にならなくなってきます。

 

まとめ

パニック障害による電車による対処について書いてきましたが、突然起こる恐怖感はいたたまれないですよね?まずは症状を認めて冷静に向き合っていくことも大事です。

また電車でのパニック発作が起こった場合は是非対処法をためしてみてくださいね。

\この記事は私が書きました/

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加