仕事のストレスでパニック障害になるの?

「仕事のストレスがすごい…」

「仕事のストレスでパニック障害に!?」

あなたはこのように思われたことはないですか?

今回はパニック障害と仕事のストレスの関係についてお伝えしていきます。

よく、パニック障害の原因はストレスといわれていますが、仕事のストレスによるパニック障害について詳しく説明していきますね。

まずはじめにパニック障害とは一体何なのかを知っていきましょう。

パニック障害とは

パニック障害は、ある日突然理由もなく、動悸、発汗、吐き気、手足の震えなどの発作の症状をを引き起こします。

このような発作は長くても数十分ほどで落ち着くことが多いです。

しかし、1回パニックの状態になると、またパニックを起こすのではないか、という不安に襲われてしまいます。

パニック障害の原因は様々ありますが、仕事のストレスと関係が深いといわれています。

また、パニック障害は、うつ症状を引き起こすことがあります。パニック障害の症状の場合、自分でコントロールできないのが特徴になります。

仕事のストレス

仕事場によって、ノルマがあったり、周囲の視線を感じながら仕事をしている人は仕事のストレスを感じやすくなります。

全ての人がこのような職場環境ではないと思いますがストレスを感じる人が多くみられます。

時間に追われることや失敗に対して、前向きな考えができる方と、ネガティブ思考に考えてしまう方とでは、ストレスの大きさは大きく違ってきます。

ネガティブになってしまいがちな方にとっては。前向きに頑張ろう!と思っていても精神的・肉体的疲労の負担が大きくのしかかってくる場合があります。

仕事に追われて、睡眠時間が短くなってしまうことで、睡眠不足によってストレスが大きくなってきます。

仕事のストレスによって睡眠不足のストレスがたまってくると、パニック障害を引き起こす原因になります。

ストレスとの関係

仕事のストレスが誘因で、パニック障害を引き起こすことがあります。
仕事場に行く途中でパニックの発作が起こるが、プライベートな時間のときはパニック発作は起こらないという場合があります。

その場合、仕事場でのストレスがパニックの発作を引き起こしている原因となっていることがあります。
仕事でのストレスをため込まないことが大事なので、ストレスをうまく発散できるとストレスから引き起こされるパニック障害の症状は解消できる可能性が高くなります。
人それぞれのストレスに対するとらえ方が異なってきます。そのため、ストレスの判定はメンタルヘルス専門家などの方と話し合って決める必要があります。

パニック障害とストレスの関係については、ストレスがパニック障害の直接的な原因ではありません。

ストレスが直接的な原因ではありませんが、ストレスがたまることで自律神経の乱れを引き起こし、自律神経の乱れによってパニック発作を誘発することがあります。

また身体的・精神的ストレスによって疲労がたまっていると、パニックの発作を起こしやすい傾向がみられます。身体的・精神的ストレスによって疲労がたまると、疲労物質の乳酸の濃度が高くなることで引き起こされるといわれています。

パニック障害はストレスがきっかけになって引き起こされます。では、パニック障害の原因とは何なのか?みていきましょう。

パニック障害の原因

パニック障害の原因は、検査をしても見つからないことが多くあります。そのため、原因として考えられるのが、交感神経の反応です。

人間の身体には自律神経という神経があり、交感神経(興奮、緊張状態)と副交感神経(抑制、リラックス状態)とが入れ替わりシーソーのようにバランスをとりあっています心理的にストレスがかかる状況になると身体にも力が入り緊張状態になります。

自律神経は、自分の意思とは無関係に24時間調整してくれる神経です。呼吸器官や消化器官、体温調節機能といった、私たちの体の生命維持機能をコントロールする役割を担っています。

交感神経の主な働きは集中力を高める、呼吸を早くする、心臓をドキドキさせるといった働きがあります。

身体が緊張している時やストレスを感じている時は、交感神経の働きが大きくなります。パニック障害の原因は、交感神経が優位になることで症状引き起こされます。

交感神経が優位になるパニック障害の原因は仕事先の人間関係や仕事でのストレス、責任・プレッシャーによるストレスが、パニック障害を引き起こす誘因として考えられています。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加