あなたの腰痛の原因は何なのか?

「腰が痛くて日常生活がつらい」

「腰の痛みがなかなかとれない」

「マッサージをしてその時は楽なんだけど…」

あなたはこのような状態になっていませんか?

この記事では、あなたの腰痛がどの原因に当てはまるのかをご紹介していきます。「腰痛」が治れさえば良いということだけでなく、しっかりと原因を知ることで今後の腰痛予防にもなりますので是非参考にしてみてくださいね。

腰痛

腰痛の原因

腰痛の主な原因は4つあります。

 

①骨格、姿勢の歪み 

②筋膜、筋肉の血行不良 

③ストレス 

④内臓

 

これら4つの原因を順に説明していきます。

①骨格、姿勢の歪みからくる腰痛

腰痛の原因には悪い姿勢の方が多いです。繰り返し治療をうけたとしても、姿勢が悪いとまたすぐに腰が痛くなってきてしまいます。

今、あなたが楽な姿勢をとると、背中が丸まり、左右に体が傾き、その姿勢がいい姿勢とは言えないと思います。

反対に背筋を伸ばしていい姿勢をとってみてください。その状態をキープできますか?しんどくないですか?腰の痛みがさらに強くならないですか?

いい姿勢をとろうと思って無理をしないようにしてください。

なぜなら、今のあなたにとって良い姿勢は無理な姿勢だからです。

良い姿勢は意識して良くしようとするのではなく、無意識に良い姿勢がつくれる体がベストになってきます。

「日常生活の中で、無意識で正しい姿勢がとれて、腰に負担の無い状態」が、重要となってきます。

・姿勢は悪くないですか?(頭が前に出て背中が丸くなり猫背姿勢)

座っている時、脚を組んでいないですか?(脚を組むことにより骨が歪む)

・荷物を片側の肩ばかりにかけていませんか?(左右の体のバランスが悪くなる)

 

あなたはどうでしたか?これらは無意識の時になっていることが非常に多いです。

腰痛にならないためには予防が大事になってきます。これらを日常生活で意識できてくると体への負担が減ってきます。一つずつ改善していきましょうね。

 

 

 

②筋膜、筋肉の血行不良が原因の腰痛

まずはじめに、人間の体は不安定ということを理解してください。

生き物の中でも四つ足歩行の動物は支える点が4つあるのに対して、二足歩行の動物は支える点が2つだということ。支える点が少なければ少ないほどバランスをとるのが難しくなります。

人間は細い首で重たい頭を支えています。頭も個人差はありますが約5㎏あるといわれています。人間の体が建物だった場合、耐震性が無い不安定な建物になります。

それでも人間は立ったり座ったり歩いたり跳ねたりすることができます。

人間は、不安定な体を、立っている時、座っている時、寝ている時も、あまり意識せず支えています。

その状態の時に体の筋肉がバランスをとり、体を支えるために常に働いてくれているのです。

筋肉があるからこそ人間は立つことができ姿勢を安定することができているのです。

しかし、筋肉の負荷により腰痛になる原因があります。

それでは原因をみていきましょう。

まず、筋肉疲労によっておこる腰痛と筋力低下によっておこる腰痛の種類があります。

 

筋肉疲労による腰痛の原因

長時間のスポーツによる筋肉の負荷

座り仕事や立ち仕事で同じ姿勢をとり続けることによる筋肉疲労。

筋力低下による腰痛の原因

運動不足によって筋力が低下すると、筋肉のバランスが悪くなり腰痛の原因になります。

また、体が硬くなると体を動かす動作で筋肉への負担が大きくなるため腰痛の原因になります。

 

 

筋膜による腰痛の原因

筋膜を簡単にイメージすると鳥のササミの表面にある白い膜です。

筋膜には5種類あり浅筋膜筋外膜、深筋膜、筋周膜、筋内膜にわかれています。特に重要なのが「筋外膜(きんがいまく)」「深筋膜(しんきんまく)」の2つです

筋外膜とは筋肉を包んでくれているため、筋外膜が歪むと、筋繊維が固まってしまいます。

深筋膜とはボディースーツのように体全体がつながっているため、一箇所の筋膜がゆがむと、体全体に影響してしまいます。

筋肉が硬くなることによって神経を圧迫し痛みや痺れの症状もおこってきます。神経圧迫は筋肉によってだけでなく、骨によって神経を圧迫することがあります。

神経の障害による腰痛には、原因によってさまざまなものがあります。よくきかれる代表的な疾患について見ていきましょう。

 

腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばん)

 

背骨の脊椎は「椎体」(ついたい)と呼ばれる骨とその間でクッションの役割をする「椎間板」(ついかんばん)が交互に積み重なっています。椎間板の中にはゼリー状の「髄核」(ずいかく)があり、椎間板ヘルニアでは、何かしらの理由でこの髄核が押し出されて脊柱管(せきちゅうかん)を通っている神経が圧迫されることで痛みや痺れをおこします。 

 

 

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

脊椎は約30個の椎骨が積み重なっています。

その間には脊柱管と呼ばれる背骨の中の空洞があり、その脊柱管が狭くなることで神経が圧迫され、腰や足の痛みや痺れとなって症状がでてきます。

 

