食べ物による逆流性食道炎の治療とは?

FCFG100141621_TP_V

最近食後に胸やけを感じたり、ゲップが多く出たり、喉に酸味を感じるなどの症状はないですか?もしかするとその症状「逆流性食道炎」の可能性があります。

近年食べ物の欧米化により、食べ物による逆流性食道炎で悩まれている方が多くなってきています。

今回は食べ物による逆流性食道炎の治療とは?何なのかお伝えしていきます。

まず初めに逆流性食道炎とはいったい何なのか知らない方も多いと思いますのでお伝えしていきますね。

 

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは食道と名の付く通り、食べ物が通る道が炎症することにより起こります。症状としては胃の中にある胃液が逆流してしまい、食べ物の道の食道に入り炎症を起こします。

 

本来は胃の入り口には筋肉で出来ている食道括約筋があるため胃に逆流しないように閉じていますが、なんらかの原因で胃に負担がかかってしまったりすることで食道括約筋が弱ってしまうと正常に閉じていたものが緩み胃の中の食べ物と一緒に胃液が食道に逆流しやすくなってしまいます。

 

逆流してしまうと胃液に含まれる胃酸が食道に入り、食道の粘膜を傷つけ炎症を起こしたり、嘔吐などしてしまいます。これが逆流性食道炎と言います。

 

では実際逆流性食道炎になるとどういった自覚症状が出てくるのか次にお伝えします。

逆流性食道炎の自覚症状

主に胃もたれや胸やけ、むかつき、お腹の張り感、喉の違和感やヒリヒリ感、喉のつかえ、げっぷなどの症状がでてきます。この中でも特に、空腹時や夜間の胸やけで悩まされることが多く、胸やけがひどいせいで、夜中に目が覚めてしまったり、胸の痛みを感じたりすることもあります。

その他にも喉がヒリヒリして違和感を感じ、咳きが止まらなくなったり、声がガラガラにかれるなど、食道内だけでなく喉にも症状が出ることもあります。

ただし、無症候性逆流性食道炎と言って食道内に炎症が起こっても自覚症状がない方もいることもあり、検査などで初めて気づく方もいます。

こういった症状も日々の偏った食べ物によって逆流性食道炎が引き起こされることが多いため、どういった食べ物で逆流性食道炎になってしまうのか次にお伝えしますね。

食べ物による逆流性食道炎

冒頭でもお伝えしていましたが近年の欧米化による食べ物が関係してきています。

特に外食やコンビニを多用し、脂肪の多い食べ物を多く食べるようになり、胃の消化に負担がかかるようになってきたためです。

また脂肪の多い食べ物は十二指腸に入ると、コレシストキニンと言うホルモンが促され、普段閉まっている食道と胃の境界線の食道括約筋の部分が緩んで胃酸が逆流しやすくなります。

また味が濃く刺激物が多い食べ物や飲み物をとるようになり、胃酸の分泌量が多くなることも、逆流性食道炎の原因になっています。

では、食べ物による逆流性食道炎の治療はどのようにしていくことが大事なのか8つに分けてお伝えします。

 

食べ物による逆流性食道炎の治療

1.ドカ食いのように大量に食べ物を食べて胃に負担をかけないようにしましょう。

2.早食いも空気と一緒に飲み込むためゲップがでやすくなるのでさけましょう。

3.なるべくよく噛んで消化しやすいようにようにして胃に負担をかけないようにしましょう。

4.胃に刺激が強い刺激物や酸っぱいものや香辛料、アルコールやカフェインなどは胸やけになりやすいためさけましょう。

5.喫煙は消化に大事な唾液の分泌量が減るのでひかえましょう。

6.脂肪分の多い食べ物は胃もたれの原因になるためさけましょう。

7.食後はすぐに寝てしまうと逆流しやすいため食後は間隔をあけてから寝るようにしましょう。

8.肥満体型も腹圧がかかるためダイエットや食事の量に気をくばりましょう

まとめ

食べ物による逆流性食道炎の治療について書いてきましたが、やはり日々の生活習慣や食生活の見直しが重要になってきます。

運動不足に偏った食事には十分に気をつけるようにしていきましょうね。

このブログを読んで少しでも参考になれば幸いです。

\この記事は私が書きました/

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加