耳鳴りの原因とは?

頭イタ

「キーン」「ジー」など様々な音を感じる耳鳴り、近年10~15%の方が耳鳴りを感じ過ごしていると言われています。

病院や耳鼻科に行き加齢が原因、ストレスが原因、漢方で様子見ましょうなど、言われて改善する方ももちろんいますが、なかなか実感として改善出来てない方が多いのが現実です。気にしないようにしましょう、うまく付き合っていきましょうと言われた方は多いのではないでしょうか?

今回は、実際に原因も不明で悩まれている方の為に耳鳴りの原因とは一体何なのかお伝えしていきますね。まず最初に耳鳴りとはそもそも何なのか知らない方のためにお話ししていきます。

耳鳴りとは

周りの音とは別に雑音や異音が耳の中で感じることを言います。

音の種類や強度は異なり高く感じる音や、低い音、セミの鳴き声の様な音や色々混ざったような音など、人によって異なります。
周りには聞こえず、周囲に分かってもらえないことで一人で悩む方がとても多いです。では何故耳鳴りはなるのか次にお伝えしていきますね。

何故耳鳴りがなるのか

まず最初に人間が音を感じるメカニズムとして、まず、耳の中を通り鼓膜がキャッチし、振動し、耳小骨を通り音が広がり、蝸牛と言う器官に届き電気信号で脳まで届き音を感じます。

耳鳴りを感じる方に多いのがこの蝸牛に異常があり、電気信号がうまく伝わらず脳が音を感じにくくなります。すると脳は聞こえないため敏感になり電気信号を増幅させ間違った音を感じキーンやジーやピーなどと音がなります。

ようは耳鳴りは音が聞こえにくいため、補うために過剰に脳が反応してしまっていると言うことです。

ではどのようにすればこの辛い耳鳴りが改善できるのかポイントを次にお話ししていきます。

 

 

 

耳鳴り改善ポイント

まずは上でお話ししたように耳鳴りは音と言うより脳が過剰に反応したために起こっていると理解することはとても大事です。

また人は人ごみの中でも自分の名前を呼ばれると反応でき、聞き分けれるように必要な音をキャッチします。必要な音を選択し聞いているため、耳鳴りの音を追いかけるように聞いてしまうとより強く音が感じるようになるため追いかけないようにしましょう。

また悪化する人の特徴として不安やストレスを感じると音が大きく感じる人も多いので好きな事をしたり、適度な運動など行いストレスを発散することも大事です。

また近年では補聴器による治療法や、サウンドセラピーなど自身の耳鳴りの周波数に合わせて上書きする方法や補聴器による治療法などもあります。

まとめ

耳鳴りの原因について書いてきましたがいかがだったでしょうか?

このブログを通して耳鳴りの原因を知り、少しでもお役に立てれたら嬉しいです。

\この記事は私が書きました/

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加