群発性頭痛の予防方法とは?

880f22f2181937c5937e1a2ea7fe4437_l群発性頭痛の症状としては、ジーンと目の周りが押さえつけられたように痛い。目が焼けたように痛い。涙がでてくる、目に常に赤みがある場合が多く頭痛の中でもかなり辛い症状です。あまりの痛さで寝れないこともあります。

症状も波があり、急に気にならないほど楽になる日が続くこともあれば、思い出したかのようにまたひどく痛む事もあります。

今回は辛い群発性頭痛の予防方法をお伝えしていきます。

まず最初に群発性頭痛のメカニズムについて知らない方も多いと思うためお伝えしていきますね。

群発性頭痛のメカニズムについて

群発性頭痛は血管性頭痛の1つになります。男性に非常に多いです。メカニズムとしては眼動脈や内頸動脈などの太い血管収縮が起こり、これが拡張するさいにまわりがむくみます。

また、脳の視床下部が関係して起こるとも言われていて、何かしらの原因で視床下部が刺激を受けると、頭部に分布する三叉神経が痛みの信号を送り、繋がっている目の奥に激痛が走ります。という神経が痛みを感じます。そのために、三叉神経がつながっている目の奥の辺りに激痛が起こります。

三叉神経は副交感神経と繋がるため副交感神経が興奮し、涙が出たり。目が充血するなどの症状も出てきます。

ではどうすれば予防ができるのか次にお伝えしますね。

群発性頭痛の予防方法とは?

ポイントは、基本的な生活習慣の見直しが大事になってきます。

群発性頭痛は喫煙者やアルコール摂取によってなりやすいことから、禁煙やアルコールを控えることも大事になります。とくに毎回の群発期には控えるようにしましょう。食事も五大栄養素を元にバランスよく食べましょう。

またストレスも関係があり、ストレスにより自律神経が乱れ群発しやすくなるので、日頃から適度な運動をするのも効果的です。運動により体内の血液の流れが良くなり全身に酸素も行き渡りやすくなりリラックスすることができます。

次に睡眠です。睡眠も大事で睡眠不足が続くと脳の視床下部を介して自律神経が乱れ、群発性頭痛がでやすくなります。

 

まとめ

群発性頭痛の予防法を書いてきましたが、意外にも普段の生活がとても大事なのです。

しっかり日頃から整えておくようにしましょうね。

\この記事は私が書きました/

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加