逆流性食道炎の原因とは!?

「胸やけをすることが多い」

「胃酸が上がってくる感じがある」

あなたはこのように感じたことはありませんか?

もしかすると、、、あなたは逆流性食道炎かもしれません。

逆流性食道炎になると日常生活を送るのに支障が出てきます。

今回は、逆流性食道炎の原因についてご紹介していきますが、逆流性食道炎の原因をご紹介する前に逆流性食道炎とは一体何なのか?を説明していきます。是非参考にしてみてください。

逆流性食道炎とは一体何なの?

逆流性食道炎は、胃酸が胃から食道に何らかの原因で逆流してしまうことで、食道の粘膜に炎症や潰瘍が起こる状態です。

食道の役割は食べたものを胃に送るための管になります。
食道と胃の間は下部食道括約筋という筋肉によって、食道へ流れ込まないようになっているので通常は閉じられているのですが、食べ物を飲み込むときには開いて、食べ物を胃に送ります。
胃では、胃酸とも呼ばれている酸性度の強い塩酸と消化酵素が含まれている胃液が分泌されています。
胃液の役割は食べ物の中に含まれているタンパク質を分解して、小腸で吸収しやすい固さの状態にします。

胃には酸から粘膜を守る機能があるのですが、食道には粘膜を守る機能がありません。何らかの原因によって胃酸が逆流して食道まで上がっていくと、胃酸によって食道の粘膜が炎症を起こして食道を傷つけます。
このように、胃酸が逆流し繰り返されると、食道の粘膜がただれ、胸やけなどの症状が起こってきます。

逆流性食道炎の原因の多くは生活習慣から引き起こされているので注意しましょう。

逆流性食道炎の原因とは?

逆流性食道炎の原因は生活習慣からきています。逆流性食道炎の原因はどんなところからきているのでしょうか?

逆流性食道炎の多くは、食道括約筋の機能低下によって引き起こされています。

食道括約筋が機能低下を起こしてしまう原因は下記のようになります。

  • 食べ方による原因
  • ストレス
  • 姿勢
  • 妊娠中
  • 加齢による原因

食べ方による原因

食べ物の食べ方によって、胃酸を過剰分泌される場合があります。

例えば、大食いの人のように沢山食べすぎてしまうことで、胃に多くの食べ物が入ってくると、胃の活動が激しくなり胃酸を分泌しようとします。食べ物が少ない時と比べて、胃酸が多く分泌されてしまいます。

あまり食物を噛まずに、飲み込んでしまうことも胃の過活動がおこり、食道括約筋が正しく働かなくなくなります。

アルコールを飲むことで、より胃を刺激してしまうので逆流性食道炎になる原因になります。食べ物の食べ方や飲みすぎには気をつけましょう。

ストレス

ストレスによって、逆流性食道炎の原因になります。ストレスが体に与える影響は大きく、逆流性食道炎もそのひとつです。

ストレスによって胃酸が過剰に分泌され、ストレスを受けると食道は過敏状態になるため、少量の胃酸が逆流すると炎症を起こしやすくなります。

姿勢

姿勢の悪さが逆流性食道炎の原因になります。姿勢によって胃の内圧、腹圧が上がり胃を圧迫するので、消化不良や胃酸が逆流する原因となります。

日常生活での、姿勢が悪いと胃を圧迫してしまうことがあります。

例えば猫背の姿勢の人は、背骨が曲がり前傾姿勢になることによって胃が圧迫されます。このように胃が圧迫されると胃の内圧が上がり、胃酸の逆流を引き起こしてしまう状態になります。

原因は悪い姿勢だけではなく、肥満の状態も胃を圧迫する原因になるので、注意しましょう。

妊娠中

妊娠中は逆流性食道炎を引き起こす場合があります。

妊娠すると、お腹が大きくなっていきます。お腹が大きくなっていくと、胃がお腹の赤ちゃんによって下から押し上げられてしまい逆流性食道炎を引き起こすケースがあります。

妊娠中は、妊娠症状でもあるつわりによって嘔吐する場合があります。嘔吐によって胃酸が胃から食道に上がるため注意が必要です。

先程までご紹介した原因は若年層にみられるものです。早く発症する方は20代で逆流性食道炎を引き起こすことがあるので、十分注意しましょう。

次は加齢の原因についてになります。

加齢による原因

加齢によって逆流性食道炎を引き起こす原因になります。歳を重ねていくと、体の筋力が低下します。

食道にある下部食道括約筋は筋肉なので胃の入り口の閉まりが弱くなります。そのため、逆流したものを胃に戻す力が弱くなるので逆流性食道炎の原因になります。

加齢に伴って胸やけなどの違和感を感じたら、一度病院で検査を受ける事をおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか?

今回は逆流性食道炎の原因についてご紹介しました。

逆流性食道炎の原因には日常生活と深く関係しています。逆流性食道炎になることによって、好きなものを食べたくても食べられなくなったり、深い睡眠ができなくなったり、体の疲れがとれずだるさを感じるので、日常生活に大きな支障が出てきます。

逆流性食道炎にならないようにきちんと原因を把握して予防していきましょう。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加