仕事中の群発性頭痛を防ぐには?

「仕事中の群発性頭痛がしんどい…」

「群発性頭痛の予防を知りたい!!」

「頭が痛くて仕事に集中できない。」

あなたはこのように思われたことはありませんか?

群発性頭痛で悩まされている方は多く、仕事中に群発性頭痛があると、仕事に支障がでる場合があります。

今回は、お仕事中での予防法について書いているので、是非一度参考にしてみてください。

群発性頭痛とは

群発性頭痛でお悩みの方は多く、片側の目の奥からこめかみにかけての突き刺すような激しい痛みを感じるのが特徴の頭痛です。

群発性頭痛で悩まされている方は多く、仕事中に群発性頭痛があると、仕事に支障がでる場合があります。

群発性頭痛の症状は人によって異なり、1回の発作が数時間の人もいれば、1日に数回出る人、数ヵ月間持続する人、1年に数回の群発期が出る場合もあるのです。

目の奥がきりで突き刺すような痛みがあり、20~40歳代の男性に多くみられ1000人に1人の割合といわれています。

発作自体は2~3時間と短時間で、目の充血や涙を流す、鼻水、鼻づまりなどの症状を伴い、眼の後ろの血管が拡張し炎症する事で強い痛みを生じます。

群発性頭痛の原因って何?

群発性頭痛の原因ははっきりと明らかになっていないのですが、脳の視床下部との問題が関係しているといわれている。

脳の視床下部が刺激されることによって、頭部の目の奥の辺りにある三叉神経が痛みを感じます。

これは、血管の拡張によって三叉神経を圧迫して痛みが出るということです。

根本的に血管の収縮拡張をコントロールしているのは、自律神経になります。

自律神経がバランスよく機能しないと血管の収縮拡張機能が乱れてしまい、結果的に三叉神経を圧迫して、群発性頭痛につながるのです。

では、自律神経が乱れる原因はどういうものがあるのでしょうか。

  • アルコールの過剰摂取
  • ストレス
  • タバコ
  • 気圧の変化
  • 姿勢不良
  • 不規則な生活リズム

などがあげられており、これらの要因を回避するようにすすめられています。

仕事中に群発性頭痛が引き起こされた場合はどうすればいいのか??

群発性頭痛の予防法についてご紹介していきますね。

仕事中の群発性頭痛を防ぐには?

仕事中での予防方法としては、まず禁酒です。禁酒以外にも喫煙者に群発性頭痛がみられることが多いので、たばこを控えるようにしましょう。

また、精神的ストレスによって群発性頭痛を引き起こす場合もあるので、ストレスを溜め込まないようにストレスを発散するようにしましょう。

仕事などで過労の状態になると発作を引き起こしやすくするので、十分な休養が必要になります。

群発頭痛には、酸素吸入が効果を感じやすいため、純酸素を10~15分間吸入すると良いとされています。

群発性頭痛で主な薬は①プレドニンイミグランになります。

  • プレドニン

プレドニンは、炎症性の病気や免疫系の病気、アレルギー性の病気に使用されています。例えば、リウマチや膠原病、重度のアレルギー症状、めまいや耳鳴りなど幅広く使用されています。

  • イミグラン

イミグランは、内服薬や点鼻薬、注射とありますが、頭痛が出た時に自分で注射することが即効性が高く、注射をしてから約15分くらいで効果が出はじめるため、群発性頭痛ではよく使用されています。

また、トリプタンの皮下注射が即効性があります。

群発性頭痛は季節の変わり目に起きやすいので、普段から規則正しい生活を心がけて、適度な運動などで体力維持をしていきましょう。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加