群発性頭痛にNGな食べ物とは?

「どんな食べ物がNGなのか??」

「群発性頭痛に気をつける食べ物とは?」

あなたはこのように思われたことはありませんか?

群発性頭痛で悩んでおられるかたは多く、辛い日常生活をおくっているのがほとんどです。

今回は群発性頭痛にお悩みの方に向けて書いています。

普段、私たちが食べているもの、飲んでいるものの中に群発性頭痛を酷くしてしまうものが含まれています。

群発性頭痛のかたにとってNGな食べ物について書いているので是非参考にしてみてください。

群発性頭痛とは

群発性頭痛でお悩みの方は多く、片側の目の奥からこめかみにかけての突き刺すような激しい痛みを感じるのが特徴の頭痛です。

群発性頭痛を酷くさせてしまうNGの食べ物があるのでご紹介もしていきますね。

群発性頭痛の症状は人によって異なり、1回の発作が数時間の人もいれば、1日に数回出る人、数ヵ月間持続する人、1年に数回の群発期が出る場合もあるのです。

目の奥がきりで突き刺すような痛みがあり、20~40歳代の男性に多くみられ1000人に1人の割合といわれています。

発作自体は2~3時間と短時間で、目の充血や涙を流す、鼻水、鼻づまりなどの症状を伴い、眼の後ろの血管が拡張し炎症する事で強い痛みを生じます。

群発性頭痛の原因とは?

群発性頭痛の原因ははっきりと明らかになっていないのですが、脳の視床下部との問題が関係しているといわれている。

脳の視床下部が刺激されることによって、頭部の目の奥の辺りにある三叉神経が痛みを感じます。

これは、血管の拡張によって三叉神経を圧迫して痛みが出るということです。

根本的に血管の収縮拡張をコントロールしているのは、自律神経になります。

自律神経がバランスよく機能しないと血管の収縮拡張機能が乱れてしまい、結果的に三叉神経を圧迫して、群発性頭痛につながるのです。

では、自律神経が乱れる原因はどういうものがあるのでしょうか。

  • 姿勢不良
  • タバコ 
  • アルコール
  • ストレス
  • 気圧の変化
  • 不規則な生活リズム

などがあげられており、これらの要因を回避するようにすすめられています。

また、気圧の急激な変化によって群発性頭痛を引き起こす場合があるため、飛行機や登山をする際は、事前に医師に相談をしましょう。

群発性頭痛の人にNGな食べ物や飲み物

群発性頭痛の方は今からご紹介する食べ物や飲み物はできるだけとらないようにしましょう。

  • アルコール
  • タバコ
  • チラミンを含むもの

アルコール

アルコールを摂取すると頭痛を引き起こす可能性が高くなるので、飲酒を避けることが大切です。群発期が終われば、アルコールの摂取をしても頭痛は起こらなくなります。

タバコ

タバコが群発頭痛の直接的な誘因であるという確かな根拠はないのですが、群発性頭痛のある人に喫煙者が多いことから、群発期は禁煙することを勧められます。

チラミンを含むもの

チラミンには血管を拡張させる作用があるので、チラミンを含むものは避けた方が良いです。

  • チョコレート
  • チーズ
  • ベーコン
  • ソーセージ など

このように群発性頭痛を酷くさせてしまう食べ物や飲み物があり、さまざまな要因になっているものもあります。

日常生活で気をつけながら生活を送ることで少しの痛みでも引き起こしにくくなる場合があるので、普段の日常生活を意識しながら規則正しいリズムで過ごしていきましょう!

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加