 

仙腸関節炎(せんちょうかんせつえん)

仙腸関節は、骨盤を構成する仙骨と腸骨の間にある関節をいい、中腰での作業や急な動作などをくり返すことによって、ゆがみやねじれが生じ、痛みにつながります。片側の腰に痛みを感じ、お尻や足の付け根や下肢が痛むこともあります。長い時間椅子に座ることができないことと、痛みのでている側を下にして寝ることができないのが特徴になります。

 

 

③ストレスが原因の腰痛

とても辛い腰痛で悩んでいるのに、病院などで検査をしてもどこにも異常がないと言われる場合があります。この場合は、ストレスが原因で腰痛が起こっている可能性があります

ストレスがたまった状態で発散できずにいると、自律神経に異常がおこります。自律神経が乱れてしまうと、血液の循環が悪くなり、筋肉が硬くなっていきます。

こうしたことの原因が、慢性的な腰痛を起こしています。

現代では、ストレスや鬱、不安なことからの心の問題から腰痛が起こることも多くなりました。このような原因で腰痛になることを、心因性腰痛症と呼びます。

心因性腰痛症は、ストレスによって自律神経が影響を受け、交感神経(主に集中している状態)と副交感神経(主にリラックス状態)のバランスがくずれることで血行が悪くなり、筋肉が硬くなることで起こるとされています。

その自律神経のバランスを整えるには、ストレス発散するために適度な運動をして体を動かしましょう。生活リズムが狂っている方はリズムを整え、ストレスが発散できる趣味などを持つといいでしょう。

また、原因がはっきりしている椎間板ヘルニアでも、痛みが強く出る人と痛みのない人がいます。痛みの有無もこうした痛みには、ストレスなど心の問題が深く関係している場合が多いです。
 さらに、痛みをコントロールするドーパミンシステムです。これは、痛いはずの状況にあっても、その痛みを抑えるドーパミンという脳内にある物質が分泌されて、感じるはずの痛みを軽減させながら体を守る、生まれ持って脳にある機能です。
 しかし、日常的にストレスを受けていると、脳内にある物質のバランスが崩れて、このシステムが働かなくなります。

その状態になると、ドーパミンの分泌が減ると痛みが抑えられなくなり、ますます痛く感じます。その痛みがストレスの原因となってドーパミンの分泌がさらに少なくなり痛みが慢性化するという悪循環になります。

ストレスは趣味などで解消して、ため込まないことが重要。

・しっかり睡眠をとること。

・好きな音楽や、テレビ、美味しい食事をして五感を楽しむこと。

・嫌なことはため込まず愚痴を吐きましょう。


 ストレスが続いてくると腰痛がさらにひどくなって、仕事を休むことが増えて、職場での人間関係まで悪くなる人も中にはいます。こういう人こそ、腰痛は心からの警告サインだと思って、まずは心のケアをしましょう。
 

④内臓が原因の腰痛

胃腸が弱くなると、その周辺の筋肉も弱くなり、それが原因で硬くなるため、血流の悪化により腰痛になるといわれています。

胃や肝臓、脾臓の炎症性の疾患、尿路結石、腹部大動脈瘤、子宮内膜症など、内臓の様々な疾患によって、腰痛が起こることがあります。全く動いていなくても腰が痛かったり、血尿や腹痛の症状がある場合は、内臓疾患から腰痛になることがあります。

まず内臓が疲労などにより弱ってしまうことによって内臓が固くなってしまいます。

 

腰の筋肉が圧迫されることにより血流が悪くなり、

それが原因で腰痛を発症してしまうという事になるのです。

 

暴飲暴食やストレスなどが原因でなる胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、自分自身の消化液によって胃や十二指腸が自己消化を起こして損傷します。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の症状としては胃痛や胸焼け、吐血などがおこります。

これがさらにわるくなってくると炎症が広がり、腰痛につながります。

 

内臓の過労や疲労は、病院で検査して病気として反応がある場合もあれば、検査では異常がないという場合もあります。

 

病気の状態でなくても内臓が疲れているなと感じることはあなたも経験したことはあるのではないでしょうか?

食べすぎや飲みすぎの後に胃がもたれている感じを体験されたことはありますよね。

分かりやすく言うとそんなイメージです。

そのような内臓の疲れからくる腰痛は非常に」多いです。

 

ではその内臓に疲れがたまらないようにするためにはどうすればいいのか。

 

暴飲暴食はNG。

冷えた食べ物や飲み物をひかえる。

ストレスをためない

睡眠をよくとる

 

この4つのポイントが大切になってきます。

特にアルコールや脂質、糖質の摂り過ぎには注意です。

まとめ

人それぞれ生活の中に腰痛につながる原因が潜んでいます。腰が痛いからといって腰だけが原因ではないことに気付いて頂けましたら幸いです。

日常の中でこの4つの原因を意識して生活を送ってください。

あなたが変わることによって体も変わってきます。

当院では骨格、姿勢、筋肉はもちろん自律神経や内臓の整体を行っています。

もし、お体での悩みご相談あればお気軽にお問い合わせください。

\この記事は私が書きました/

上嶋 健五(うえじま けんご)

上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加