仕事のストレスと逆流性食道炎の関係性

「仕事に行く前に胸やけがする」

「朝起きると気分が悪くなる…」

あなたはこのように辛い思いをされていませんか?

逆流性食道炎を引き起こす要因はさまざまですが、その中でも仕事のストレスによって逆流性食道炎の症状が悪化していく場合があります。

仕事のストレスによって逆流性食道炎が慢性化になってしまう方も非常に多いです。今回は逆流性食道炎と仕事のストレスとの関係性について説明していきます。

逆流性食道炎で仕事のストレスで悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

逆流性食道炎とは?

 逆流性食道炎とは、胃から食道に胃酸が逆流してしまい食道の粘膜が炎症することをいいます。

食道に胃酸が逆流して胸焼けなどを引き起こす病気です。胃酸とは、胃液に含まれる強い酸性の消化液のことをいいます。その胃酸には消化酵素が含まれていて、胃に入ってきた食べ物を溶かしたり、殺菌する力もあります。胃袋の中の壁はこの胃酸に耐えられるような構造となっているため、炎症を起こすことはありません。

しかし、食道は胃とは違って、強い酸性の胃液に対して粘膜を守ることができないので、胃酸が逆流して食道まで到達すると、胃酸によって食道の粘膜が炎症を起こします。

逆流性食道炎と仕事のストレスの関係性

仕事などでストレスを感じると、逆流性食道炎の原因になります。ストレスが体に与える影響は大きく、逆流性食道炎もそのひとつです。

ストレスによって胃酸が過剰に分泌され、ストレスを受けると食道は過敏状態になるため、少量の胃酸が逆流すると炎症を起こしやすくなります。

胃酸が過剰の状態になるので、空腹時にも胃の粘膜が傷つくことが進行し、胸やけや違和感の症状も引き起こしやすくなります。

ストレスによって食道にある下部食道括約筋の機能も低下してしまうので、症状がさらに悪化する場合が非常に多いです。

ストレスによって自律神経が乱れてしまい、体の不調が感じやすくなります。

その自律神経の整え方についてご紹介していきます。

自律神経を整える

逆流性食道炎で吐き気の原因になる、胃の機能低下による消化不良や、下部食道括約筋の機能低下などは、自律神経が関係します。

自律神経

人間の身体には自律神経という神経があり、交感神経(興奮、緊張状態)と副交感神経(抑制、リラックス状態)とが入れ替わりシーソーのようにバランスをとりあっています心理的にストレスがかかる状況になると身体にも力が入り緊張状態になります。

これは、自律神経が乱れ交感神経という緊張する神経が副交感神経に比べて優位になっていることになります。

自律神経は、血管をはじめ、ホルモンの調整、あらゆる内臓器官を自分の意思とは無関係に調整してくれる神経です。呼吸器官や消化器官、体温調節機能といった、私たちの体の生命維持機能をコントロールする役割を担っています。

ストレスをため込まない

身体的・精神的ストレスによって自律神経のバランスが崩れます。

生活のリズムを整え、気持ちを明るく持つように心がけることが大切です。ストレスは趣味などで解消して、ため込まないことが重要。

十分な睡眠をとることや好きな音楽や、趣味、美味しい食事をして五感を楽しむこと。

日常で嫌なことはため込まず愚痴を吐きストレスを発散しましょう

朝起きたら日光を浴びる

朝起きたら、カーテンを開けて日光を浴びる習慣をつけていきましょう。

目から光の刺激を入れることで、体内では「セロトニン」という物質が活性化されます。このセロトニンには、自律神経を整える働きがあり、日光を浴びることで体内時計がリセットされ、自律神経が整いやすくなります。

お風呂

自律神経の機能を高めるためには、体だけでなく首を温めることも非常に効果的です。首には太い血管が通っているため、温めることで全身の血流が促進されるので、冷え症も解消されやすくなります。

入浴の際、39°前後の湯で10分の入浴がオススメです適度に汗もかくのでお風呂に入る前と後でコップ一杯の水を飲むようにしましょう

熱いお湯は逆に交感神経を高めてしまうので注意しましょう。

質の良い睡眠

日常生活でのストレスや不眠などで悩んでいる人は多く、睡眠は神経の回復に1番効果的とされています。

また、午後10時から午前2時はゴールデンタイムと呼ばれ、身体が回復するのにすごく効果的な時間帯です。健康に最適な睡眠時間は7時間だといわれています。睡眠時間にも個人差はありますが、短くても、長くてもいけません。

適度な運動・ストレッチ

ランニングやウォーキングなどをするとストレス発散にもなり自律神経も整いやすくなります

適度な運動で筋力をつけることで筋肉疲労が解消し、血行がよくなります。

さらには基礎代謝が上がることによって、身体の熱を産生し血行が促進されます。血行が促進されると身体に溜まった老廃物も排出しやすくなります。

まとめ

自律神経を整える方法は日常生活にたくさんあります。

自律神経のバランスを整えるにあたって日常生活を一度見直すことで、ストレス解消方法がみつかることが多いです。

なかなかすぐに変化をつけるのは難しいと思いますが、上記した中に何か1つでも変えていけるように心がけてみましょう。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加