群発性頭痛の原因って何??

  • 群発性頭痛って何だろう?
  • 群発性頭痛の原因は??
  • 何が要因しているのか??

あなたはこのように思われたことはありませんか?

今回は群発性頭痛でお悩みの方に向けて書いています。

群発性頭痛の原因についてたいていますので、是非参考にしてみてください。

頭痛の種類

群発性頭痛の原因についてご紹介するまえに、どんな頭痛があるのか知っておきましょう。

現代、日本人の4人に1人にあたる約3000万人の方が頭痛もちといわれています。その頭痛にも「一次性頭痛」「二次性頭痛」の2種類があります。

その2つの種類をご紹介していきますね。

  • 一次性頭痛

緊張型頭痛

緊張型頭痛は、頭の位置が前かがみになる姿勢の多いデスクワークをしている方に多くみられます。うつむき姿勢などを長時間続けると頭や首・肩の筋肉が緊張するため引き起こしやすくなります。

片頭痛

音、光、臭いに敏感になり不快と感じるなど頭痛以外の症状を伴うのが特徴で、こめかみから目のあたりにかけて脈をうつようなズキンズキンとした痛みも片頭痛の特徴。

群発性頭痛

群発頭痛は一次性頭痛の中で最も激しい頭痛。

後頭神経痛

後頭神経痛は首の付け根から後頭部、頭の横・上の部分にかけて皮膚の表面に電気が走るようなピリピリ、チクチクするような痛みが特徴。

  • 二次性頭痛

くも膜下出血

くも膜下出血は突然発症し、ハンマーで後頭部を殴られたような激しい頭痛を感じます。

脳出血

脳出血は、脳の血管が破れて出血し、その出血のかたまりが脳を圧迫することで頭痛が引き起こされます。

脳腫瘍

脳腫瘍は、頭の全体もしくは頭の一部に圧迫感があり、嘔吐やけいれん発作が起きる場合がある。

群発性頭痛とは

群発性頭痛でお悩みの方は多く、片側の目の奥からこめかみにかけての突き刺すような激しい痛みを感じるのが特徴の頭痛です。

そのため、別名では自殺頭痛と呼ばれています。それは自殺したいくらい辛い頭痛が続くためです。

群発性頭痛の症状は人によって異なり、1回の発作が数時間の人もいれば、1日に数回出る人、数ヵ月間持続する人、1年に数回の群発期が出る場合もあるのです。

目の奥がきりで突き刺すような痛みがあり、20~40歳代の男性に多くみられ1000人に1人の割合といわれています。

発作自体は2~3時間と短時間で、目の充血や涙を流す、鼻水、鼻づまりなどの症状を伴い、眼の後ろの血管が拡張し炎症する事で強い痛みを生じます。

群発性頭痛の原因って何?

群発性頭痛の原因ははっきりと明らかになっていないのですが、脳の視床下部との問題が関係しているといわれている。

脳の視床下部が刺激されることによって、頭部の目の奥の辺りにある三叉神経が痛みを感じます。

これは、血管の拡張によって三叉神経を圧迫して痛みが出るということです。

根本的に血管の収縮拡張をコントロールしているのは、自律神経になります。

自律神経がバランスよく機能しないと血管の収縮拡張機能が乱れてしまい、結果的に三叉神経を圧迫して、群発性頭痛につながるのです。

では、自律神経が乱れる原因はどういうものがあるのでしょうか。

  • アルコールの過剰摂取
  • ストレス
  • タバコ
  • 気圧の変化
  • 姿勢不良
  • 不規則な生活リズム

などがあげられており、これらの要因を回避するようにすすめられています。

また、気圧の急激な変化によって群発性頭痛を引き起こす場合があるため、飛行機や登山をする際は、事前に医師に相談をしましょう。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加