気持ちいい施術ではなく、本気で肩こりを改善したい方へ

 

IMARIP0I9A7464_TP_V

2カ月位前から、原因は分からないが右肩にだけに痛みが出てきた。元々、肩こりはあったが両肩に重だるさを感じる程度でそこまで、しんどいとは思っていなかった。

仕事はデスクワークをパートでやっている。家事も夫と2人暮らしなので、そこまで大変でないと思っているので、原因が分からない。骨がズレてるのが原因?利き手が右なのが原因?カバンを右側で持つのが原因?

手軽なマッサージ屋さんに行っても、その時は気持ちいいけど原因に対してではなく、対処療法的でやっぱり次の日には元通りになるし、湿布なんかも効果はないみたい。

痛いのはもちろん治したいけど、原因も気になる。原因を知って根本的なところから治して肩こりのない体になりたい。

肩のしくみってどうなってるんだろう?痛みはどこから来てる?

まず、肩に限らず筋肉は何層かに分かれています。上の図での右側が深層部、左側が浅層部となります。

肩が自在に動かせるのは、筋肉がそれぞれに役割を持って動いてくれることと、関節が自在に動かせるように着いているからなんですね。肩こりのある方なら、この筋肉の中でどこが原因になっているのかなー?と思って見てしまいますよね。

肩を使い過ぎが原因で、炎症を起こしているということであれば安静にしていたら、2-3日で治まることがほとんどです。

痛みが出始めて1カ月以上続くのであれば、使い過ぎ以外の原因で炎症を起こしていると考えたほうがいいですね。原因を見つけて、そこに合わせた施術をしていくことで原因を知り、根本的に改善していくことが出来ます。

原因はどこにあるんだろう?

内臓の疲労

原因が内臓の疲労の場合、身体に様々な症状を出してきます。自分がしんどい事をサインとして送っているんですね。食べ過ぎやストレスなどで、胃腸が疲れるとお肌が荒れたり、口の端が切れたりしたことはありませんか?同じ繋がりが、身体の中には沢山あるんですね。

今回のような身体のどちらかにだけ、痛みが出ているといった原因の場合は痛みのある側の臓器の疲労が考えられます。例えば、左肩の痛みであれば膵臓の疲労が原因の可能性がありますし、右側であれば肝臓に原因がある場合もあるということです。

また、内臓は筋肉とも関連しています。原因が全く関係のないように思える場所が繋がっていることもあります。

骨の歪みかもしれない

最近は「骨盤矯正」、「ストレートネック」など良く耳にしますよね。骨の歪みが身体の不調の原因になる事は、少しずつ知られてきているかと思います。

骨盤や首の骨が歪むことで、脊柱(背骨)も歪んでしまいます。

歪む事で、その中を通っている血液の流れや循環も悪くなります。結果として酸素や栄養が行き渡らず、筋肉の疲れも取れなくなってしまいます。

自律神経のバランスが乱れている

自律神経は自分の意思に関係なく、身体の機能をコントロールしている神経です。

自律神経には活動を活発にする神経である「交感神経」とリラックスさせる神経である「副交感神経」の2つがあり、両者がシーソーのようにバランスをとりながら働いています。

それが「交換神経」に傾いてしまうと、身体が緊張した状態となり、血管が細くなってしまい、筋肉が固まって肩こりが起こるようになります。

可能性は色々あります。

伝わりやすい原因をいくつか挙げてみましたが、他にも可能性は沢山考えられます。身体の状態も皆さん同じではないですし、痛みの感じ方も変わってきます。

痛みのあることでの原因がお悩みの場合も、もちろん変わってきます。根本的に治したい!ということであれば、カウンセリングをしっかりとしてくれる専門機関に行かれることをおススメします。

まとめ

原因が自律神経や、血液の循環の場合、自分で整えることは難しいですが、疲れた内臓を休ませてあげることは出来ると思います。

内臓が疲労する食習慣が原因

乳製品からくる原因、小麦食品からくる原因、加工食品や添加物などからくる原因:日本人には合わなかったり、和食ではなく欧米風の食事にかたよることによる原因で内臓が疲労します。

内像が疲労する生活習慣が原因

睡眠不足からくる原因、運動不足からくる原因、ストレスからくる原因、喫煙やお酒の飲みすぎによる原因

思い当たる所はないでしょうか?もし、思い当たるようでしたら少しずつでも止めていくことで、内臓の疲労による原因が軽くなります。

肩こりを根本的に治す第一歩として、出来ることから少しずつ初めていきましょう。

 

\この記事は私が書きました/

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

症状について詳しくはこちら

肩こり

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加