逆流性食道炎の治療は?

「逆流性食道炎の治療はどんなのがあるの?」

「逆流性食道炎を何とかしたい!!」

あなたはこのように思われたことはありませんか?

逆流性食道炎でお悩みの方は多く、逆流性食道炎になると日常生活を送るのに支障が出ることが多いです。

今回は、逆流性食道炎の治療についてご紹介していきますが、逆流性食道炎の治療をご紹介する前に逆流性食道炎とは一体何なのか?について

説明していきます。

逆流性食道炎とは一体何なの?

逆流性食道炎の治療法は ①生活習慣の改善②薬物治療③外科的治療の3つの種類があります。

まず、逆流性食道炎について説明していきます。

胃酸が胃から食道に何らかの原因で逆流してしまうことで、食道の粘膜に炎症や潰瘍が起こる状態を逆流性食道炎といいます。
食道と胃の間は下部食道括約筋という筋肉によって、食道へ流れ込まないようになっているので通常は閉じられているのですが、食べ物を飲み込むときには開いて、食べ物を胃に送ります。
胃では、胃酸とも呼ばれている酸性度の強い塩酸と消化酵素が含まれている胃液が分泌されています。
胃液の役割は食べ物の中に含まれているタンパク質を分解して、小腸で吸収しやすい固さの状態にします。

胃には酸から粘膜を守る機能があるのですが、食道には粘膜を守る機能がありません。何らかの原因によって胃酸が逆流して食道まで上がっていくと、胃酸によって食道の粘膜が炎症を起こして食道を傷つけます。
このように、胃酸が逆流し繰り返されると、食道の粘膜がただれ、胸やけなどの症状が起こってきます。

逆流性食道炎の症状は?

逆流性食道炎の主な症状についてみていきましょう。

  • 咳・痰
  • 胸やけ・痛み
  • 吐き気胃もたれ
  • 喉、口内の違和感

逆流性食道炎にはこのような症状があります。

逆流性食道炎の代表的な症状は胸やけになりますが、咳や痰の症状を感じる方もおられます。胸やけは胸の中心部や胸骨の裏側に感じられ、熱くて焼けるような感じを訴えるものですが、個人差によって症状の重さは異なってきます。

逆流性食道炎の症状としては胸やけ以外に喘息発作歯の痛みがあります。これらの症状も胃酸の逆流が原因で引き起こされています。

逆流性食道炎の治療

逆流性食道炎の治療法は ①生活習慣の改善②薬物治療③外科的治療の3つあります。

生活習慣の改善と薬の治療によって逆流性食道炎の症状はよくなりますが、重度の場合は手術が必要になる方もいます。

生活習慣の改善と薬物治療と外科的治療の3つをご紹介していきます。

①生活習慣の改善

逆流性食道炎の治療で重要なのは、食生活や姿勢などの生活習慣を改善することです。

食生活での改善では、タンパク質や脂肪分をとり過ぎないように注意しましょう。
胃酸を増加させるアルコール、高脂肪食、高タンパク食、コーヒー、食べ物やケーキなどの甘い物、辛い刺激物、酸味の強いものなどは症状を重くするので食べ過ぎに注意しましょう。

猫背の姿勢腹部を圧迫することによって胃が圧迫され、腹圧が上がり胃に負担がかかります。これによって、胃酸の逆流を引き起こしてしまう状態になり逆流性食道炎の原因になります。

腹圧を意識して生活を送り、猫背などの姿勢は腹圧を上昇させるので、胸式呼吸をして姿勢に注意しましょう。

②薬物療法

生活習慣の改善と薬の服用によって逆流性食道炎の症状をとる方法が一般的になります。生活習慣の改善だけではなかなか難しいので、薬あわせて治療を行うことで期待が大きくなります。

薬を飲むことで逆流性食道炎の症状が軽減してきますが、症状が軽減し、なくなったとしても、胃から食道への逆流を治すことはできないので、逆流性食道炎が治った後に薬をやめると再び発症する場合があります。

・プロトンポンプ阻害薬(PPI)

逆流性食道炎による治療では、プロトンポンプ阻害薬(PPI)が主に使われ、プロトンポンプ阻害薬には胃酸の分泌を抑える効果があります。

胃の壁となる細胞には、胃酸を分泌するプロトンポンプという部分があり、プロトンポンプ阻害薬は、そのプロトンポンプの働きを防ぎ、胃酸の分泌を抑える効果があります。

プロトンポンプ阻害薬は症状がある時以外にも、逆流性食道炎の再発防止のために薬を飲み続けることもあります。

副作用は少ないが、発疹や肝障害などの症状が起こる場合があります。

その他に制酸薬が使われることがあります。

制酸薬は食道に逆流してきた胃酸を中和することで、食道粘膜の症状を和らげる働きがあります。 この薬は副作用が少ないが、便秘や下痢の症状を起こす場合があります。

 

外科的治療

逆流性食道炎の外科的治療は、胃から食道への逆流を防止する手術です。手術は食道や胃を切ったりはせず、形をかえる‘形成手術’になります。

ニッセン法:食道を胃で全周性に巻き付ける方法

トゥーペ法:食道の後ろを中心に約2/3周巻き付ける方法

手術方法は逆流性食道炎の段階によって方法がかわる場合があります。

手術方法は医師と相談されることをオススメします。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加