ストレスが原因の群発性頭痛について

 

  • 辛い頭痛に悩まされている…
  • 頭が痛くてもどうすればいいのか…
  • 突然、ジーンと押しつけたような痛みがする。
 あなたには、こんな悩みがありませんか?
もしかするとその症状群発性頭痛かもしれません。

実は、あなただけでなく群発性頭痛で悩んでいる方はたくさんおられます。

群発性頭痛の原因についてご紹介していきます。

今回は群発性頭痛とストレスとの関係についてもお伝えしていきますので、是非参考にしてみてください。

群発性頭痛とは

群発性頭痛の原因のストレスとの関係にもついて説明する前に、群発性頭痛についてご紹介していきます。

群発性頭痛でお悩みの方は多く、片側の目の奥からこめかみにかけての突き刺すような激しい痛みを感じるのが特徴の頭痛です。

そのため、別名では自殺頭痛と呼ばれています。それは自殺したいくらい辛い頭痛が続くためです。

群発性頭痛の症状は人によって異なり、1回の発作が数時間の人もいれば、1日に数回出る人、数ヵ月間持続する人、1年に数回の群発期が出る場合もあるのです。

目の奥がきりで突き刺すような痛みがあり、20~40歳代の男性に多くみられ1000人に1人の割合といわれています。

発作自体は2~3時間と短時間で、目の充血や涙を流す、鼻水、鼻づまりなどの症状を伴い、眼の後ろの血管が拡張し炎症する事で強い痛みを生じます。

群発性頭痛の原因って何?

群発性頭痛の原因ははっきりと明らかになっていないのですが、脳の視床下部との問題が関係しているといわれている。

脳の視床下部が刺激されることによって、頭部の目の奥の辺りにある三叉神経が痛みを感じます。

これは、血管の拡張によって三叉神経を圧迫して痛みが出るということです。

根本的に血管の収縮拡張をコントロールしているのは、自律神経になります。

自律神経とは?

人間の身体には自律神経という神経があり、交感神経(興奮、緊張状態)と副交感神経(抑制、リラックス状態)とが入れ替わりシーソーのようにバランスをとりあっています心理的にストレスがかかる状況になると身体にも力が入り緊張状態になります。

自律神経は、自分の意思とは無関係に24時間調整してくれる神経です。呼吸器官や消化器官、体温調節機能といった、私たちの体の生命維持機能をコントロールする役割を担っています。

この自律神経がバランスよく機能しないと血管の収縮拡張機能が乱れてしまい、結果的に三叉神経を圧迫して、群発性頭痛につながるのです。

では、自律神経が乱れる原因はどういうものがあるのでしょうか。

  • ストレス
  • アルコールの過剰摂取
  • タバコ
  • 気圧の変化
  • 姿勢不良
  • 不規則な生活リズム

などがあげられており、これらの要因を回避するようにすすめられています。

今回はストレスが原因で引き起こされる群発性頭痛についてご紹介させていただきます。

ストレスが原因で引き起こす群発性頭痛

ストレスが誘因で、群発性頭痛を引き起こすことがあります。普段ストレスを感じないと言われる方もいますが、その場合、自分のストレスに気がついていないことがあります。

仕事場でのストレスが群発性頭痛を引き起こしている原因となっていることがあります。
仕事でのストレスをため込まないことが大事なので、ストレスをうまく発散できるとストレスから引き起こされる群発性頭痛の症状は解消できる可能性が高くなります。
人それぞれのストレスに対するとらえ方が異なってきます。そのため、ストレスの判定はメンタルヘルス専門家などの方と話し合って決める必要があります。

群発性頭痛とストレスの関係については、ストレスが群発性頭痛を引き起こす原因のひとつです

ストレスがたまることで自律神経の乱れを引き起こし、自律神経の乱れによって群発性頭痛を誘発することがあります。

また身体的・精神的ストレスによって疲労がたまっていると、群発性頭痛を起こしやすい傾向がみられます。身体的・精神的ストレスによって疲労がたまると、疲労物質の乳酸の濃度が高くなることで引き起こされるといわれています。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加