めまいや吐き気による逆流性食道炎とは?

AMI88_konosyuoisisugi1264_TP_V

最近、吐き気やめまいがする。食後に胸焼けがあり、ゲップが出たり、喉に酸味を感じて苦いものがこみ上げてくる感じがする。もしかしてその症状逆流性食道炎の可能性があります。

今回は吐き気やめまいによる逆流性食道炎について書いていきますね。では、まず初めにそもそも逆流性食道炎とはいったいなんなのか知らない方も多いと思いますので書いていきますね。

逆流性食道炎とは?

胃酸が胃から食道に逆流して炎症することを逆流性食道炎と言います。本来胃液は、強酸性で塩酸です。その強い酸には消化酵素が含まれており、胃に入ってきた食べ物を溶かしたり、殺菌作用もあるため菌などを殺菌する力があります。

食べ物を溶かす程それだけ胃酸は強力なので逆流すると食道の粘膜は傷つき炎症してしまい逆流性食道炎になってしまいます。

ではどういったことでめまいや吐き気による逆流性食道炎になるのか次にお伝えしていきます。

めまいや吐き気による逆流性食道炎はなぜなるのか?

あらゆる要因はあるのですが、食生活に偏りがある方に多いです。例えば脂肪や脂分が多い食事をとる方はその分胃に負担がかかるため胃液の分泌量も多くなります。

次にタンパク質の多い食事の方も逆流性食道炎になりやすいです。タンパク質を分解するのには時間がかかり胃にとどまる時間が長いため胃に負担がかかりやすいためです。

日頃の姿勢によりお腹に圧がかかる前かがみの姿勢も胃に負担がかかり逆流しやすいです。たとえば長時間のデスクワークなどで背骨が丸くなると圧が高まり胃に負担がかかります。

加齢による内臓機能低下や食道裂孔のゆるみによって消化が遅くなり胃に負担がかかります。

普段から薬をよく飲む方などで薬の種類によっては食道にある括約筋を弱化させる作用があるものがあり胃酸が逆流し胃に負担がかかります。

妊婦さんなど常に腹圧がかかり胃が押し出され胃酸が逆流しやすい状態の方や肥満体型になり腹圧がかかり胃が押し出され胃酸が逆流し逆流性食道炎になる方もいます。

では次にめまいや吐き気による逆流性食道炎になった場合どう改善していかなければならないのかお伝えしていきますね。

 

めまいや吐き気による逆流性食道炎の改善

基本的には薬物治療が一般的ですが、初期症状の方に向けて書きますね。

まずは、食生活の見直しが大事です。なるべく油物を控えていくことや、腹圧が上がることで逆流するため、食べ過ぎや飲み過ぎにも注意をしましょう。

 

また少し枕を高くして上半身を挙上気味に寝ると逆流しにくいのでためしてみてください。

あとは油を使う場合はオリーブオイルがおすすめです。食道の括約筋がゆるみにくく便秘解消にもなります。あとはタンパク質も避けてほしいのですが、体にとっては必要な栄養素なので固形だと消化に時間がかかるため、分解しやすいプロテインドリンクなどはオススメです。

まとめ

めまいや吐き気による逆流性食道炎について書いてきましたが、不規則な生活で誰がなってもおかしくない症状です。

日頃から気をつけて生活習慣を見直し適度に運動して肥満防止をして予防しておきましょう。

\この記事は私が書きました/

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加