逆流性食道炎がストレスで悪化する!?

「ストレスを感じると吐き気がする」

「気分が悪くイライラしてしまう…」

あなたはこのように思われたことはありませんか?

逆流性食道炎はストレスを感じると症状が悪化する傾向があります。なぜ、ストレスを感じることで逆流性食道炎が悪化してしまうのか?そのことについて説明していきます。

まずはじめに、逆流性食道炎がどんな病気なのかを知っておきましょう。

是非参考にしてみてください。

逆流性食道炎とはどんな病気?

逆流性食道炎はストレスによって症状が悪化していく病気です。

逆流性食道炎は、胃酸が食道に逆流してしまい、食道の粘膜に炎症や潰瘍が起こる病気です。
食道は下部食道括約筋という筋肉によって、食道へ流れ込まないようになっているので本来は閉じられているのですが、食べ物を飲み込むときには開いて、食べ物を胃に送ります。
胃では、胃酸とも呼ばれている酸性度の強い塩酸と消化酵素が含まれている胃液が分泌されています。

胃には酸から粘膜を守る防御機能があるのですが、食道には粘膜を守る防御機能がありません。そのため、胃酸が逆流して食道まで上がっていくと、胃酸によって食道の粘膜が炎症を起こして食道を傷つけ、これの逆流が繰り返されると、胸やけなどの症状が起こってきます。

逆流性食道炎の原因の多くは生活習慣から引き起こされているので注意しましょう。

ストレスが悪化を招く?

仕事や家庭内などで肉体や精神のストレスが続きイライラしてくると、ストレスによって体の不調を引き起こし、血液の循環を悪くさせてしまいます。

ストレスを過剰に感じると、胃酸の分泌が促進されるので、逆流性食道炎の症状はさらに悪化していきます。

また、ストレスによって下部食道括約筋の機能も低下してしまうと、逆流性食道の悪化につながってきます。

胃酸の分泌が促進されると、空腹時にも胃の粘膜を傷つけてしまい、逆流性食道炎と同時に胃痛や胸やけの症状を引き起こします。

ストレスの発散方法を間違ってしまうと逆流性食道炎の悪化につながりますので注意してください。それは、暴飲暴食です。食べ過ぎは胃の負担が増えるのでやめましょう。

また、あまり食物を噛まずに飲み込んでしまうことも胃の過活動がおこり、食道括約筋が正しく働かなくなるので注意しましょう。

過剰なストレスが不調の原因に

日常生活を送っていると小さなストレスがあったり、大きなストレスを感じることがあると思います。

そのなかでも過剰なストレスは体の不調を招く原因になります。
ストレスによって体に引き起こす不調は、頭痛や肩こり、腰痛、胃・十二指腸潰瘍などさまざまな症状を引き起こします。

また、体の症状以外にも不安やイライラなどがあり、症状が悪化していくと、うつ病などの心の病になる場合があります。
これらは、生活習慣の乱れによってを引き起こし症状の悪化につながるといわれています。
そのストレスに対しての解消法をお伝えしていきますね。

ストレスの解消方法

日常生活でストレスを感じることは自然なことです。しかし、そのストレスを解消することが非常に大切です。
ストレスの解消する方法は、人それぞれでストレス解消法は、興味を持って行えるかどうかです。

ストレス解消方法についていくつかご紹介していきますが、全ての人に合った方法とは限りません。そのため、あなたに合ったストレス解消方法を是非みつけて行ってみてくださいね。

睡眠

日常生活でのストレスや不眠などで悩んでいる人は多く、睡眠は神経の回復に1番効果的とされています。

就寝前の注意点としては就寝前にスマートフォンを長時間見ることです。画面を見る状態が続いたり、モニター画面から発せられる強い光を長い時間見続けることで眼精疲労になり、ストレスを感じ血液の流れが悪くなり自律神経も乱れやすくなります。

適度な運動

ランニングやウォーキングなどをするとストレス発散にもなり自律神経も整いやすくなります

さらには基礎代謝が上がることによって、身体の熱を産生し血行が促進されます。血行が促進されると身体に溜まった老廃物も排出しやすくなります。

お風呂

首には太い血管が通っているため、温めることで全身の血流が促進されるので、冷え症も解消されやすくなります。自律神経の機能を高めるためには、体だけでなく首を温めることも非常に効果的です。

また、首を温めることは副交感神経の活性化にもつながるため、心身もリラックス状態になりやすくなります。

熱いお湯は逆にストレスを感じてしまい、交感神経を高めてしまうので注意しましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

ストレスを感じることが逆流性食道炎の症状を悪化させてしまうことにつながってきます。

また、逆流性食道炎の症状以外も身体に様々な不調を引き起こしてくるので、ストレスはため込まないようにしてストレス発散をしていきましょう。

あなたに合ったストレス解消方法をみつけて是非参考行ってみてください。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加