あなたの咳や痰は逆流性食道炎による症状かも!?

「最近、咳や痰がでる…」

「逆流性食道炎と似ている症状は?」

今回は逆流性食道炎で咳や痰の症状でお悩みの方に向けて書いています。咳や痰の症状があると、周囲の目が気になる方がおられると思います。

逆流性食道炎の症状といっしょに咳や痰に対する注意点についてもお伝えしていきますので、是非参考にしてみてくださいね。

逆流性食道炎って何?

逆流性食道炎によっての症状を感じる方がおられます。

咳や痰を引き起こす逆流性食炎とは、胃酸が食道に向かって逆流してしまい、食道の粘膜が炎症する病気のことをいいます
下部食道括約筋という食道にある筋肉の働きによって、食べたものが胃から食道へ流れ込まないようになっているのですが、食べ物を飲み込むときには開いて胃に送ります。
胃には、胃酸とも呼ばれている塩酸と消化酵素が含まれている胃液が分泌されています。

胃には胃酸から胃の壁を防御する機能があるのですが、食道には食道の壁を防御する機能がありません。そのため胃酸が逆流して食道まで上がると、胃酸によって食道の粘膜が炎症を起こして食道を傷つけます。

逆流性食道炎の症状は?

逆流性食道炎の主な症状についてみていきましょう。

  • 咳・痰
  • 胸やけ・痛み
  • 吐き気胃もたれ
  • 喉、口内の違和感

逆流性食道炎にはこのような症状があります。

逆流性食道炎の代表的な症状は胸やけになりますが、咳や痰の症状を感じる方もおられます。胸やけは胸の中心部や胸骨の裏側に感じられ、熱くて焼けるような感じを訴えるものですが、個人差によって症状の重さは異なってきます。

逆流性食道炎の症状としては胸やけ以外に喘息発作歯の痛みがあります。これらの症状も胃酸の逆流が原因で引き起こされています。

胃酸の逆流で起こる咳について説明していきます。

胃酸の逆流で起こる咳

逆流性食道炎は、胃酸が食道に向かって逆流することで、胸やけなどの症状を引き起こす。

寝ている時にこのような症状が起こってしまうと胃酸が食道に逆流してし、逆流したものが気管支に入ってしまうことで、咳を引き起こしてしまう

寝ている時の姿勢が咳と関係があります。寝ている時に頭の位置が胃よりも低くなることで、胃酸が食道へ逆流しやすくなるので注意しましょう

 気をつけること

逆流性食道炎によって咳、痰の症状が起こる場合があります。しかし、咳と痰の症状は必ずしも逆流性食道炎の症状だと限りません。

咳にも様々な病気があります。

  • 咳喘息
  • アトピー咳

上記のような病気の咳はコホコホとした乾いた咳が特徴です。

  • 副鼻腔気管支症候群
  • 気管支炎

上記のような病気の咳はゴホゴホとした湿った咳が特徴です。

これらのように、咳には様々な病気とも関係しています。「ただの咳だから大丈夫」と思わずに病院できちんと検査をしてみてくださいね。

咳・痰の症状がある時

咳や痰の症状がある時は、たくさん食べ過ぎないようにしましょう。食べ過ぎによってお腹にガスがたまってしまうと、横隔膜を刺激してしまい咳の症状を引き起こすことになります。

また、痰がよくでるような時は水分とタンパク質が失われてしまうので、体の水分量が減ってしまうと、痰が出にくい状態になるので水分補給はしましょう。

生活の見直し

食生活の改善

食生活での改善では、タンパク質・脂肪をとり過ぎないように注意しましょう。

ご飯を食べてすぐ横になることはやめて、食べた後2時間程度経ってから寝るようにしましょう。

胃酸を増加させる高脂肪食、かぼちゃ、さつまいも、チョコレート、アルコール、コーヒー、辛い刺激物、酸味の強いものなどは逆流性食道炎の症状を重くするので食べ過ぎないようにしましょうね。

生活習慣の改善

生活習慣を改善することで逆流性食道炎の予防につながってきます。普段の日常生活の中に改善ポイントがあるかもしれません。以下の☑のものには特に注意してみましょう。

  • 食べる時間は規則正しく決める
  • 食べた後はすぐ横にならない
  • 暴飲暴食をしない
  • ベルトでおなかを強く締めない
  • よく噛んで食べる

これらは逆流性食道炎の症状を重くするので十分注意しましょう。注意することで、ことで逆流性食道炎の予防が期待できます。

姿勢について

姿勢では、腹圧を意識することが非常に重要になってきます。

腹圧を意識して生活を送り、猫背などの姿勢は腹圧を上昇させるので、胸式呼吸をして姿勢を正しましょう。

普段の何気ない姿勢の悪さが逆流性食道炎につながる場合があるので十分注意していきましょう。

喫煙をしない

食道は胃とちがって、胃酸から守ってくれる働きがないので、食道に胃酸が逆流してしまうと食道の粘膜が炎症を起こしやすくなります。

タバコのニコチンには胃の収縮力を弱らせて、胃酸の分泌を高める働きがあるので、逆流性食道炎とタバコは関係が深いとされています。

しかし、実際のところは逆流性食道炎とタバコの関係性について完全に証明されていないのです。

統計的に、タバコを吸わない人と、タバコ吸う人の割合では、タバコを吸う人の方が逆流性食道炎の悪化傾向になっています

 

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加