群発性頭痛の薬に副作用はあるの??

「頭痛や肩こりがひどくて仕事ができない…」

「頭が痛くて何もやる気にならない」

「今すぐこの頭痛と肩こりを何とかしたい」

この記事を読まれているということは、あなたも群発性頭痛を感じたことがあったのではないでしょうか?

今回は、群発性頭痛に対しておすすめの薬と薬の副作用についてお伝えしていきますね。

はじめに、群発性頭痛の原因についてお話していきます。

是非参考にしてみて下さい。

群発性頭痛とは

群発性頭痛でお悩みの方は多く、片側の目の奥からこめかみにかけての突き刺すような激しい痛みを感じるのが特徴の頭痛です。

群発性頭痛の場合、薬をのんだ副作用を心配される方もおられます。

群発性頭痛の症状は人によって異なり、1回の発作が数時間の人もいれば、1日に数回出る人、数ヵ月間持続する人、1年に数回の群発期が出る場合もあるのです。

目の奥がきりで突き刺すような痛みがあり、20~40歳代の男性に多くみられ1000人に1人の割合といわれています。

発作自体は2~3時間と短時間で、目の充血や涙を流す、鼻水、鼻づまりなどの症状を伴い、眼の後ろの血管が拡張し炎症する事で強い痛みを生じます。

群発性頭痛の原因って何?

群発性頭痛の原因ははっきりと明らかになっていないのですが、脳の視床下部との問題が関係しているといわれている。

脳の視床下部が刺激されることによって、頭部の目の奥の辺りにある三叉神経が痛みを感じます。

これは、血管の拡張によって三叉神経を圧迫して痛みが出るということです。

根本的に血管の収縮拡張をコントロールしているのは、自律神経になります。

自律神経がバランスよく機能しないと血管の収縮拡張機能が乱れてしまい、結果的に三叉神経を圧迫して、群発性頭痛につながるのです。

では、自律神経が乱れる原因はどういうものがあるのでしょうか。

  • アルコールの過剰摂取
  • ストレス
  • タバコ
  • 気圧の変化
  • 姿勢不良
  • 不規則な生活リズム

などがあげられており、これらの要因を回避するようにすすめられています。

また、気圧の急激な変化によって群発性頭痛を引き起こす場合があるため、飛行機や登山をする際は、事前に医師に相談をしましょう。

群発性頭痛」は、緊張型頭痛と片頭痛に比べて症状がつよいため市販の頭痛薬では対処できません。医療機関へ受診しましょう。

薬の種類についてご紹介していきます。

群発性頭痛の主な薬

群発性頭痛で主な薬は①プレドニンイミグランになります。

  • プレドニン

プレドニンは、炎症性の病気や免疫系の病気、アレルギー性の病気に使用されています。例えば、リウマチや膠原病、重度のアレルギー症状、めまいや耳鳴りなど幅広く使用されています。

  • イミグラン

イミグランは、内服薬や点鼻薬、注射とありますが、頭痛が出た時に自分で注射することが即効性が高く、注射をしてから約15分くらいで効果が出はじめるため、群発性頭痛ではよく使用されています。

薬の服作用

プレドニンの副作用

プレドニンに副作用は倦怠感イライラ感、消化不良吐き気、下痢生理不順などがあります

プレドニンの重症な副作用としては、糖尿病、副腎不全精神的不安定のうつ病などを引き起こす場合もあります息苦しいさや嘔吐の他にも膵炎、心筋梗塞、脳梗塞などこれ以外にもたくさんの副作用があります。

イミグランの副作用

イミグランの副作用は倦怠感吐き気、息苦しさ、眠気、めまいなどを引き起こす場合があります。

イミグランの使用頻度が高くなると、効果を感じにくくなってきたり、頭痛の頻度が増えてくるといった場合があります。このときに引き起こされる頭痛は使用頻度の増加に伴い、薬物乱用頭痛として現れているという指摘もあります。

まとめ

頭痛は種類によって、それぞれ対処法が違います。

頭痛を持っている方の重要なことは、どの種類の頭痛を持っているのかをきちんと知ることです。

頭痛に対する薬をいくつかご紹介しましたが、薬を飲んでも効かない頭痛の場合はすぐに医療機関へ受診してください。

また、症状がに変わりがないときは、病院へ行って診断を受けることをおすすめします。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加