肩こりからくるめまいや首こりとは?

90ae6c682cd3ca8536c5900f699ecd05_s

「あ~肩がこる~」昔から慢性的に肩こりに悩まされていたのですが、最近首のこりや、ひどいときにはめまいまででるようになった。

最近こういった悩みを持つ方が当院にも多く来院されています。

ですので今回は、肩こりからくるめまいや首こりについて書いていきます。

まず最初に肩こりとめまいの関係性についてお話ししていきますね。

 

 

 

肩こりとめまいの関係性

まず最初に肩こりになるメカニズムは人それぞれで様々な原因で肩こりになるのですが、一般的には、肩回りや胸回りの血行不良だと言われてます。なのでしっかり筋肉を動かしたり温めたりすることで血行がよくなり楽になることが多いです。

次にめまいの原因も様々で自律神経など精神的な部分からくることもあれば、血圧などの血液循環や耳や脳なんかも原因の一つとして考えられます。

よって、お互い血液の流れをつかさどるため、肩がこるとめまいがでてしまうんですね。

次に肩こりと首こりの関係性について書いていきますね。

 

 

 

肩こりと首こりの関係性

肩こりと首コリの関係性としては頭の位置が大事になってきます。

よく頭の重さはボーリングの玉ほどあると言われますが、実際に本当に重く、個人差はありますが、約体重の10%と言われています。なので体重が60キロある方だと、6キロの重さがあります。常に首はその重みを支えています。

また角度によって負荷が変わり、下を向いたり、頭の位置を前にだしただけでその6キロの重りを支える首への負担は数十キロになります。

スマホ首といって現代病になっているストレートネックも下を向いた姿勢をとりつづけて携帯をさわることから、その形状を身体が覚え首のアーチがなくなり真っすぐになっていきます。

 

放っておくとどうなるのか?

肩こりからくるめまい、首こりを放っておくと肩への痛みが強くなるだけでなく、眼精疲労、頭痛や吐き気、神経圧迫による手のしびれがでたり、肌荒れ、抜け毛などにつながります。

また、ほかの病気のサインの可能性もあり、脳梗塞、心筋梗塞などを見過ごしてしまう場合もあるため、対策をとっているにも関わらず解消されない場合は自己判断せず病院などに相談するようにしましょうね。

 

まとめ

ひとえに肩こりと言えども様々な原因があり、生活習慣の中から生み出されることが多いため日ごろから自分自身の身体と向き合うことがとても大事です。

栄養、運動、睡眠などに気をつけ、毎日の身体への思いやりのつみかさねで肩こりからくるめまいや首こりを予防できると思います。

 

\この記事は私が書きました/

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

院長 西脇 真由樹(にしわき まゆき)

症状について詳しくはこちら

肩こり

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加